セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

TOブックス コイン50%還元キャンペーン!

はじめてのお客さまへ

ホラー電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

ホラーのランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

他人事じゃない…身近にある洗脳の恐怖

侵蝕 壊される家族の記録

ニュースで流れる洗脳事件の被害者たち。
何故そんなありえない状況に気がつかず騙されるのかと、
この本を開くまでは不思議に思っていた。

けれど、疑問を抱く間もなく信頼できるのはこの人だけと思わされ、
少しづず洗脳されていく様はもう恐怖としかいいようがない。

「何かがおかしい」そう気がつく人はどれくらいいるだろう。
そして、気がついたときには外堀は埋められ手遅れの状態に…。
心の隙を侵食され、依存せずにはいられなくなる被害者たち。

もし同じ状況に置かれた時、果たして自分は正常な判断を下せるだろうか…。
ほんの少しでも心に隙間、弱いところがあれば被害者になってしまう恐怖の1冊。

続きを読む

折りたたむ

bySS典子  (BOOK☆WALKER スタッフ)

人生の数だけ、ドラマがあり、死がある

死役所 1巻

「死役所」とは死者が訪れ、成仏のために手続きを行う役所のこと。死者は死亡時の状況に応じて、各種申請をしなくてはなりません。
その過程で各人の死を振り返り、ひいてはその死の真相や、その後「この世」でおきた出来事が判明します。
死者たちは、あらためて自身の人生に向き合うのです。

時に真実は残酷であったり、あるいは生前は気づけなかった「愛」があったことを知ったり。
ある人は悔い、ある人は生まれ変わった次の人生に希望を託す。

「役所」だけあって、淡々と中立的に話は進んでいきますが、それが故に読者一人ひとりに、何を感じたか問われているようにも思えます。
実際、読んだ人の感想は様々です。「人生を考えた」という人もいれば、「後味が悪すぎる」という人も。

さて、あなたは何を感じますか?

続きを読む

折りたたむ

byMichi  (BOOK☆WALKER スタッフ)

死役所 1巻

あずみきし新潮社

ホラー関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです