セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

本日限定!ALL実用書コイン50倍キャンペーン

時代小説電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

時代小説関連タグ

時代小説の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

時代小説一覧へ

乳児の頃に誘拐され、15年後に狼女として帰還した遊。数奇な道を辿りながら、一途に生きた女性を描く長編時代ロマン

雷桜

江戸から3日を要する山間の村で、生まれて間もない庄屋の一人娘・遊が、雷雨の晩、何者かに掠われた。手がかりのつかめぬまま、一家は失意の11年を過ごす。遊の生存を信じる次兄・助次郎は、江戸で御三卿・清水家に中間として仕えるが、当主・斉道は心の病を抱えていた。そしてついに、遊が15年ぶりに狼少女として帰還するが…。運命の波に翻弄されながら、愛に身を裂き、凛として一途に生きた女性を描く、感動の時代長編!

続きを読む

折りたたむ

雷桜

宇江佐真理KADOKAWA / 角川書店

雪明かり

貧しくも、明日への夢を持って健気に生きる女。深い心の闇を抱えて世間の片隅にうずくまる博徒。武家社会の終焉を予感する武士の慨嘆。立場、事情はさまざまでも、己の世界を懸命に生きる人々を、善人も、悪人も優しく見つめる著者の目が全編を貫き、巧みな構成と鮮やかな結末があいまった魅惑の短編集。

続きを読む

折りたたむ

雪明かり

藤沢周平講談社

始皇帝

「永遠の命」を除く、この世のすべてを手に入れた狂気の王!戦国七雄が割拠する紀元前3世紀。他国へ遣られた人質の子として生まれながら、大商人・呂不韋(りょふい)の深謀遠慮によって、わずか13歳にして秦王に即位。政敵を倒し、3度の暗殺未遂を乗り越え、権謀術数と軍事力によって全中華を制したファースト・エンペラー。権力をほしいままにした男の49年の生涯を描き切る! (講談社文庫)

続きを読む

折りたたむ

始皇帝

塚本青史講談社

浪人若さま新見左近 おてんば姫の恋

谷中のぼろ屋敷に住み、とくに決まった仕事もせず、毎日を遊び暮らす謎の浪人、新見左近。肩身の狭い、新見家の部屋住みかと思いきや……じつはこの男、甲府藩のれっきとした大名、しかも次期将軍職を叔父の綱吉と争う、徳川の若さまであった。だが、この左近、本心では将軍なぞ、まっぴらごめん。自由気ままな暮らしを謳歌しているのだが、世の中、そううまくはいかぬ。さまざまな事件や騒動が、左近を危険な探索に巻き込んでいくのだが……。しかも今回は、左近を慕うじゃじゃうま姫や、もうひとりの『若さま』まで出てきてしまい、さあ大変!のちの名将軍・徳川家宣の若き日の活躍を描く痛快シリーズ。

続きを読む

折りたたむ

浪人若さま新見左近 闇の剣

谷中のぼろ屋敷に住む新見左近は、決まった仕事もせず、江戸市中をふらりと遊び暮らす気楽な浪人。浅草の小間物屋・お琴の店に入りびたり、日々の暮らしにもけっして困っていない様子。だがこの左近、じつは第四代将軍・徳川家綱の甥で甲府藩主。甲州さまと呼ばれる、れっきとした次期将軍候補の若さまであった。叔父である徳川綱吉との後継者争いを避けるため、新見家の養子となって名を変えた左近は、窮屈な殿さま暮らしなどまっぴら御免とばかりに、自由気ままな生活を謳歌していたのだが……。のちに名君として知られる第六代将軍・徳川家宣の、若き日の痛快活劇。名刀安綱を振るう左近が、葵の秘剣で悪党を退治する!

続きを読む

折りたたむ

浪人若さま新見左近 闇の剣

佐々木裕一コスミック出版

呉越春秋 湖底の城 三

伍子胥は父・五奢、兄・伍尚とともに楚に仕える身だった。だが、楚王の佞臣・費無極が弄した奸計により、父と兄は誅せられてしまう。血涙を振るって危地を脱した伍子胥は、「つぎに楚都にくるときは、楚を滅ぼすときだ」と復讐を固く誓いつつ中原諸国をさすらうのだった。大河中国歴史小説の伍子胥篇、第三弾。

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです