セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

地域情報電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

地域情報関連タグ

地域情報の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

地域情報一覧へ

るるぶ河口湖 山中湖 富士山麓 御殿場’18

日本の象徴「富士山」。富士山の裾野に広がる、河口湖や山中湖など山麓エリアの魅力がたっぷりと詰まった一冊。巻頭の早わかりでは、2016年にオープンした山梨県立富士山世界遺産センターや富士急ハイランドの新アトラクションなど、最新ニュースが豊富に揃い、巻頭特集では、富士山麓のあそび場をテーマパーク、アニマルスポット、アウトドア、グルメ、ショッピングガイドといった5つのテーマごとにたっぷりと紹介しています。また、富士五湖観光のゴールデンルート「河口湖・山中湖コース」をはじめとした人気のモデルプランを4つにわけてご紹介しています。さらに、特別付録では移動途中に立ち寄りたい人気の道の駅やSA・PAの情報に便利なドライブマップも付いて、おでかけが楽しくなる情報満載の便利な一冊です!
※この電子書籍は2017年3月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部内容を変更している場合があります

続きを読む

折りたたむ

るるぶ河口湖 山中湖 富士山麓 御殿場’18

JTBパブリッシングJTBパブリッシング

1990年に週刊誌として創刊し、東京のエンタメカルチャーを牽引してきた「東京ウォーカー」が、“新しい生活サポートマガジン”として12年ぶりに週刊化!東京の旬を切り取った特集、タイムリーなニュース&イベント、エッジの効いた連載陣コラムなど、デジタル時代にふさわしい週刊誌としてスマホ、タブレット、PCから東京カルチャーの最新情報を届けていきます。オススメ映画&上映作品リスト、週間テレビ番組表付き!

週刊 東京ウォーカー+ 2017年No.16 (4月19日発行)

【特集】大好き ディズニー/新緑&桜ドライブ
【ニュースウォーカー】期間限定のコラボカフェ、水族館でふれあい体験、ほか
【連載】中村静香/フォーリンデブはっしー&もえあず(リレー連載)/ボクらの維新通信社2018/にゃんだふるギャラリー/コミックエッセイ
【表紙&グラビア】 山本舞香
【SPグラビア】泉 里香
【オススメ映画&上映作品リスト】美女と野獣/バーニング・オーシャン/3月のライオン 後編、ほか
【地上波デジタル&BSデジタル付き週間番組表】4/22(土)~4/28(金)

※テレビ番組表は関東版のみの掲載です。
※番組表内の参照ページ表記は「週刊 東京ウォーカー+(プラス)」内のコンテンツには対応しておりません。

続きを読む

折りたたむ

GWのおでかけが楽しくなる!ベスト・オブ・道の駅 今こそ行きたい44スポット

FukuokaWalker福岡ウォーカー 2017 5月号

※表紙・P98-101インタビュー:伊野尾慧(写真)は掲載しておりません。

GWの計画はもうたてましたか?最大9連休!海外旅行!と豪勢に満喫する人もいるでしょう。
一方で、どこかに行きたいけど、まとまった休みが取れなかったり、混雑する観光地は避けたい、なるべくお金をかけたくないなんて人も、案外、多いかもしれません。
そこで、オススメしたいのが「道の駅」。聞いたことはあるし、人気があるらしいのは知っているけど、結局、何がスゴくて、どう利用したらいいのか、よくわからない!
というアナタに贈る、最強・最高に楽しめる最新ガイド。ニュース、必食グルメ、イベントから、買うべきモノやお土産まで、これをおさえておけばOKな内容です。

第2特集では、土日はもちろん、祝日だってしっかり営業しているランチのおいしい店を集めました。
絶対ハズせないコスパMAXなタイプから、白米が進む定食屋さん、天神の安ウマランチを楽しめるビル地下グルメまで、覚えておきたい店ばかり。
しかも、主要エリアの人気スポット全71軒も、合わせて紹介しています。

そのほか、生まれ変わったマリンワールドの全貌や、おすすめの新店情報、ジモト愛「大野城」、ゴリパラ見聞録など、新企画&人気連載もがっつり載ってます。

※ページ表記・掲載情報は17年4/7現在のものであり、施設の都合により内容・休み・営業時間が変更になる場合があります。クーポン・応募券は収録しておりません。一部記事・写真・別冊や中綴じなどの特典付録は掲載していない場合があります。
※P94「HKTの福岡48景」、P104-106「半額ラーメン」は掲載しておりません。

続きを読む

折りたたむ

FukuokaWalker福岡ウォーカー 2017 5月号

福岡Walker編集部KADOKAWA / 角川マガジンズ

るるぶシンガポール’18

シンガポール旅行から帰ってきた時、行かなかった!と後悔しないためのシンガポールで絶対にしたい8つのことを巻頭で大特集。グルメやショッピング情報も充実した最新版です!そのほか、今行くべき人気エリアを地図付きで紹介。マーライオンも、マリーナ・ベイ・サンズも、セントーサ島も、攻略方が丸わかり!ローカルエリアも詳細にナビゲート!
●巻頭特集
【シンガポールでしたい8つのこと!】
①マリーナ・ベイ・サンズを徹底攻略!
②ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで近未来体験
③永久定番の観光名所!マーライオンに会いに行く
④360度の大パノラマ!シンガポール・フライヤーで空中遊泳を体験
⑤2大ナイトショーを鑑賞!夜景に酔いしれる
⑥3大動物園でジャングルを探検!
⑦ビジターも大満足!!ラッフルズ・ホテルで優雅な時間
⑧セントーサ島を遊び尽くす!
●グルメ特集
【シンガポールで食べるべき!名物グルメMUST5】
①鶏を味わい尽くす! 海南チキンライス
②スパイシーソースが止まらない! チリクラブ
③ピリ辛クリーミースープがヤミツキに! ラクサ
④中国テイストのご当地麺 ホッケンミー
⑤シンガポール伝統のごちそう プラナカン料理
そのほか、アジアベストレストランに選ばれた店やアフタヌーンティなどもご紹介!
●ショッピング特集
・プラナカン雑貨
・アジアン雑貨
・極上みやげ
・ばらまきみやげ
etc....プラナカン文化やマーライオンモチーフの雑貨は中でもかわいいマストバイな商品をセレクト!
その他、分かりやすいエリアガイド、スパ紹介やビンタン島、ジョホールバルの情報も掲載!
※この電子書籍は2017年2月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部内容を変更している場合があります

続きを読む

折りたたむ

るるぶシンガポール’18

JTBパブリッシングJTBパブリッシング

るるぶ瀬戸内海 しまなみ海道(2016年版)

「瀬戸内国際芸術祭」の開催で、ますます注目を集める瀬戸内海。アートな作品が点在する直島・豊島や、サイクリストの聖地・しまなみ海道など、人気の島々を大特集!島旅ビギナーさんでも回りやすいモデルコースでご案内します! のんびりと流れる独特の島時間に浸れるカフェや宿から、わざわざ行く価値ありのレアな島まで、一度は行きたいスポットを厳選セレクト。広島・岡山ほか、本州・四国沿岸地域の港町もばっちりピックアップ。瀬戸内の島旅に必携の一冊です!
※この電子書籍は2015年4月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部誌面内容を変更している場合があります

続きを読む

折りたたむ

るるぶ瀬戸内海 しまなみ海道(2016年版)

JTBパブリッシングJTBパブリッシング

夜の街をぶらぶらと歩けば、いつもと違った新しい出会いと発見が!夜の美味しい福岡!

FukuokaWalker福岡ウォーカー 2017 4月号

春が刻一刻と近づいてくる3月。就職、入学、転勤など新たな生活をスタートさせるこの時期、福岡ビギナーに向けた最強のグルメ案内をお届けします。
安く酔える酒場が増えている大名・今泉エリアを筆頭に、コバコな繁盛店でにぎわう警固・赤坂。
新旧の店が競いあう渡辺通エリアに、本格バルがしのぎをけずる綱場町・御供所町・店屋町。
さらには新店が続々と誕生している新・食の聖地、住吉&美野島まで、いま、勢いのあるエリアを完全ナビゲートします。

第2特集では、赤、青、黄色に緑と、“色”をキーワードに集めた、佐賀県の観光名所やご当地グルメ、イベント、名所の魅力を紹介しています。
例えば、赤=祐徳稲荷神社や佐賀牛。青=伊万里焼き、七つ釜、温泉。緑=ワサビ、虹の松原といった具合に、カラフル紀行を提案しています。
 
ほかにも、福岡パルコの人気インテリアショップでそろえる、新生活おへや作りや、唐揚げのうまい店、
開幕直前!福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督&新人の田中正義投手の単独インタビュー、
映画「PとJK」主演の亀梨和也と、朝ドラ主演の有村架純の豪華ダブルインタビューなど盛りだくさんの内容です。

※ページ表記・掲載情報は17年3/7現在のものであり、施設の都合により内容・休み・営業時間が変更になる場合があります。クーポン・応募券は収録しておりません。一部記事・写真・別冊や中綴じなどの特典付録は掲載していない場合があります。
※P94-95「亀梨和也インタビュー」(写真)、P104「HKTの福岡48景」、P112-114「半額ラーメン」は掲載しておりません。

続きを読む

折りたたむ

FukuokaWalker福岡ウォーカー 2017 4月号

福岡Walker編集部KADOKAWA / 角川マガジンズ

ページ先頭へ

本文の終わりです