セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

TOブックス コイン50%還元キャンペーン!

はじめてのお客さまへ

時代小説電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

時代小説のランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

著者の市川丈夫様よりコメント頂きました!

八卦見豹馬 吉凶の剣(一) 三度、斬る

当たるも八卦、当たらぬも八卦。

元禄の世に生きる青年剣士、榊原豹馬が、
占いを用いて、心に潜んだ迷いを断ち切り、
周囲の人々を勇気づけていく物語です。

きっとあなたの心にも響く、変革の物語がここにあります。

続きを読む

折りたたむ

by市川丈夫  (著者)

花で秀吉をやっつける!? 実在した花の名手、池坊専好の命を懸けた戦い

花戦さ

華美を好む秀吉、侘びの精神を重んじ無駄を排除した美しさを好む利休。
二人の“美”に対する捉え方は正反対で、利休の方が周りに認められていると感じた秀吉は
嫉妬に狂い、利休を殺してしまう。

そんな秀吉に対し、怯むことなく立ち上がったのは池坊専好(いけのぼう せんこう)
彼はあの織田信長にも認められた、華道家だった。(この信長が認めたというところがミソ)

“花戦さ”として芸術で利休の仇討をする専好。
凛とした戦いの様子、専好の作品を見た秀吉の反応、すべてが美しくそれぞれの想いが胸に突き刺さります。

日本を代表する芸術、茶道と華道がこの時代に大きく花開き今に至る。
利休と専好という二人の天才が同時期に存在していた驚きと、現在まで継がれる芸術がとても感慨深い。

史実に基づいた歴史フィクションが多くある中、戦国時代の隠された歴史がまだあったなんて!歴史好き必見の1冊です。

続きを読む

折りたたむ

bySS典子  (BOOK☆WALKER スタッフ)

花戦さ

鬼塚 忠KADOKAWA

時代小説関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです