セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

料理・グルメ電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

料理・グルメ関連タグ

料理・グルメの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

料理・グルメ一覧へ

まっぷる 愛媛 松山・道後温泉 しまなみ海道'17

道後温泉を詳しく紹介!取り外して使える別冊付録に、温泉街の街歩きにぴったりな観光情報とカフェやグルメ・おみやげ情報をぎゅっとつめました。本体の特集では、重要文化財の道後温泉本館をどこよりも詳しく紹介し、人気の旅館やホテル、話題の道後アートイベント情報も掲載です。予約殺到の人気グルメ観光列車「伊予灘ものがたり」や産業遺産「別子銅山」、しまなみ海道のドライブ&サイクリングなど情報満載のガイドブックです。
※一部コンテンツが収録されていない場合があります。
※電子書籍版はプレゼント応募対象外です。

「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊まる」のおすすめ情報をぎっしり収録した、雑誌タイプの旅行ガイドブックです。現地を120%堪能するツウな過ごし方、新しい遊び方など、旅をアクティブに楽しむための情報が満載です。
※電子書籍版には、デジタル付録「まっぷるリンク」は収録していません。

続きを読む

折りたたむ

ひと振りで絶品に!この調味料がすごい

洋の東西を問わず、ひと振りで料理が劇的においしくなる調味料だけを集めました。肉料理/魚料理/サラダ/麺/ごはんなど、ジャンル別に紹介します。知る人ぞ知るレアな調味料も多数掲載。いつもの味とはひと味違うものを、手軽に作るための教科書です。

続きを読む

折りたたむ

ことりっぷ 箱根

【本誌は2017年改訂版です】
これまであまり取り上げられなかったけれど、ほんとうにおすすめしたい町やエリアを、これまでのガイドブックにはない切り口やスポットセレクトで紹介しています。
≪収録エリア≫
箱根湯本、強羅、小涌谷・宮ノ下、大涌谷、箱根旧街道、仙石原、芦ノ湖、小田原
※電子書籍版には大判付録『箱根全体MAP』は収録していません。ほか一部コンテンツが採用されいていない場合があります。


20~30代の働く女性をターゲットに""等身大の旅""を提案した昭文社発行の旅行ガイドブックです。大人の女性におすすめの情報を厳選、表紙は全冊異なる装丁で、女性を中心に絶大な支持を得ている大ヒット商品です。

続きを読む

折りたたむ

おせん(9)

お店のお得意さん、光北電機の大久保さんのお誘いで、沖縄・石垣島にやってきた一升庵(いっしょうあん)ご一行。美しい海と自然、おいしい料理に心はメロメロ、すっかり石垣のトリコ。そんななか、東京の大企業音羽フーズの若社長が新規開拓にやってきた。石垣の味を広めたい地元振興会の平良(たいら)は、一生懸命もてなすが、逆に侮辱されて商談はパァに。お世話になった友人たちの一大事! 地元のよさを最大限にいかしたおもてなし、おせんが存分にお目にかけやしょう!! 女衆の水着姿も拝める、貴重な一冊。

続きを読む

折りたたむ

おせん(9)

きくち正太講談社

ココミル 鎌倉(2017年版)

建長寺や円覚寺、鶴岡八幡宮といった鎌倉の寺社ガイドとその周辺のレストラン&カフェ情報はもちろん、鎌倉の歴史や禅宗文化の成り立ちなど、鎌倉観光に役立つよみものコラムも充実。さらに鎌倉の花ごよみ、江ノ電沿線のおいしいお店、メイドイン鎌倉の逸品など、この一冊を読めば、鎌倉の昔と今が分かります。旅先で何を見ればいいの?何を食べたらいいの?そんな疑問に答えてくれる、ココミル(なに見る?どこ見る?ココミル!)を持って一緒に旅をしませんか?
※この電子書籍は2016年5月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部誌面内容を変更している場合があります

続きを読む

折りたたむ

ココミル 鎌倉(2017年版)

JTBパブリッシングJTBパブリッシング

知っているか?ビール大瓶が633mlなのは何故か?

漫画・うんちく居酒屋

居酒屋で若者たちが「とりあえずビール」と注文すると、隣の席にいたトレンチコートの男が声をかけてきた。
「知っているか? 広島弁で『とりあえず』は、『たちまち』と言う。つまり広島では『たちまちビール』と言うのだ」。
これを皮切りに、男のビール薀蓄が怒涛のように炸裂する…! 
男の名は雲竹雄三(うんちく・ゆうぞう)。日本酒、焼酎、ワイン、お通し、つまみ、店舗、マナー、ことわざ……。
ありとあらゆる「酒のうんちく」を、画面狭しと語り尽くすスーパーうんちく漫画!

続きを読む

折りたたむ

漫画・うんちく居酒屋

室井まさね/メディアファクトリー新書編集部KADOKAWA / メディアファクトリー

ページ先頭へ

本文の終わりです