セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ビジネス電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

ビジネス関連タグ

ビジネスの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

ビジネス一覧へ

週刊東洋経済 2014年5月17日号

【COVER STORY】
誤解だらけの介護職

[図解] 「介護職は3K」では将来の担い手が足りなくなる!!

[Part1]きつい?給料が低い?高離職率?3Kの真実
・介護職の賃金は低いのか。広がる格差の原因は?
・汚い? 結婚できない? いろいろな「K」の真実
・離職率はすでに大幅改善。現場から広がる可能性
・現場からキャリアアップ。介護の仕事をどう極める
・仕事レベルを測る「キャリア段位制度」
・[アンケート] 介護職員635人の生の声

介護現場カイゼン
・辞めない!集まる! 人手不足の克服法
・利用者と職員のために。 ムダをなくして効率化

[Part2]業界に革新の波
・目指せ! 甲子園優勝。変わる現場の士気
・若者たちの間で広がる介護職ネットワーク
・介護保険に縛られない! 利用者目線の新ビジネス
・参入相次ぐ介護ロボット。普及に向けたハードル

[Part3]介護保険の行く先
・徹底図解 2015年度介護保険制度改正のポイント
・[アンケート]ケアマネの7割が「将来に不安を感じる」
・ルポ ケアマネの悲痛な叫び。仕事は増大するばかり
・急増で経営リスク高まる。小規模デイの選択肢
・サ高住急増の陰に潜む介護保険頼りの収益構造

【核心リポート】
・「エリート研究所」の危機・迷走する理研
STAP細胞問題で揺れる「科学者の楽園」は、いったい何につまずいたのだろうか。
 ・吉川弘之(日本学術会議栄誉会員)「生命科学の怠慢だ」
 ・日本の科学政策の根深い問題

・海外販売までも消費税 スマホアプリの受難
・快走続くTモバイル スプリントは独り負け
・米GEvs.独シーメンス 仏アルストム売却の行方
・沈没事故に揺れる韓国 与党は地方選で惨敗も
・規制改革会議が狙う 混合診療解禁の無理筋

【トヨタ復活の真贋 第1回】
営業益2兆円超、未到の1000万台…。リーマンショックや品質問題を乗り越え、強いトヨタが帰ってきた。
・紆余曲折の6年
・トヨタの内なる課題

【カンパニー&ビジネス】
神戸製鋼所
高炉休止で視界開けるか

【連載】
|経済を見る眼|経営の「進歩」と「進化」/三品和広
|この人に聞く|アンディ・ジャシー(アマゾン上級副社長)
|少数異見|オバマ訪日が残したもの
|知の技法 出世の作法|読売新聞「人生案内」に関心が集まる理由/佐藤 優

続きを読む

折りたたむ

週刊東洋経済 2014年5月17日号

週刊東洋経済編集部東洋経済新報社

社長 島耕作(6)

孫鋭率いる出発(チューファー)との合併会社設立を、有利な条件で進めることになった島。しかし、技術流出のおそれから、社内では反対の声が上がる。今や業績では日本の電機業界を完全に上回っている韓国のソムサンもまた、日本の技術獲得に乗り出す。狙いはテコットの優秀な日本人技術者……! 巧妙なヘッドハンティングを展開する韓国企業の攻勢に、抗う術はあるのか。

続きを読む

折りたたむ

週刊ダイヤモンド 17年3月4日号

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なります。ご注意ください。また、連載小説など著作権等の問題で掲載されないページがあります。あらかじめご了承ください。
特集
文系こそ学べ
勝つための絶対スキル
データ分析

Prologue データとAIの力が勝利の条件を変えた!
Part1 求人年収2000万円も当たり前 求む! データに強い人材
Part2 データサイエンス入門
Part3 文系でも怖くない ビジネスで使える統計学
Part4 プログラミング入門
Part5 データとAIが塗り替える産業の未来
Epilogue 囲碁界が示したAIと共存する未来

特集2
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

Close Up 
アカデミー賞候補作品 
「モアナと伝説の海」が受けた宮崎駿監督の影響

続きを読む

折りたたむ

週刊ダイヤモンド 17年3月4日号

ダイヤモンド社ダイヤモンド社

社長 島耕作(11)

「島降ろし」の罠(トラップ)を切り抜けろ!――テコットの三期連続赤字を受けて、大幅なリストラの実行を発表した島耕作(しま・こうさく)。この決断に、次期社長の座を狙い暗躍する旧五洋(ごよう)電機出身の宇津賀(うつが)は激しく反発。旧五洋出身の取締役陣の結束を強めると共に、社内の有力者を抱え込む策に出る。一方、反・島派の情報をも熟知する経済誌記者・高桑(たかくわ)は、依然として島にまとわりついていた。高桑の思惑とは、一体何なのか――?

続きを読む

折りたたむ

PRESIDENT 2016年9月12日号

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

雑誌「プレジデント」は市販で一番売れているビジネス総合誌です。最新のマネジメント手法、ホットな経済情報、今すぐ仕事の役に立つ情報を満載。できるビジネスパーソンは全員読んでいる。毎月第2、第4月曜日発売

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。

続きを読む

折りたたむ

PRESIDENT 2016年9月12日号

PRESIDENT編集部プレジデント社

社長 島耕作 (9)

尖閣諸島魚釣島付近にて、中国籍漁船と海上保安庁の巡視船が衝突した。日中関係が緊迫する中、衆議院議員の加治一明(かじ・かずあき)は、この問題が綿密に仕組まれたものだと考察する。漁船の船長の正体を探るため島(しま)は加治に協力。中国では上海テコット董事長の国分(こくぶん)と総経理の陳(ちん)の手助けもあり、調査は上手くいくかと思われた。しかし突然、島のもとに陳が国家反逆罪で公安に捕まったという報が届く――!!

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです