セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

  • URLをシェアする
はじめてのお客さまへ

絞り込み

カテゴリ

ジャンル

レーベル

著者

もっと見る

シリーズ

もっと見る

出版社

価格(税抜)

配信時期

その他

除外

『KADOKAWA“大”TRPG祭(ライトノベル、ゲーム)』の電子書籍一覧

1~8件目/全264件

後へ

ダブルクロス The 3rd Edition ルールブック 2

著者
矢野俊策
著者
F.E.A.R.
カバーイラスト
しのとうこ

924(税込)  

さらに楽しく、激しく! ダブルクロス3rd Editionが300%面

キャラクターがパワーアップする追加エフェクト。遊びの幅が広がる詳細なワールド解説と、ダブルクロス3rdをさらに楽しむためのルール・データ満載のルールブック第2弾!

ダブルクロス The 3rd Edition リプレイ・デザイア1 星影の魔都

著者
加納 正顕
著者
F.E.A.R.
イラスト
片桐いくみ

748(税込)  

これぞ悪の美学! ファルツハーツが主役のリプレイ初登場!

FHセル『神曲』のメンバーである女子校生の深雪と朱香。彼女たちに下された新たなる指令とは──。京の都に眠る願いを叶えるという未知の物質『至高天(エンピレオ)』を巡りUGNとFHの精鋭たちが激突!

ダブルクロス The 3rd Edition ルールブック 1

著者
矢野俊策
著者
F.E.A.R.
カバーイラスト
しのとうこ

924(税込)  

現代を舞台にしたアクションRPGの最高傑作、さらにパワーアップして登場

人気TRPG『ダブルクロス』が文庫になった! ルール、ワールドを整理。判定などを含む基本ルールや選びやすい特殊能力を掲載。さらに新ルールも搭載! より面白くなった『ダブルクロス』を楽しめる一冊!

ダブルクロス The 3rd Edition データ&ルールブック レネゲイドウォー

著者
矢野俊策/F.E.A.R.
カバーイラスト
しのとうこ

3,850(税込)  

レネゲイドが知れ渡った世界――キミはその力を何のために振るうのか!?

オーヴァードという超常の存在が知れ渡っている世界――社会は彼らと危うい共存関係を築き上げた。ある者は欲望に従い力を振るい、またある者は大事な何かを守るために力を振るう。新たな世界線での超人たちの戦い!

トーキョー・ナイトメア 1 基本ルールブック

著者
鈴吹太郎/F.E.A.R.
イラスト
神奈月昇

1,760(税込)  

己のスタイルを貫け! さらに洗練されたアーバンアクションTRPGが登場

現在より少し近未来。世界で最も危険な都市「トーキョー」を舞台に、数多の“キャスト”の信念と想いが交錯する。タロットとトランプが織りなすアクトに身を投じ、新たなアーバンアクションを体感せよ!

ダブルクロス The 3rd Edition データ集 ヒューマンリレーション

著者
矢野俊策
著者
F.E.A.R.
カバーイラスト
しのとうこ

3,850(税込)  

新たな絆が世界にさらなる変革をもたらす新機軸データ集!

霧谷雄吾やコードウェル博士、都築京香ら世界に大きな影響を与える15名の知られざる一面や、彼らに連なるDロイスを収録し、さらに追加エフェクトなどのデータやシナリオも網羅。絆がもたらす新たな力を体感せよ!

ダブルクロス The 3rd Edition ステージ集 ディスカラードレルム

著者
矢野俊策/F.E.A.R.
カバーイラスト
しのとうこ

3,520(税込)  

ダブルクロスThe 3rd Editionの世界が無限に広がる!

もし全員オーヴァードの学園があったら? レネゲイドの存在が公になっている街があったら? これまでとはまったく違う世界観でダブルクロスが楽しめる「ステージ」集登場!

ダブルクロス The 3rd Edition データ集 レネゲイズアージ

著者
矢野俊策
著者
F.E.A.R.
カバーイラスト
しのとうこ

3,850(税込)  

理性と狂気――紙一重の激しい衝動をキミの力に変えろ!!

オーヴァードたちの心に巣食う激しい""衝動""。それに人としての理性が崩壊するギリギリまで身を委ねることで得られる禁断の力を公開! 過去のリプレイ内容を解説したクロニクルも収録した必携の一冊だ!!

後へ

1~8件目/全264件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです