セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

絞り込み

『電子で読もう! ビーム・フェア 夏』の検索結果

1~8件目/全73件

後へ

NEW!

銃座のウルナ(ビームコミックス)

著者
伊図透

シリーズ4冊  690円~740円(+税) シリーズ

雑誌連載開始から、話題沸騰! 鬼才渾身のSF巨篇、堂々の開幕!

彼女の名はウルナ・トロップ・ヨンク。遠い村から、辺境の地に赴任したスナイパー。彼女は、初めての戦場で、なにを知るのか…。第49回ちばてつや賞大賞受賞、第5回漫画アクション新人賞入賞を経て、『ミツバチのキス』『エイス』など、漫画シーンから熱い注目を浴びる意欲作を発表し続ける鬼才・伊図透が、そのすべての才能を込めて解き放つ、マージナルなイマジネーションに溢れたSF巨篇。新しい物語の始まりを“目撃”ぜよ!

続きを読む

著者
倉薗紀彦

シリーズ3冊  680円~720円(+税) シリーズ

すべての心躍る物語の原点、ヴェルヌの名作を本格コミカライズ!

さあ、行こう、地球の中心へ! 東京ディズニーシーのアトラクション「センター・オブ・ジ・アース」の原作としても名高い、ジュール・ヴェルヌの歴史的名作冒険ロマンを、真っ向から本格コミカライズ!

著者
うすね正俊

シリーズ4冊  720円~740円(+税) シリーズ

アニメ『砂ぼうず』のSFホラーアクション

アニメ化され大きな話題となった『砂ぼうず』のうすね正俊が放つ、スーパーバイオレンスSFホラーアクション! 凶悪なエイリアンと人類のグロテスクで壮絶な戦いを、圧倒的な描写力で描く、うすね正俊の代表作!

著者
桜玉吉

シリーズ2冊  476円~486円(+税) シリーズ

素敵なオッサンたちの日記漫画シリーズ第1弾!!

なんだかわからないが、地球の危機を救うために結成された地球防衛隊のほんのちょっとした活躍を描く!! とてつもなく辛気くさくて、アホらしい中年たちの、愛と慟哭のメロメロお笑い漫画!!  ※作品の表現や演出を考慮して、電子版は一部のページを加工、追加または削除しております※

続きを読む

著者
田辺 剛

シリーズ6冊  640円~720円(+税) シリーズ

クトゥルフ神話、その精髄を完全漫画化!

世界の文学史上に特異な光を放つH・P・ラヴクラフトの代表作にして、クトゥルフ神話最大の謎に、かつて「アウトサイダー」を精緻に描き高い評価を受けた気鋭の漫画家が挑む。これぞ、ラヴクラフト・コミカライズの決定版にして、最先端。収録作品「魔犬」「名もなき都」「神殿」。※作品の表現や演出を考慮して、電子版は一部のページを改変しております。※

続きを読む

著者
うすね正俊

シリーズ19冊  619円~720円(+税) シリーズ

TVアニメ化! 関東大砂漠の「便利屋」砂ぼうずが大暴れする近未来ガン・バトル!

関東大砂漠の「便利屋」砂ぼうずが大暴れする近未来ガン・バトル! 文明が滅び砂漠化した関東平野、「砂漠の妖怪」と呼ばれる悪名高き「便利屋」、砂ぼうずは、金と名誉と巨乳のためなら、どんな卑怯であくどい手段もいとわない! 過酷なサバイバルを強いられる関東大砂漠を舞台に、美女賞金稼ぎや武器商人など、悪いやつらが入り乱れ、ダマしダマされ殺し合う! アニメ化され大きな話題を呼んだ、近未来SFガン・アクション巨篇!

続きを読む

COMBAT DOLL うすね正俊 Extra Works

著者
うすね正俊

1000円(+税)  (税込 1080円) 

ミリタリー漫画の名手・うすね正俊が描くロボットアクションシリーズ初のコミックス化!!

うすね正俊が長きにわたって描き続けたシリーズ『COMBAT DOLL』全4作!! デビュー直後に描いたアクション短編『HUNTER』、『サムソン』、『バイバイ ブローバック』も収録!! うすねファン必携の作品集登場!!

続きを読む

漫喫漫玉日記 四コマ便 オトク!!

著者
桜玉吉

340円(+税)  (税込 367円)  (10/23 23:59までの価格です)

おまたせしました!! 玉吉復活!! 深夜便に引き続き連続刊行!!

長きに渡るスランプから復帰した桜玉吉!! 彼の新作が深夜便に引き続き刊行される!! 週刊文春でも連載が始まった桜玉吉! ファミ通じゃもう何年もやってるぞ! いろいろ大変な時期もあったけれど、まだまだ頑張る桜玉吉! 4コマだって負けないぞ! 空白の期間の様子を赤裸々に語ったインタビューつき!!

続きを読む

後へ

1~8件目/全73件

コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら

ページ先頭へ

本文の終わりです