セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ラブコメディ関連タグ

ラブコメディの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

ラブコメディ一覧へ

かんしゃく玉のゆううつ

【種村有菜、珠玉の読み切り集!】山乃鰍(かじか)は、代々忍者の血を受け継ぐ家系の“くの一”。ある日、憧れの藤崎先輩に「女の子らしくした方がいい」と言われて大ショック! 料理やお裁縫に挑戦するけど、失敗ばかりで…? 【同時収録】この恋はNONフィクション/雨の午後はロマンスのヒロイン/2番目の恋のかたち

続きを読む

折りたたむ

薔薇とオオカミ(3)

せんぱいが、死ぬ――? ミス皇(すめらぎ)コンテストのさなか、桐谷(きりや)に共に逃げようと言われ、有頂天になるふたば。だがその喜びも束の間、首筋にあった魂種(ソウルシード)の痣が消えていることに気づく。魂種を失うことは、桐谷にとって死を意味する。愛する者を救うために、ふたばがした「決断」とは――。種族を越えた禁断のラブストーリー、ついに完結!

続きを読む

折りたたむ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6

慣れない役割、ぎこちない関係。文化祭。面倒な仕事をスルーする方法は……呼ばれても返事をしない、なるべく面倒くさそうな気持ちを顔に出す!? ぼっちのスキルをフル活用して文化祭の準備をサボる気満々の八幡。しかし、授業をサボっていたら、不在なのをいいことに文化祭の実行委員にさせられてしまう。 慣れない役割とぎこちない関係。新学期が始まってからの八幡は、どこか調子がおかしい。クラスでも、部活でも。雪乃への疑問は消えないまま、そしてそれを問わないまま……学校中が祭の準備で浮かれた空気の中、取り残されているのが当たり前のはずの八幡なのに、居心地の悪さは消えない。 まちがえてしまった答えはきっとそのまま。 人生はいつだって取り返しがつかない。 前に進まず、後戻りも出来ない二人、雪ノ下雪乃と比企谷八幡。近づきも遠ざかりもしない不変の距離感に変化は訪れるのか。 アニメ化も決定、話題のシリーズ第6弾。※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

続きを読む

折りたたむ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。3

ひねくれぼっちに降りかかる新たな悩み!日々は相変わらず。友達もなく彼女もなく間違った青春……のはずが、八幡の中に生じた慣れない居心地の悪さ。それはやはり、部室にいない一人の女子が原因なのか。それを解決できるほど器用な人間は奉仕部にいるはずもなく……。男だらけのゲーセンデート、わんにゃんショー、そして脱衣トランプ!?間違いだらけのイベントの中で、ぼっち・八幡と奉仕部の日常はもどってくるのか……?ひねくれぼっちの八幡だけでなく、オタクの材木座、そして平塚先生……いろいろなキャラのダメさが暴走する第三弾!第3回小学館ライトノベル大賞、ガガガ大賞作家の渡 航(わたり・わたる)が残念系ラブコメに参戦。発売直後から話題を呼び、次々と版を重ねる注目のシリーズ。※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

続きを読む

折りたたむ

≪究極≫の学園バトルアクション、開幕!

ハンドレッド ―ヴァリアント覚醒―

≪ハンドレッド≫――それは地球を襲う謎の生命体≪サベージ≫に対抗できる唯一の武器。主人公如月ハヤトは、そのハンドレッドを用いる≪武芸者≫を目指すため、海上学園都市艦≪リトルガーデン≫に入学を果たす。だが―― 「会いたかったよ、ハヤトっ!!」「お、お前は一体……?」 なぜか自分のことをよく知る(?)ルームメイト、エミール・クロスフォードに、どこか懐かしい違和感を覚えるハヤト。さらに入学早々、学園最強の武芸者≪女王≫クレア・ハーヴェイから決闘を申し込まれてしまい……!? 箕崎准(ocelot)×大熊猫介(ニトロプラス)がタッグを組んだ、≪究極≫の学園バトルアクション、ここに開幕! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

続きを読む

折りたたむ

ハンドレッド ―ヴァリアント覚醒―

箕崎准/大熊猫介SBクリエイティブ

のだめカンタービレ(6)

学園祭での活躍が「クラシック・ライフ」に掲載されて、その才能が注目されだした千秋。もちろん、目標は指揮者。だが大学院への進学はピアノ科だし、海外への留学は、昔からの飛行機嫌い・船嫌いでムリムリ!! 「日本で何をする?」千秋のいら立ちは募る……。そんなとき、長野の音楽祭で出会ったコンマス、三木清良から素敵なお誘いが! 大人気クラシック音楽コメディ!!

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです