電子書籍 赤穂浪士(新潮社) 文芸

著: 大佛次郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

赤穂浪士(上) あらすじ・内容

画期的な解釈と設定で、忠臣蔵小説の最高峰と讃えられ続ける名作。上巻では、元禄太平の時勢に勃発した浅野内匠頭の刃傷事件から、仇討ちに怯える上杉・吉良側の困惑、茶屋遊びにふける内蔵助の境地が、人情の機微に踏み込む文体で、時代相のひろやかな展望のもとに描き上げられる。虚無的な浪人堀田隼人、怪盗蜘蛛の陣十郎、謎の女お仙らの暗躍がからみ、物語は佳境へと突き進む。

この作品を共有

「赤穂浪士(新潮社)」最新巻

二度目の夏が過ぎた。主君の復讐に燃える赤穂浪士は、高齢者は体の衰弱に耐え、若き急進派は苛立ち、大石への疑義が止まない。上杉・吉良側も周到な権謀術数を巡らし、小競り合いが頻発する。しかし、大願に向け、遂に内蔵助が動きはじめた。呉服屋に、医者に姿を変え、江戸の町に潜んでいた浪士たちが、次々と結集する。しかし、――目指す上野介は果して屋敷に潜んでいるのか?

「赤穂浪士(新潮社)」作品一覧

(2冊)

各980円 (+税)

まとめてカート

画期的な解釈と設定で、忠臣蔵小説の最高峰と讃えられ続ける名作。上巻では、元禄太平の時勢に勃発した浅野内匠頭の刃傷事件から、仇討ちに怯える上杉・吉良側の困惑、茶屋遊びにふける内蔵助の境地が、人情の機微に踏み込む文体で、時代相のひろやかな展望のもとに描き上げられる。虚無的な浪人堀田隼人、怪盗蜘蛛の陣十郎、謎の女お仙らの暗躍がからみ、物語は佳境へと突き進む。

二度目の夏が過ぎた。主君の復讐に燃える赤穂浪士は、高齢者は体の衰弱に耐え、若き急進派は苛立ち、大石への疑義が止まない。上杉・吉良側も周到な権謀術数を巡らし、小競り合いが頻発する。しかし、大願に向け、遂に内蔵助が動きはじめた。呉服屋に、医者に姿を変え、江戸の町に潜んでいた浪士たちが、次々と結集する。しかし、――目指す上野介は果して屋敷に潜んでいるのか?

「赤穂浪士(新潮社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
新潮社
ジャンル
文芸 時代小説 歴史
ページ数
588ページ (赤穂浪士(上))
配信開始日
2017年2月1日 (赤穂浪士(上))
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad