電子書籍 ルイ・ボナパルトのブリュメール18日[初版] 実用

著: カール・マルクス  訳者: 植村邦彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

35ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ルイ・ボナパルトのブリュメール18日[初版] あらすじ・内容

男子の普通選挙が実現した共和制下のフランスで、ルイ・ナポレオンのクーデタが成功し、しかも、この独裁権力が国民投票で圧倒的な支持を得たのはなぜか?この問いをめぐるマルクスの自由で饒舌な語り口は、つねにレヴィ=ストロースやE・サイードのような思想家たちのインスピレーションの源泉でもあった。

この作品を共有

「ルイ・ボナパルトのブリュメール18日[初版]」最新巻

男子の普通選挙が実現した共和制下のフランスで、ルイ・ナポレオンのクーデタが成功し、しかも、この独裁権力が国民投票で圧倒的な支持を得たのはなぜか?この問いをめぐるマルクスの自由で饒舌な語り口は、つねにレヴィ=ストロースやE・サイードのような思想家たちのインスピレーションの源泉でもあった。

「ルイ・ボナパルトのブリュメール18日[初版]」の作品情報

レーベル
平凡社ライブラリー
出版社
平凡社
ジャンル
実用
ページ数
261ページ (ルイ・ボナパルトのブリュメール18日[初版])
配信開始日
2014年3月26日 (ルイ・ボナパルトのブリュメール18日[初版])
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad