セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ソフトエロ電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

ソフトエロ関連タグ

ソフトエロの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

ソフトエロ一覧へ

204-light of room 204- 3

204号室はうちの隣の角部屋で、ドアのポストにはいつもチラシが溢れていました。藤尾さんは、わーっとお話ししてくれたかと思うと、一言も話さないでただじっとしている事もあって――…でもやっぱり、この部屋に呼び出されてする事は一つでした。そして今日も、おにいちゃんが仕事でいない時間を見計らって私は藤尾さんに呼び出されていました。そしたら、まだ仕事中の筈のおにいちゃんが急に帰って来て…

続きを読む

折りたたむ

204-light of room 204- 3

神寺千寿松文館

サキュバステードライフ 第2巻

「今日も朝から元気ね」そう発した口の中で僕は達した──。櫻待さんとの同居生活も3週間になる。フ●ラで起こしてもらえるなんて贅沢な朝だけど、こんなことを毎日されていたら精力が搾り取られる!!…気配は一向になくて、寧ろ精力がついてきた。学校でも我慢出来なくなっているのは困りものだ。しかも、日常化したセックスのおかげで公共の場での行為にも抵抗が薄れてきて、ついには授業を抜け出して櫻待さんを生ハメ!夜は変わらずベッドで連続射精…って、櫻待さんその格好どうしたの!?それじゃまるで…!!えっちな櫻待さんとの過激な性活第2巻!

続きを読む

折りたたむ

サキュバステードライフ 第2巻

侍侍/笹森トモエサード・ライン

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。(4)

「気持ち良過ぎて腰が勝手に動いちゃう…!」トロトロのアソコに即ハメ!エロ過ぎる彼女とのセックスは止まらないっ!!――ボロアパートに住む俺の、唯一の癒しは若くて可愛い大家さん。だけど毎晩、上の部屋がうるさくて許せん!怒鳴りに行ったら、なんとこれまた可愛い(そしてエロそうな)娘が出てきて、つい許しちゃう俺!その晩、その娘を想ってオナッてたら、天井が軋む音がして…バキッ!!と底抜け、上の階のあの娘が落ちてきた!!しかも準備万端な俺の息子に、その子のアソコがすっぽりハマり…!?

続きを読む

折りたたむ

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。(10)

「気持ち良過ぎて腰が勝手に動いちゃう…!」トロトロのアソコに即ハメ!エロ過ぎる彼女とのセックスは止まらないっ!!――ボロアパートに住む俺の、唯一の癒しは若くて可愛い大家さん。だけど毎晩、上の部屋がうるさくて許せん!怒鳴りに行ったら、なんとこれまた可愛い(そしてエロそうな)娘が出てきて、つい許しちゃう俺!その晩、その娘を想ってオナッてたら、天井が軋む音がして…バキッ!!と底抜け、上の階のあの娘が落ちてきた!!しかも準備万端な俺の息子に、その子のアソコがすっぽりハマり…!?

続きを読む

折りたたむ

女子だけのお泊まり会が何故か俺の部屋で開催!?インチキ怪談で軽い悪戯のつもりが、奥までみっちり挿入っちゃった!!

コックリさんでHな命令!お泊り会で同級生とヤレちゃった5

「んあっ…みんなの前なのにエッチな声我慢できない…っ」――女子だけのお泊まり会が何故か俺の部屋で開催!?俺の存在を完全無視してはしゃぐ同級生たちに、コックリさんに取り憑かれたフリしてエッチな仕返し!!インチキ怪談で軽い悪戯のつもりが……奥までみっちり挿入っちゃった!?エロ命令で気持ちいいトコロを何度も刺激して、クラスの女子たちを次々イかせまくり!!――「恥ずかしいのに私のカラダこんなに気持ちいいなんて……おかしくなっちゃうっっ!」

続きを読む

折りたたむ

転職神殿の神官に転生した俺の言うことは絶対らしい ~秩序が崩壊するレベルのチート能力を持った影の権力者の物語~

クルト・ヴァントは異世界への転生者だ。二度目の人生を始めたが、産まれた家は神官の家系で、彼もまた、その道を進むことを望まれていた。この世界では、すべての“職業”が神によって定められていて、誰もそれに逆らうことはできない。クルトは、そんな神聖な“職業”を司る神官として、転職神殿に勤めることになり、罪人の転職を担当することになった。その職務のなかで、自分だけの秘密であった他人のステータスを覗く能力が、じつは職業の変更さえ可能な、チート能力であることに気付く。ずっと黒幕的な存在に憧れていたクルトは、その力を使って、大神官フレデリアの欲求不満を利用した、下克上を開始した。この世界を裏から操る権力者となるために、クルトは美女たちの転職を利用していくが!?

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです