セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

新人賞関連タグ

新人賞の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

新人賞一覧へ

「生徒会の一存」の葵せきなデビュー作! 美少女幽霊とのファンタジック・ゴースト・ストーリー!

マテリアルゴースト

「起きてよケイ!もう朝だって!」可愛らしい元気な声で、式見蛍の一日がまた始まる。枕元で彼を揺り起こすのは、超絶美少女。甘~い同棲生活――かと思いきや、同居人の正体は浮遊霊だった!?一見フツーの高校生・式見蛍は交通事故を機に「自分から半径2m範囲内の霊を実体化する」という特殊能力を得る。その結果、記憶喪失の幽霊娘・ユウに「憑きまとわれ」ることに。普段はフワフワ浮遊している彼女も、蛍の側では体温&感触のある普通の女の子で――。容姿端麗だけど横暴な先輩・真儀瑠紗鳥やクラスメイトの巫女娘・神無鈴音らに囲まれて、蛍の賑やかな日常生活が幕を開ける。第17回ファンタジア長編小説大賞佳作。ファンタジック・ゴースト・ストーリー!

続きを読む

折りたたむ

マテリアルゴースト

葵せきな/てぃんくるKADOKAWA / 富士見書房

ニーナとうさぎと魔法の戦車

戦災によって放浪の身となった少女・ニーナ。ある日、彼女は結婚式会場から食事をくすねようとしているところを見つかってしまう。警察に突き出されることを覚悟したニーナだったが、魔動戦車とともに現れた少女たちによって赦される。彼女たちこそ、戦争が生んだ災厄・野良戦車から街を守る私立戦車隊…通称・首なしラビッツのメンバーだった。そこに野良戦車の襲撃を知らせるサイレンが鳴る。かつて戦車に乗っていたニーナ。そして砲手がいないラビッツ。ラビッツの戦車長・ドロシーはメンバーたちに向かって言い放った。「たった今、新しい砲手が見つかった!」第9回SD小説新人賞大賞受賞作、堂々登場!!

続きを読む

折りたたむ

そして“君のもとへ続く詠”が世界に響く召喚ファンタジー、クライマックス

黄昏色の詠使いX 夜明け色の詠使い

“キミが来てくれるのを信じてる”--そう告げて消滅したクルーエル。彼女を救うためセラの塔へ挑むネイトを待っていたのは、“名詠式が存在する世界そのもの”だった--。詠う召喚ファンタジー、クライマックス!

続きを読む

折りたたむ

黄昏色の詠使いX 夜明け色の詠使い

細音啓/竹岡美穂KADOKAWA / 富士見書房

それでも私は信じています。 正しい答えは必ずあると――

ウィザーズ・ブレインVI 再会の天地<中>

《マザー・システム》の是非を問う公開討論会に出席するアニルは、錬に自分の警護を依頼する。 アニルの人間性に触れるうち、練はアニルが《マザー・システム》を推進しようとする事に疑問を持ち始める。 そして討論会の当日、シティ中枢に潜入した真昼は、錬と月夜と再会するが……!?

続きを読む

折りたたむ

ウィザーズ・ブレインVI 再会の天地<中>

三枝零一/純珪一KADOKAWA / アスキー・メディアワークス

もう少しだから、待っててね、アリス。

ウィザーズ・ブレインVII 天の回廊<下>

北極上空の大気制御衛星内に転送されてしまった錬たちは、アルフレッド・ウィッテンの遺した日記を発見する。そこには魔法士誕生の秘密と、ウィッテンの苦悩が綴られていた。 ――天樹健三、エリザベート・ザイン、ウィッテンの三人が発表した情報制御理論、そしてその成果である魔法士は、世界の軍事バランスに大きな衝撃を与えてしまう。三人は「自然発生した最初の魔法士」アリスを守るため、大気制御衛星内に彼女をかくまうが――。 過去と現在を繋ぐエピソード7、いよいよ完結!

続きを読む

折りたたむ

ウィザーズ・ブレインVII 天の回廊<下>

三枝零一/純珪一KADOKAWA / アスキー・メディアワークス

三枝零一が贈る近未来アクションノベル! 第7回電撃ゲーム小説大賞<銀賞>受賞作品!

ウィザーズ・ブレイン

大気制御プラントの暴走と戦争により、人類は滅亡の危機に瀕していた。存在の『情報』を書き換えることで、物理法則すら操る《魔法士》の少年、天樹錬は、世界にただ七つ残された閉鎖型都市《シティ》のひとつ、神戸シティに輸送される実験サンプルの奪取の依頼を受けるが、同じく魔法士の《騎士》黒沢祐一に阻まれ、フィアという少女だけを連れ帰る。それぞれに守りたい人々のため、ぶつかり合う錬と祐一。しかしフィアには、《シティ》に関する、重大な秘密が隠されていた……。

続きを読む

折りたたむ

ウィザーズ・ブレイン

三枝零一/純珪一KADOKAWA / アスキー・メディアワークス

ページ先頭へ

本文の終わりです