セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

4日間限定 小学館全作品 コイン最大60倍

はじめてのお客さまへ

日本文学電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

日本文学関連タグ

日本文学の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

日本文学一覧へ

幻獣坐2 The Ice Edge

言葉で人を死に至らしめる力「幻獣」を宿す少女。藤宮優々希。彼女を利用して、巨大企業スオウへの復讐を企む少年。久瀬冬弥。二人の前に現れたのは、精密爆弾魔の名を持つテロリストと、記憶を失ったもう一人の「幻獣」憑きの少女だった! 新たな幻獣坐との出会いと、忌まわしき過去の因縁が冬弥と優々希を巨大な陰謀の渦へと巻きこんでいく……!

続きを読む

折りたたむ

謎解きのスリルと人情ものの感動を掛け合わせた、小杉健治の新たな代表作!

隠密同心 幻の孤影(二)

殺された公儀隠密が言い遺した「金山、武蔵」を手掛かりとして鉄砲洲稲荷の質屋『武蔵屋』に用心棒として潜り込んだ市松は、幕閣に贋金造りの首魁と通じている者がいると睨み、主人をつけ狙う不審な影と対峙する。敢えて敵の手下となり、自ら囮となって身内にまで刃を向けなければならない隠密捜査の苛酷な業。悪を裁くためには時に悪に染まり非情に徹しなければならない。苦しむ市松にシリーズ最大の試練が訪れて……。

続きを読む

折りたたむ

隠密同心 幻の孤影(二)

小杉健治KADOKAWA / 角川書店

「バチカン奇跡調査官」「RDG レッドデータガール」などなど人気連載満載! 「舞台男子」には、太田基裕さんが登場!

小説屋sari-sari 2017年9月号

人気若手俳優ロングインタビュー&撮り下ろしPHOTO、連載第3回「舞台男子 太田基裕の景色」/アニメも絶好調! 「バチカン奇跡調査官 シン博士とカルマの物語」藤木稟/いよいよ佳境の大人気シリーズ、外伝「RDG レッドデータガール 氷の靴 ガラスの靴」荻原規子/大人気「現代の陰陽師」物語「吉祥寺よろず怪事請負処」結城光流/妖(あやかし)が奏でる人間ドラマ「黄泉坂案内人 思い出の向こう岸」仁木英之/第3回角川文庫キャラクター小説大賞二次選考結果発表

続きを読む

折りたたむ

小説屋sari-sari 2017年9月号

小説屋sari-sari編集部編KADOKAWA / 角川書店

あいつを好きな君の横顔が、たまらなく綺麗だったから――

Just Because!

2017年10月より放送のオリジナル青春アニメ『Just Because!』の原作小説。高校生活、残り3ヶ月。告げられない想い、受験や就職、将来への不安……消化するだけだった日々に淡い輝きが差す。

高校三年の冬。残りわずかとなった高校生活。このまま、なんとなく卒業していくのだと誰もが思っていた。突然、彼が帰ってくるまでは。中学の頃に一度は遠くの街へと引っ越した同級生。季節外れの転校生との再会は、「なんとなく」で終わろうとしていた彼らの気持ちに、小さなスタートの合図を響かせた――。2017年10~12月に放映となるテレビアニメの原作小説。湘南を舞台にした青春群像劇を、アニメのシリーズ構成・脚本を手掛けた鴨志田一が執筆。

※本書は「ダ・ヴィンチ」2017年10月号~12月号の連載に、書き下ろしを加えたものです。

続きを読む

折りたたむ

Just Because!

鴨志田一KADOKAWA / アスキー・メディアワークス

今初めて明かされる水木サンの創作秘話、思い出の数々。

水木先生とぼく

実は大の改築好き・美人好き!? 独自の漫画術、妖怪ブーム到来秘話、そしてヨーロッパ珍道中まで!? 水木プロのアシスタントとして40年にわたって漫画家・水木しげるを側で見続けてきた“ぼく”が描く、水木サンの秘蔵エピソード全5話!

続きを読む

折りたたむ

水木先生とぼく

水木プロダクション/村澤 昌夫KADOKAWA / 角川書店

新入生の心変わりの真相は!? 大人気<古典部>シリーズ第5弾!

ふたりの距離の概算

春を迎え高校2年生となった奉太郎たちの<古典部>に新入生・大日向友子が仮入部する。千反田えるたちともすぐに馴染んだ大日向だが、ある日、謎の言葉を残し、入部はしないと告げる。部室での千反田との会話が原因のようだが、奉太郎は納得できない。あいつは他人を傷つけるような性格ではない──。奉太郎は、入部締め切り日に開催されたマラソン大会を走りながら、心変わりの真相を推理する! 大人気青春ミステリ、<古典部>シリーズ第5弾! ※本電子書籍は通常版です。発売が終了した限定版とは書影画像が異なりますが、内容は同じものです。

続きを読む

折りたたむ

ふたりの距離の概算

米澤穂信KADOKAWA / 角川書店

ページ先頭へ

本文の終わりです