セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

ラブコメディ関連タグ

ラブコメディの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

ラブコメディ一覧へ

英梨々が引き抜き!? そして新ヒロイン登場!? 波乱の第3巻!!

冴えない彼女の育てかた3

イロイロあったものの、詩羽による渾身のストーリープロットが無事に完成! いよいよキャラデザ……のはずなのだが、英梨々の様子がおかしくて!? 打ち明けられない想いを抱えたまま、コミケが始まる!!

続きを読む

折りたたむ

冴えない彼女の育てかた3

丸戸史明/深崎暮人KADOKAWA / 富士見書房

下ネタという概念が存在しない退屈な世界2

ノンストップYトークコメディ第2弾!「おち●ぽおおおおおおおおおおぉ!!」 少女は叫びながら走り出した。 その瞬間、ぼくはすっころんだ。 ……そんな衝撃の出会いから、三か月。 主人公・奥間狸吉(おくま・たぬきち)は、その「おち●ぽ少女」である下ネタテロリストの華城綾女(かじょう・あやめ)とともに下ネタテロ組織「SOX」の活動に精を出していた(体液的な意味ではなく)。 国民に貞操帯の装着を義務づけるという悪法《エイチ禁止法》の賛成署名に反対すべく、時岡学園生徒八百人を扇動した「谷津ヶ森のエロ本騒動」。良くも悪くも世間に多大な反響を巻き起こしたこの一件は、PMによって性的な言葉を規制された少年少女たちの思考に影響を与えた。 そして増えた。 パンツ泥棒が。 思想もなにもなく、暴走する若者たちに難色を示す綾女。そして、そんな綾女を慕って現れた女子中学生・鬼頭 鼓修理(おにがしら・こすり)。パンツ泥棒たちをも容認する鼓修理は、次第に「SOX」と距離を置き、独自に活動を始めるのだが――。 新キャラ登場で、ますます下ネタテロは加速する――!? ネットで話題騒然の、世界に誇る下ネタラノベ。調子に乗って出しちゃう2発目! よろぴゅぴゅっ!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

続きを読む

折りたたむ

下ネタという概念が存在しない退屈な世界2

赤城大空/霜月えいと小学館

がけっぷち男装の姫君、Wお見合いで大ピンチ!?

白桜四神 お見合いは三つ巴!?

白虎家の跡取り息子「白桜」として生活する里桜だったが、親友・鵬玄に正体がバレた!! 鵬玄とギクシャクするなか、青丞だけでなく青丞の従姉妹・胡蝶にまでも男として気に入られ、お見合いをすることに!?

続きを読む

折りたたむ

白桜四神 お見合いは三つ巴!?

伊藤たつき/硝音あやKADOKAWA / 角川書店

ヒメにフェイクがバレた!? 甘修羅らぶ×らぶコメディ第6弾!

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる6

「偽の彼氏って、どういうこと?」 鋭太と真涼の偽物<フェイク>な関係が、ヒメにバレてしまった! その翌日から、ヒメの様子がおかしくなった。あきらかに中2病が悪化しているのだ。 「我が剣に手を触れるな! 呪われた竜に魅入られたいのか!」 風紀委員にすら反抗し、暴走するヒメ。その理由はやはり鋭太と真涼にある訳で……。ヒメの件を相談する二人は、真涼の希望で鋭太の家に。 「えーくん、お帰りなさーい♪……ッ!?」 キッチンから千和がエプロン姿で駆けてきて、真涼とはち合わせ!? 裕時悠示×るろおが贈る、甘修羅らぶ×らぶコメディ第6弾! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

続きを読む

折りたたむ

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる6

裕時悠示/るろおSBクリエイティブ

ライアー×ライアー(1)

私×義弟(おとうと)×女子高生姿の私=三角関係!!? ――ある日、ノリで友達の高校時代の制服を借りて街に出た湊(みなと)はそこで義理の弟・透(とおる)と遭遇してしまう!! 別人だと言い張る湊を信じた透だけど、透はその「女子高生姿」のほうの自分に惚れてしまったみたいで……!!? 世にも奇妙なラブストーリー開幕!

続きを読む

折りたたむ

彼女がフラグをおられたら(5) こんな風にみんなと学園祭の話をしたの、初めてだな

学園祭シーズン到来! 菜波や颯太や茜たち1年F組は「焼きそばお化けメイド喫茶」なる奇っ怪な模擬店を企画。一方クエスト寮の催しは〈演劇〉…新転校生・白亜執筆の脚本はラブシーン満載で相手は全て颯太という超展開だが、ヒロイン役の女子たちの期待はMAXだ。さらに「ミス旗ヶ谷学園コンテスト」にもクエスト寮女子メンみんなの出場が決まり、またまた大忙しの颯太。その陰で彼を取り巻く《事態》も静かに進行していた!

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです