セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

時代小説電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

時代小説関連タグ

時代小説の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

時代小説一覧へ

柳生十兵衛死す(上)

250年の時空を超えて飛び交う二人の柳生十兵衛!

茫々と薄墨に染まる木津川の河原に一人の男があおむけに倒れていた。「こんなことが! 我らの殿をかくも見事に斬るとは!」死者は天下無敵の剣豪・柳生十兵衛であった。が、開かぬはずの方の目がかっと見開いていた!室町と慶安を舞台に250年の時空を超えて飛び交う柳生十兵衛二人・満厳と三厳。剣の奥義と能を媒介とした壮絶無比の大幻魔伝。伝奇小説の大御所が放つ畢生の大傑作といえよう。

続きを読む

折りたたむ

陰陽師 玉兎ノ巻

祝・「陰陽師」シリーズ30周年!

連載開始から30年目を迎えた、大人気の『陰陽師』シリーズ。
今回も、稀代の陰陽師・安倍晴明と心優しき笛の名手・源博雅が活躍するほか、
酒をこよなく愛する法師陰陽師・蘆屋道満や盲目の琵琶法師・蝉丸も登場。

月の蝕が起こる夜、奇異なる兎が晴明を呼ぶ――
二本足で立ち、人の言葉を話す兎が探していたものとは。
今宵も晴明と博雅が、平安の都の怪異に挑む。

続きを読む

折りたたむ

村上海賊の娘(二)

天下統一に乗り出した織田信長が、大坂本願寺を攻め立てていた天正四年。一向宗の門徒たちは籠城を余儀なくされていた。海路からの支援を乞われた毛利家は、村上海賊に頼ろうとする。織田方では、泉州淡輪(せんしゅうたんのわ)の海賊、眞鍋家の若き当主、七五三兵衛(しめのひょうえ)が初の軍議に臨む。武辺者揃いの泉州侍たち。大地を揺るがす「南無阿弥陀仏」の大合唱。難波海で、景(きょう)が見たものは――。激突の第二巻。

続きを読む

折りたたむ

三国志 第八巻

『三国志』決定版、第8巻。英雄たちの葬送――。戦え、と天はわれに命じている。天意を感じた関羽はわずかに笑み、そして孫権の兵に突入し斃(たお)れた。復讐を誓い荊州に出兵した劉備だったが、自らも死の病に伏す。30余年の霸道を駆けぬけた魏王曹操もついに崩じ、王位は嗣王の曹丕に。戦国の英雄たちの死によって後漢王朝期は終焉を迎え、今ほんとうの三国時代が始まる――。壮大な叙事詩、いよいよ佳境へ!

続きを読む

折りたたむ

三国志 第八巻

宮城谷昌光文藝春秋

合本 三国志【文春e-Books】

徳を失い腐敗した後漢王朝の悲劇から、壮大な叙事詩がはじまる――。月刊誌「文藝春秋」に連載され、その緻密さと迫力で大反響を呼んだ宮城谷版「三国志」が、ついに合本となって登場! 正史に基づいた、かつてない「三国志」の第1巻から12巻まで全12冊を収録。

続きを読む

折りたたむ

三国志名臣列伝 後漢篇

宮城谷文学の決定版「三国志」シリーズ 孝心(親孝行)を奨励した後漢末期、名臣が輩出した。皇帝の外戚の何進、劉備の師となる盧植、曹操に重用された荀イク(じゅんいく)ら七人を描く

後漢という時代は、人の美質のなかで、
「孝心」
を至上とした。能力よりも得を重視し、その徳の基(もとい)は、父母によく尽くす心とおこないにあるとした。官吏の採用にも、その基準が適用された。これは、目上の人に礼儀正しく、人におもいやりのある者に政治をさせようとする狙いであり、べつのいいかたをすれば、政治を冷えないようにさせる制度である。
(中略)
親孝行を奨励する風潮が悪いはずはなく、たしかにその制度にそって名臣が輩出した。
(本文より)

○妹が皇后となり、一介の肉屋の息子から皇帝の外戚として出世し、王朝の屋台骨を支えた何進(かしん)。
○黄巾の乱で功を上げ、董卓に対抗した朱儁(しゅしゅん)は、深く母を愛し、後漢王朝が掲げた「孝」の手本となった。
○「王佐の才(皇帝あるいは王を輔ける才能を持った者) がある」と言われ、後年、董卓の暗殺に成功した王允(おういん)。
○身長八尺二寸(189センチ)、学者ながら軍人としても優れた才能を発揮した盧植(ろしょく)。若き日の劉備は蘆植の学舎で学んだ。
○孔子二十世の子孫で、幼少期から才気溢れていた孔融(こうゆう)。権力者の曹操に対しても果敢にその否を鳴らしたが……。
○『書経』や『史記』に学び文武に優れた皇甫嵩(こうほすう)は私利を追わず、その生涯を霊帝へ忠義に捧げた。
○曹操と献帝の双方から重用され、板ばさみに苦悩した“陰徳の人”荀イク(じゅんいく)。

張角率いる「黄巾の乱」が勃発した後漢末期の「名臣」たちの生涯。

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです