セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

ガールズ電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

ガールズ関連タグ

ガールズの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

ガールズ一覧へ

【特典付き】シャルパンティエの雑貨屋さん 2

☆アリアンローズ2周年記念ショートストーリー付限定版。やっとの思いで開店した「地竜の瞳商会」。シャルパンティエ領にある雑貨屋さんの店主ジネットは、今日も元気に働いています。シャルパンティエ領はまだまだ開拓の途中。ジネットは雑貨屋さんの切り盛りをしながら、領主ユリウスを支えていく。そこへ思わぬ来訪者、妹・アレットが登場。姉に感化されたというアレットは薬草師として即戦力! パン屋のディータ・イーダ兄妹や元ギルドマスターも領民に加わり、シャルパンティエ領はにわかに活気づく。そんな中、虹色熱という魔法病の緊急事態発生! 厳冬期で領外から薬を取り寄せることはできない。しかしジネットはあきらめない。彼女は雑貨屋さんならではの奇策で打開を目指す!いよいよ本格始動する雑貨屋さんストーリー、第2幕ここに開店!

続きを読む

折りたたむ

逃げるは恥だが役に立つ(3)

『このマンガがすごい! 2013』オンナ編(宝島社)で堂々の第8位! 話題の契約結婚ストーリーの第3巻です。津崎さんと風見さんとの「みくりちゃんシェア」という衝撃の発言で終わった第2巻。契約婚夫婦のふたり+風見さんの関係はどうなったのか!? そして、百合ちゃんは!?

続きを読む

折りたたむ

誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~ 6

旦那様と隣国の王女様に縁談話――!?互いの利害の一致により超名門貴族フィサリス公爵家へ嫁いだ元貧乏貴族令嬢のヴィオラ。ここ最近は旦那様との心の距離が近付いてきたと思っていただけに、この噂には大ショック! 「王女様をご正妻様に……って言われたら、さすがの僕も傷つくなあって」「そんなこと、もう言いませんよ! 」その夜、お互いに腹を割って話をすることで心の絆を深めた二人。でも問題の王女様はまだ旦那様のことを諦めていなかった! さらにオーランティアの王太子様がヴィオラに一目惚れしてしまって……? 二人の愛が試される!? 大人気! “契約”ウェディング・コメディ第六巻が登場です!

続きを読む

折りたたむ

転生したので次こそは幸せな人生を掴んでみせましょう 2

異世界に転生したら、魔法が使える美少女令嬢に! 誘拐されたり悪漢をやっつけたり、ドキドキのセカンドライフが描かれる人気シリーズ続編。リズベットも10歳になり、弟ルビィも誕生。セシル君という友達もできて、従者ジルにいっぱい甘やかされて、第二の人生は順風満帆……なんですけど、最近、ユーリス殿下から向けられる熱視線が怖い。ちょっと大人になったリズをめぐる恋のさや当て、そして国を揺るがす大事件! 波瀾万丈の侯爵令嬢リズベットの異世界ストーリー! イラストは大人気カスカベアキラ。主婦と生活社刊

続きを読む

折りたたむ

NHK総合にて連続テレビドラマ化!

水族館ガール

大ヒット小説『水族館ガール』がコミックに!! 笑いと涙、そして恋。いろんな感動がギッシリつまったお仕事青春ストーリー! 市役所に勤務していた嶋由香は、とつぜん市が運営する水族館「アクアパーク」への出向を命じられる。そこは、市役所とはまったく違った世界。無愛想な先輩・梶良平やイタズラ好きのイルカがいるハードな職場だったー。慣れない職場ながら持ち前の元気で頑張る由香は、様々な経験をつみながら、少しずつ一人前の飼育員として成長していく。由香と梶の恋の行方。ふたりが生み出そうとする新たなイルカライブ。その他、水族館の裏側や様々な海の生き物たちが登場する、見どころいっぱいで、楽しく、ちょっぴり勉強にもなるお仕事系コミック。

続きを読む

折りたたむ

水族館ガール

木宮条太郎/天樹あおい実業之日本社

転生したので次こそは幸せな人生を掴んでみせましょう

車に轢かれてあっという間に黄泉の世界へ……と思ったらなぜか赤ん坊になって異世界に転生!? 美男美女の両親のもとに生まれ絶大なる愛を受けて育ったリズベットは、前世の知識を活かしながらこちらの世界で「程々の勝ち組」になると決意。だけど、魔術の才能は規格外、王子や貴公子たちになぜか懐かれ、命を狙われ、死にかけて……と全然「程々」じゃない! でも必ずや幸せな人生、掴んでみせます! 「小説家になろう」の人気作が書籍化、PASH! ブックス第1弾! イラスト:カスカベアキラ 主婦と生活社刊

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです