セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

ライトノベル電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

ライトノベル関連タグ

ライトノベルの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

ライトノベル一覧へ

メタボなおっさん、異世界で奮闘す! ネット小説大賞金賞を獲得した話題作、ついに書籍化!!

異世界に来たみたいだけど如何すれば良いのだろう 1

35歳バツイチのサラリーマン前川彰浩は、いつものように会社に出勤しようと家をでたところ、突然謎の空間に入り込み、気づけば見知らぬ土地で倒れ伏していた。
見渡す限りの大森林の中に、何の準備もなく放り込まれたアキヒロ。
持っているのは、ビジネスバッグに入った仕事用具と、少しのサバイバル知識。
運動不足も顕著なこの中年の体で、はたしてこの世界を生き延びることができるのか!?
※本作品は電子書籍配信用に再編集しております。

続きを読む

折りたたむ

戦争勃発――経済危機が『魔王』を襲う!!

フレイム王国興亡記 5

幾多の苦難をくぐり抜け、手に入れた平穏を享受していた浩太は、ある日フレイム王国女王リズに招集された。訪れた王城で出逢った二人の研究者・シオンとアリア。彼女たちこそ、浩太をこの世界に召喚した張本人であった――。そして、明かされるフレイム王国の祖”アレックス1世”と松代浩太の共通点とは!?
一方、時を同じくしてラルキア王国とライム都市国家同盟が、王女ジェシカの不幸な自殺を切欠にして戦争状態に突入してしまう。その余波はテラの経済を直撃。襲い来る苦境に、浩太の周りの皆は、再び浩太の”魔法”を期待するが……。
普通の『銀行員』浩太が紡ぐ異世界エコノミックファンタジー、第五幕。

続きを読む

折りたたむ

フレイム王国興亡記 5

疎陀陽/ニリツオーバーラップ

引きこもろうとしたら――モンスターの大群が「家」を完全包囲!?

10年ごしの引きニートを辞めて外出したら ②異世界で開拓民になりました

10年ぶりに家から出たと思ったら異世界にいた北条雄二は、その地で最大のピンチを迎える。新たに仲間に加わったミラベルとナディアと共に、家の周りの開拓地を拡げようとした矢先、モンスターの大群に襲われてしまったのだ。それも“上位種”のゴブリンに率いられた集団に。統率された動きでユージの家を包囲するモンスターたち。ヨーコの機転と新たな救援で絶体絶命の窮地はなんとか逃れるも、専守防衛では開拓もままならない。追い込まれたユージたちは、モンスターたちの住処を潰すことを決意。そして、ユージたちはその戦いの中で今自分がいる場所――ここが『異』世界であることを、容赦なく突きつけられ……!?

続きを読む

折りたたむ

マッチョになろう小説 待望の第2弾!

生ポアニキ パンプアップ

ユリが好きだという気持ちを抱えながら、相変わらずマッチョなアニキとの健全な二人暮らしを続けるユースケの元に、さらに妹系美少女が給付されてくる。
そしてユリの前にも、100万人超のフォロワーを有する人気動画配信者ジュンイチが現れ、彼女に一目惚れをしたと告げる。
「君は彼女(ユリ)にとって相応しい男なのか?」ジュンイチに問われ言葉を失うユースケ。恋愛生活保護の解消とユリへの想いを賭けた「男勝負」が幕を開ける!
本当の男らしさとは、人を愛するということは――? 全ての答えは筋トレの先にある!
更にタフでホットになったハイテンション・マッスル・ラブコメ、待望の第2巻!!

続きを読む

折りたたむ

生ポアニキ パンプアップ

アサウラ/赤井てらオーバーラップ

レジェンド・オブ・イシュリーンⅡ(サーガフォレスト)

女皇イシュリーンと呼ばれた女性がいた。グラミア王国の王女として生まれながら、国王と王妃、異母兄弟に命を狙われる彼女。国と民の為に戦い続けるイシュリーンと、彼女を軍師として支えたとされる記憶を失った青年。その正体は日本から異世界へと飛ばされた25歳サラリーマン、ナル・サトウ。二人を中心に歴史は動き出す…!!

続きを読む

折りたたむ

異世界支配のスキルテイカー2 ~ゼロから始める奴隷ハーレム~

ごくごく普通の高校生、近衛悠斗はスピカとシルフィアという2人の奴隷を従えて、のんびりとした異世界ライフを過ごしていた。ひょんなことから、森の中でリリナ&サーニャという猫耳の姉妹に出会った悠斗は、彼女たちの暮らすケットシーの村に招待されることになる。だがしかし、猫耳姉妹との出会いは悠斗の平穏な異世界ライフに大きな波乱をもたらすものであった! 小説家になろう発! 超人気ファンタジー、待望の第2巻!

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです