セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ラブストーリー電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

ラブストーリー関連タグ

ラブストーリーの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

ラブストーリー一覧へ

奪われた唇の熱さも、囚われた心も、すべて泡沫の夢。

もう一人のケルサ

私が社長をたぶらかす? いったい何を言っているの? ケルサは、傲慢な御曹司を、混乱した眼差しで見つめた。社長の息子で出世頭のライルは、彼女と父親の関係を疑っているのだ。確かにケルサ自身、なぜ入社早々に気に入られ、社長秘書に抜擢されたのか不可解に思っていた。そのうえ社長はまるで父親のように接してくれる。手切れ金を言い値で払うというカイルのあまりの侮辱に、ケルサは思わず彼の頬を叩いていた。すると仕返しとばかりに、強引に唇を奪われ――。

続きを読む

折りたたむ

もう一人のケルサ

ジェシカ・スティール/秋元奈美ハーレクイン(コミック)

花めぐりあわせ 1

明治35年、春──。穂積きょうは、田舎に暮らす元気いっぱいの13歳。目の見えないお母さんを治せる薬があると聞き、村を出て東京に奉公に出ることになりました。見るもの、聞くこと、全てが初めてだらけ… きょうの新しい生活が始まります。明治時代を駆け抜ける、ドラマチック・ラブ!

続きを読む

折りたたむ

この胸の高鳴りは…国を捨てた王女の心は揺れ動き!?

愛を捨てる理由

熱帯の小さな島で教師をしているハニはある晩、村の祝宴の最中に持病の発作を起こし木の根元に倒れこんでしまう。そんな彼女に、救いの手を差し伸べたのは、冷たく輝く美しい鋼色の目をした逞しい男性ケルトだった。つらい体験をし、もう二度と恋などしないと決めていたハ二だったが、ケルトに対しなぜか胸の高鳴りを覚え、とまどってしまう。醜聞のため国を捨てたモラーツ国のプリンセス…そんな誰にも言えない秘密を抱える彼女に恋など許されるはずもなく…!?

続きを読む

折りたたむ

愛を捨てる理由

ロビン・ドナルド/安倍沙槻ハーレクイン(コミック)

ちはやふる(9)

名人、降臨。競技かるた最高峰。千早たちにとってその頂は遥かに遠く――!?百人一首競技かるた界最高峰に立つ者――名人・周防久志(すおう・ひさし)を目の当たりにした観客たちは、その姿に息を呑む。次元の違い。火花も散らぬ展開。その観戦は、千早(ちはや)に大きな意味をもたらした。仲間がくれた一言によって……。春。新学期。新入部員とともに瑞沢(みずさわ)高校かるた部が新たに進み出す!

続きを読む

折りたたむ

演技なら言える。あなたが好きだと――…。

愛のシナリオ

「涙のあとを隠して、最後の演技よ」亡き伯母の勧めで、テレビドラマに出演し人気を得ていたリースは、女優を辞めることを決意した。ドラマのなかの相手役、アレックスに本気で恋をしてしまったからだ。何度キスをしても、抱きしめられても収録が終われば虚しさだけが残る――そう、彼には秘密の恋人がいるからだ。それに役者同士の恋愛なんてうまくいかない。そう心に決め、笑顔で立ち去ろうとした彼女を、アレックスは頼みがあると強引にひき止め…!?

続きを読む

折りたたむ

愛のシナリオ

レベッカ・ウインターズ/高倉知子ハーレクイン(コミック)

ちはやふる(4)

千早(ちはや)は、転校生・新(あらた)が、小倉百人一首競技かるたの札を払う姿に衝撃を受け、同級生の太一(たいち)とかるたを始める。卒業で新と離れた千早だが、再会の日のため、強くなることを太一と誓う。そんな二人の情熱に導かれた瑞沢高校かるた部の仲間と、都予選での熱戦を制した千早は、全国大会の会場、夢に描き続けた近江神宮を初めて見上げる。一方、新もまた、ある秘密を背負い、同じ近江の地を踏みしめていた!?

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです