セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

本日限定!ALL実用書コイン50倍キャンペーン

日本文学電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

日本文学関連タグ

日本文学の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

日本文学一覧へ

河野裕の原点であり最高の青春ミステリー、第2弾!

魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット2

思い出に浸って生きる男・佐々野は写真の中に入る能力を持っていたが、赤い目の少女に力を封じられてしまう。ケイは彼が持つ写真に、かつて自身の失敗で死なせてしまった少女が写り込んでいるのを発見するが……。
※本書は、二〇一〇年三月に角川スニーカー文庫より刊行された『サクラダリセット2 WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL』を修正し、改題したものが底本です。

続きを読む

折りたたむ

古書と絆の物語は、掛り合い、果てなく続く。

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~

ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく――。奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。青年店員と美しき女店主は、彼女の祖父によって張り巡らされていた巧妙な罠へと嵌っていくのだった……。人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕引きのときがおとずれる。

続きを読む

折りたたむ

「大人」になるため、挑まなければいけない謎がある。〈古典部〉メンバー4人の過去と未来が明らかになる、待望のシリーズ第6弾! 電子書籍だけの直筆コメント&サイン特典付き!

いまさら翼といわれても【電子特典付き】

『満願』『王とサーカス』の著者による、不動のベスト青春ミステリ、〈古典部〉シリーズ第6弾!

神山市が主催する合唱祭の本番前、ソロパートを任されている千反田えるが行方不明になってしまった。
夏休み前のえるの様子、伊原摩耶花と福部里志の調査と証言、課題曲、ある人物がついた嘘――
折木奉太郎が導き出し、ひとりで向かったえるの居場所は。そして、彼女の真意とは?(表題作)

時間は進むとわかっているはずなのに。
奉太郎、える、里志、摩耶花――〈古典部〉4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇。

電子書籍限定、直筆コメント&サイン特典付き!

続きを読む

折りたたむ

能力をなくした相麻菫と春埼美空。すべてが決着する感動の最終巻!

少年と少女と正しさを巡る物語 サクラダリセット7

改変された咲良田で、ケイは「街に能力が存在する本物の記憶」と「能力が消滅した偽物の記憶」という二つの記憶に直面していた。ケイは今、自らの過去に決着をつける。過去を償い未来を祈る物語、感動のフィナーレ。
※本書は、二〇一二年四月に角川スニーカー文庫より刊行された『サクラダリセット7 BOY,GIRL and the STORY of SAGRADA』を修正し、改題したものが底本です。

続きを読む

折りたたむ

いよいよ卒業を間近に控え、ぼくらは卒業式をどう盛り上げるか、頭を悩ませていた。そんな折、出所してきたルミの父親が、謎めいた殺人話をした後に失踪。その行方を捜しつつ、迎えた卒業式にぼくらがしでかしたことは……? 大人気のぼくらシリーズ、中学編の最終巻!

ぼくらの最終戦争

ついに迎えた中学3年生の3学期。教師たちはぼくらが卒業式で何かしでかすのではないかと戦々恐々とする中、ぼくらは頭を悩ませる。そんな時に、長らく刑務所にいたルミの父親が出所してきた。しかし彼は、刑務所で仕入れてきたという奇妙な話を残して失踪。どうやら大きな事件と関係あるらしい。そしていよいよ卒業式のカウントダウンが始まり、教師たちの厳戒態勢の中、果たしてぼくらがやらかしたこととは!? 

続きを読む

折りたたむ

ぼくらの最終戦争

宗田理KADOKAWA / 角川書店

舞台で活躍する旬な若手俳優を壮麗な写真と1万字インタビューでフィーチャーする「舞台男子」連載スタート! 第1回ゲスト/小越勇輝

小説屋sari-sari 2016年5月号

キャラクター小説と舞台をつなぐ連載企画「舞台男子」連載スタート。記念すべき第1回のゲストは、ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンで、主人公の越前リョーマを4年間つとめた小越勇輝さん。舞台にかける熱き思いを語ります。また、ボーイズラブ小説の金字塔「タクミくんシリーズ完全版」発売記念、ごとうしのぶさんインタビューも掲載。ファンならずとも必聴のお話が満載。他、連載陣:我孫子武丸/仁木英之/藤木稟/円居挽/青野春秋/青木俊直

続きを読む

折りたたむ

小説屋sari-sari 2016年5月号

小説屋sari-sari編集部編KADOKAWA / 角川書店

ページ先頭へ

本文の終わりです