セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

日本文学電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

日本文学のランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

作家の並外れた精神力に脱帽!

砂上【電子書籍特典付き】

いつか作家になりたい40歳バツイチ主人公の人生再生物語。

物語を書いては辛辣な言葉で否定され、
どこがどう悪いという細かな指摘やフォローもない。

自分 の書いた物語を読まれ、否定されることは人格までも否定されているようで、
例えようのない羞恥心に心がかき乱されます。

神経をすり減らし、心身ともにボロボロになりながらも書き続ける。
まさに書くことに“憑りつかれている”としか表現できない狂気がある。

作家が書く作家の話なので書くことの苦しみが生々しく伝わるだけでなく
もしかして自身の体験談が反映されているのかな…と勘ぐってしまいます。

書き手の心理だけでなく、ここまで辛辣な編集者を描くのもまた辛かっただろうなぁ…。
それとも、いつもとは逆の立場で書き手に対しボロカスに言うのはストレス解消だったりして。

素晴らしい本に出合う度に作家ってすごいなぁ、とぼんやり思っていましたが、
本作を読んだ後はすべての作家を崇拝しあがめたい気持ちになります。

続きを読む

折りたたむ

bySS典子  (BOOK☆WALKER スタッフ)

砂上【電子書籍特典付き】

桜木紫乃KADOKAWA / 角川書店

講談社タイガ編集長おすすめコメント

その可能性はすでに考えた

第51回メフィスト賞を受賞しデビューした井上真偽さん。数理論理学をミステリに取り入れた『恋と禁忌の述語論理』、奇蹟の実在を証明しようとする名探偵の多重解決「その可能性はすでに考えた」シリーズ二作、そして、事件が起こる前に犯人を指摘してしまう『探偵が早すぎる』(上・下)。常に話題作を送り出し続けた井上さんは、今、ミステリ界で最も注目されている著者と言っても過言ではありません。自信を持って言えます。井上真偽作品にはずれなし!

続きを読む

折りたたむ

by講談社タイガ編集長  (講談社)

日本文学関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです