セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ホラー電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

ホラー関連タグ

ホラーの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

ホラー一覧へ

どこから読んでも面白い、大人気青春ホラー! 森司とこよみがとうとう!?

ホーンテッド・キャンパス 水無月のひとしずく

「恋人になってもらえませんか」
片想いのこよみからの突然の告白に、
草食系大学生の森司は思わずフリーズ。
先輩の藍に「恋人のふり!」と言われ、我に返る。
聞けば、こよみのゼミの男子学生がストーカー化しそうだという。
二つ返事で彼氏役を請け負う森司。
一方、オカ研への依頼は禍々しさを増していた。
事故現場の花束の怪、足を這い上る虫の感触、行方不明の中学生。
大学生たちの恐くて愛しい日常を描く人気シリーズ第12弾。

続きを読む

折りたたむ

ホーンテッド・キャンパス 水無月のひとしずく

櫛木理宇/ヤマウチシズKADOKAWA / 角川書店

亜人(4)

不死の新生物・亜人となった高校生・永井圭。その圭を仲間に取り込もうとして失敗した亜人テロリスト・佐藤は、在野の亜人に結集を呼びかけた。招集に応じた亜人たちに佐藤は人類虐殺を提案する。その計画に異を唱えた者は拘束、監禁されたが、ただ一人、亜人の少年・中野攻だけが、離脱に成功した。攻は佐藤の兇行を阻止するために、亜人の仲間を求めて、永井圭との合流を試みる!

続きを読む

折りたたむ

亜人(4)

桜井画門講談社

鬼灯の冷徹 七

主役のドSっぷりについてはもはやここでは申しますまい。桃太郎のお供の中で一番地味な雉のルリオ。二巻以来の登場となる「四谷怪談」の提灯於岩(ちょうちんおいわ)。なにげに登場回数の多いデザイナーのカマーさん。六巻の最後にチラッと出てきた記録課の葉鶏頭(はげいとう)さん。などなど脇の脇までしっかりと輝きを放つ第七巻!

続きを読む

折りたたむ

鬼灯の冷徹 十二

猫好好ちゃん、大繁殖! 十二巻にしてついに100話到達! 100話目の鬼灯はと言うと、閻魔大王の逸話に興味津々。人間で言うところの15歳頃の鬼灯はと言うと、授業サボって呪いの金棒に興味津々。そして仕事柄…いや、半分趣味で残酷な童話に興味津々な鬼灯は「おおかみと7ひきのこやぎ」の山羊達から直接話をきくため西洋の天国へ! ちっちゃい頃から鬼灯とつるんでた友達2人の名前も明らかに!

続きを読む

折りたたむ

「幽落町」の人気キャラクター猫目さん。彼が「猫」だった時、水脈さんとの運命のであいのお話。

幽落町おばけ駄菓子屋 異話 夢四夜

優しかった飼い主が死に保健所に連れて行かれそうになったところを逃げだした、一匹の黒猫。空腹で街をさまようも家の中の飼いネコだった彼にエサも居場所も見つからない。心ない人間たちの投石の的にされ大けがを負い行き倒れるが、優しい声に導かれるように目を覚ましたのは、古びた日本家屋の中だった。そこは、「幽落町」といい彼を助けたのは、水脈と名乗る美しいひとだった。「幽落町」シリーズの人気キャラクター猫目ジローと水脈さんとの出会いを描いた『第一夜 であいのはなし』『第二夜 だれかのために』。浮世で罪を重ね普通の生活には戻れなくなった、元医師の続きは方相氏の忍とともに全国人助けの旅に出た。その旅先で遭遇した恐怖の一夜『第三夜 あつまったもの』。水脈はジローや真夜と誘い合わせ“ある人”に会うため「華舞鬼町」にやってくるが、持参したお土産をカワウソの子どもにあげてしまう。そこに声をかけてきたのは、新聞記者だという怪しい男だった『第四夜 かぶきちょうへ』。[小説屋Sari-sari]で連載された、待望の短編集!

続きを読む

折りたたむ

Murcielago, Vol. 2

A rich old man has transformed his mansion into a twisted and deadly fun house. His goal: to make a sport of slaughtering Japan's criminal population! Can Kuroko Koumori, psychotic murderer-turned-hired gun for the police, manage to escape? Or will she be taken out by the most perilous of foes--a personal maid with a penchant for dismemberment?

続きを読む

折りたたむ

Murcielago, Vol. 2

YoshimurakanaYen Press

ページ先頭へ

本文の終わりです