セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

3日間限定!文芸のほぼ全作品コイン33倍

はじめてのお客さまへ

ラブストーリー電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

ラブストーリー関連タグ

ラブストーリーの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

ラブストーリー一覧へ

私、シカゴで1番セクシーな独身男性をおとします!

恋の賭はお断り

ユーモアのセンスを生かし、ヘザーは愛の悩みに答えるラジオの番組を担当している。ある日、ついに聴取率ナンバー1になったヘザーをやっかんだ元ナンバー1のバドは、とんでもない賭けを持ちかける。恋愛の達人というなら、誰か男をものにしてみろと。確かにヘザーは身だしなみを気にせず、彼氏もいない。だけど、ばかにされてひき下がるわけにはいかない。思わずヘザーは受けて立っていた。しかし誘惑する相手は、シカゴで1番セクシーな独身男性の検察官で…!?

続きを読む

折りたたむ

恋の賭はお断り

キャシー・リンツ/桃佳みのりハーレクイン(コミック)

他に愛する人がいながら、私を誘惑しないで――。

侯爵家からの招待

過労で体を壊したグレースはしばらく療養させてもらうため、イタリアで暮らす友人の家を訪れた。そこで出会ったのが、ハンサムな侯爵マッテオ。思わず見惚れるほど魅力的な男性で、友人は得意げに、 実は彼の子供を妊娠しているのだとグレースに打ち明けた。しかし数日後、なぜかマッテオはグレースに誘いをかけてくる。 親密な恋人がいながら、私に声をかけてくるなんて! 憤慨してすぐさま誘いをはねつけたが、 彼の熱烈なアプローチはとどまることがなく――?

続きを読む

折りたたむ

侯爵家からの招待

アン・メイザー/斗田めぐみハーレクイン(コミック)

キャンドルの魔法がふたりを真実の愛へと導いて…。

誘惑を望んだ夜

クリスマス・シーズンで賑わうロンドンの高級百貨店でアルバイト店員として働くキャシー。とびきりゴージャスな男性客にキャンドルを勧めると、彼は半ダースも買ってくれた。その上、ジャンカルロと名乗った彼に夕食を誘われた。慌てて断ったが、彼がキャンドルを忘れてしまったので、キャシーが届けることに。彼の家に向かうと、待っていたのはセクシーな彼とロマンティックなディナー。イギリスの田舎で育ったキャシーは夢見心地で酔いしれてしまうけど…!?

続きを読む

折りたたむ

誘惑を望んだ夜

シャロン・ケンドリック/一重夕子ハーレクイン(コミック)

あの熱いキスも抱擁も、私を試すための誘惑――!?

禁じられた二人

女優のソフィーは、同性愛を隠すために恋人のふりをしてほしいと親友のジャスパーに頼まれる。彼の父親である伯爵の誕生日パーティーへ向かうため、娼婦の衣装のまま慌てて列車に乗ったソフィー。相席した上品で魅惑的な男性は、明らかに彼女を軽蔑した眼差しで見ている…。気まずいふたりが降りたのは同じ駅で同じ目的地――なんと彼はジャスパーの兄のキットだった! 弟の爵位目当てで近づいた女だと誤解しているキットは、彼女の正体を暴くために誘惑をしかけて!?

続きを読む

折りたたむ

禁じられた二人

インディア・グレイ/橋本多佳子ハーレクイン(コミック)

愛に絶望した女心を揺さぶるのは無敵のプレイボーイ!

土曜日の恋人

独身男性のチャリティ・オークションに参加したキャリーは、寄付のためとびきりゴージャスな実業家ブレイクを落札した。彼の魅力はただごとではなかったが、不幸な家庭で育ったキャリーは、恋や結婚に興味はない。用が済んだらさっさと縁を切るつもりでいたのに、ブレイクは彼女のそっけなさに惹かれたのか、強引なアプローチを仕掛けてくる。追いつめられたキャリーは、ブレイクが持ちかけた賭けに応じ、負ければ彼とベッドをともにすると約束させられてしまった!

続きを読む

折りたたむ

土曜日の恋人

ナタリー・アンダーソン/藤臣美弥子ハーレクイン(コミック)

このうえなく無惨な失恋。彼は私の母の恋人だった!?

鏡の中の花嫁

「彼に手紙を送るのよ」夢の中の貴婦人が言った。オリビアは、その言葉に突き動かされるようにドレイク・アランデルに手紙を書いた。ドレイクはオリビアの初恋の男性で義理の弟の父親。彼が母親の恋人だったと知ったときに、初恋は無残にも砕け散ったけれど…。弟に手術が必要な今、大富豪となった彼の助けがどうしても必要なのだ。ところが、現れた彼は「僕の子ではない」と言い張り、それどころかオリビアと金目当ての嘘つきと決めつけたようで――。

続きを読む

折りたたむ

鏡の中の花嫁

ロビン・ドナルド/津谷さとみハーレクイン(コミック)

ページ先頭へ

本文の終わりです