セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

完結電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

完結のランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

ワンダーかつロジカルな探偵活劇!

東京探偵団(1)

掲載誌が少年ビックコミックという短命で終わった少年誌だったため、そもそも存在を知る人がだいぶ少ないとは思いますが、『ギャラリーフェイク』や『さすがの猿飛』でおなじみの細野不二彦の隠れた名作が本作です。

巨大企業集団・王道コンツェルンの12歳の孫娘が設立した、たった3人の少年少女が所属する探偵団「シティ・ジャッカー」。
頭脳明晰・容姿端麗の美少年でゲイのジャッキー。自分の所持する紙幣の番号を記憶する程のゼニゲバ少女、マリーン。探偵の肉体労働を担当し、寡黙なぽっちゃりでかつハードマゾのポパイ。
ひと癖もふた癖もある3人が、王道財閥の資金力をバックに、金にあかせて依頼を解決していくのですが、その内容と解決方法が、毎回奇天烈でおもしろいのです。

森の中にひっそりと建つ怪しい洋館、メイドと車椅子に座る主人といった、よくある洋館サスペンスものと思って読んでいたら、後半、舞台そのものがとんでもない場所だとわかった時の第1話の衝撃。

他にも、夜な夜な出現する営団地下鉄の亡霊列車、一夜にして消える新宿高層街のタワービル、橋を爆破して島自体を孤立させ、文化風俗を江戸時代に戻して独立を宣言する佃島など、東京を舞台にした奇妙な事件が次々と起こりますが、その解決方法がまたワンダーかつロジカルで興奮します。

「シティ・ジャッカー」の好敵手(ライバル)であり、ほとんどの事件で黒幕として暗躍する「バロン・ブラック」とジャッキーの妖しい関係など、立ちに立ったキャラの掛け合いも楽しいこの作品、知的な刺激が欲しい人にはぜひ読んでほしいマンガです。

続きを読む

折りたたむ

byコミタンM  (BOOK☆WALKER スタッフ)

かっこいい男の子に攻められたい人必見!

地球のおわりは恋のはじまり(1)

・カッコよくていい人=危険
・むしろ話しただけで悪いことが起きそう
・美少女が私に冷たい=落ち着く

そんなネガティブでちょっと変わった思考を持つ主人公の真昼は、
自分より可愛くて人気ものの双子の妹・真夜と、どうしてこんなに違うんだろう?と疑問を抱きながらも、
駅に付着いた瞬間に電車が来る、そんな平穏な日々に幸せを感じる、すごく良いコ。
ちょっとゴーインで、グイグイ系(でもスマート)なイケメン・蒼から迫られてタジタジになりながら、
いろいろな初めての体験にドキドキして赤くなる純粋な真昼が可愛くてキュン!
しかし、蒼が何故こんなに真昼に執着するのか、ふたりの過去とは?
これからの展開にも期待大!かっこいい男の子に攻められる王道青春ラブストーリー。

続きを読む

折りたたむ

by本星歩  (BOOK☆WALKER スタッフ)

完結関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです