電子書籍 春朧 文芸

著: 高橋治 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

春朧(上) あらすじ・内容

岐阜県・長良川河畔で老舗の旅館を営む日野家の嫁、沙衣子は、主婦業に専念していたが、夫が急死したため、素人同然の身で若女将となった。悩みの種は姑の松乃。伝統や格式にこだわり、客よりも旅館側の都合を優先する松乃の考え方は、沙衣子とは相反するものだった。やがて沙衣子は、理想のもてなしができる旅館を新たにつくろうと決意するが、その道のりは遠く険しかった……。

この作品を共有

「春朧」最新巻

自分の無力さを痛感した沙衣子は、かつて恋心を抱いた建築家・宗野徹也への想いを蘇らせていた。その想いが通じたかのように、沙衣子は十数年間、行方知れずだった宗野との再会を果たす。共に歩む運命を予感した二人は、出会いから長い時を経てようやく結ばれた。宗野は沙衣子のひたむきな心に動かされ、素晴らしい旅館を築きあげる。しかし沙衣子は、ある決意を固めていた……。

「春朧」作品一覧

(2冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

岐阜県・長良川河畔で老舗の旅館を営む日野家の嫁、沙衣子は、主婦業に専念していたが、夫が急死したため、素人同然の身で若女将となった。悩みの種は姑の松乃。伝統や格式にこだわり、客よりも旅館側の都合を優先する松乃の考え方は、沙衣子とは相反するものだった。やがて沙衣子は、理想のもてなしができる旅館を新たにつくろうと決意するが、その道のりは遠く険しかった……。

自分の無力さを痛感した沙衣子は、かつて恋心を抱いた建築家・宗野徹也への想いを蘇らせていた。その想いが通じたかのように、沙衣子は十数年間、行方知れずだった宗野との再会を果たす。共に歩む運命を予感した二人は、出会いから長い時を経てようやく結ばれた。宗野は沙衣子のひたむきな心に動かされ、素晴らしい旅館を築きあげる。しかし沙衣子は、ある決意を固めていた……。

「春朧」の作品情報

レーベル
新潮文庫
出版社
新潮社
ジャンル
文芸
ページ数
297ページ (春朧(上))
配信開始日
2017年2月1日 (春朧(上))
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad