セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

文芸電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

文芸関連タグ

文芸の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

文芸一覧へ

刀語 第十二話 炎刀・銃

「あんたがいなきゃ、おれなんて――すぐに死んでたよ。すぐに折れて曲がって――錆びて、終わってたよ」
七花ととがめの変体刀蒐集の旅は、否定姫の腹心・左右田右衛門左衛門の所有する最後の1本・炎刀『銃』を前に、最期にして最悪の試練を迎えていた。西尾維新と竹が描く、時代活劇絵巻。とある歴史の物語――これにて終幕! 刀語、第12話の対戦相手は、否定姫腹心にして元忍者、左右田右衛門左衛門!

続きを読む

折りたたむ

青春は、本物になるための戦いだ。

偽物語(上)

阿良々木暦の青春は、常に怪異と共にある!? 夏休みに入った阿良々木暦は突然、戦場ヶ原ひたぎによって監禁されてしまい……?暦の二人の妹・ファイヤーシスターズも登場の<物語>シリーズ、第5巻!

続きを読む

折りたたむ

偽物語(上)

西尾維新/VOFAN講談社

小説 91Days 下

“アニメイズム”枠放送・完全オリジナルTVアニメの公式ノベライズ、完結。

7年前に家族を殺された復讐を果たすべく、仇であるヴァネッティファミリーに潜入したアヴィリオ。
ファミリーのドンであるヴィンセントに辿り着くために、その嫡男で復讐相手の一人ネロに接近していく。
親友であり右腕のヴァンノ、弟フラテ、ネロを慕う部下…。彼の近くにいた者たちは命を散らし、
アヴィリオはネロの側近としての地位を築いていった。
だが、着実に復讐を果たしていくなか、決断を下す時が訪れる。
アヴィリオが選び取るのは、友情か、復讐か。

敵も味方も、そして友も。一通の手紙がもたらした運命は、男たちを哀しみの連鎖に引きずりこんでいく…。

――この91日間は、あまりに熱く、切なく、そして儚い。

表紙は公式の新規描き下ろしイラスト。アヴィリオのシカゴでの出来事を描いた、
小説版だけのオリジナルストーリー「もうひとつの道」も収録。

続きを読む

折りたたむ

小説 91Days 下

StoryWorks/ヴァネッティファミリー主婦と生活社

君の影、探してまよう帰り道。

傾物語

“変わらないものなどないというのなら――運命にも変わってもらうとしよう”
迷子の小学生・八九寺真宵(はちくじまよい)。阿良々木暦が彼女のために犯す、取り返しのつかない過ちとは――!? <物語>史上最強の2人組が“運命”という名の戦場に挑む!
<物語>シリーズ第9巻!

続きを読む

折りたたむ

傾物語

西尾維新/VOFAN講談社

小説 91Days 上

“アニメイズム”枠放送の完全オリジナルTVアニメの公式ノベライズが上下巻で刊行!

時は禁酒法下のアメリカ。舞台は密造酒の闇取引で賑わう街ローレス。
マフィアは日々抗争を繰り広げ、警察もその力を失い汚職にまみれ、街から秩序は失われてしまった。
その街に、7年の時を経て降り立つ青年の姿が。
男の名はアヴィリオ。かつて、この地でマフィアの抗争により家族を皆殺しにされた。
絶望の日々を送るなかで届いた差出人不明の一通の手紙が、彼の心に復讐の黒い炎を灯し、ローレスに舞い戻らせたのだ。
アヴィリオは、仇であるヴァネッティファミリーに潜入し、復讐を果たすためにドン・ヴァネッティの息子ネロに接近するが、やがて……。

――これは、哀しき運命に囚われた男たちの、91日間の復讐劇。

表紙は公式の新規描き下ろしイラスト! そして小説版だけのオリジナルストーリー、
バルベロとネロの出会いなどが描かれた外伝『バルベロの憂鬱』を収録。

主婦と生活社刊

続きを読む

折りたたむ

小説 91Days 上

StoryWorks/ヴァネッティファミリー主婦と生活社

悪役令嬢後宮物語 3

エルグランド王国史上初となる『後宮園遊会』の采配を任されて、なんとか成功に導いた『紅薔薇様』こと“悪役顔”の伯爵令嬢ディアナ。
しかし園遊会からわずか三日後。エルグランド国王ジュークのもとに届けられた一通の報告書をきっかけに、後宮どころか国さえ揺るがすほどの一大スキャンダルが露見! ディアナも否応なく渦中に巻き込まれることに……!? 「自分の家族にこんなこと言うのもなんだけど、立てる作戦が鬼よね。……あらゆる意味で」おなじみクレスター家も大活躍! 書き下ろし大増量で見逃せない“悪役顔”令嬢ディアナの勘違い系ラブ!?コメディ、待望の第三巻!

続きを読む

折りたたむ

悪役令嬢後宮物語 3

涼風/鈴ノ助アリアンローズ

ページ先頭へ

本文の終わりです