セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

実用書電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

実用書のランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

都心から電車で行ける奥多摩の酒蔵を中心に周辺のハイキングスポットも紹介!

東京デート 酒蔵見学 ハイキング

電車で行ける山登りといえば、都内近郊だとミシュランをとって以来、高尾山が有名ですが個人的には奥多摩の「御岳山」がおすすめです。

高尾山はミシュランのせいもあり混んでいる時が多く、自然を楽しむにしては人が多いぞっ!て感じなんですが、同じように電車ですぐ登山道にいけて、かつケーブルカーもある御岳も高尾山ぐらい軽めのハイキングがいいなと思っている方にはおすすめの山登りスポットです。
なお途中のロックガーデンとよばれるエリアは一見の価値ありありです。

本書はその御岳の近くにある酒蔵を中心に周辺のハイキングスポットを日本語と英語の両方で書かれているものです。外国からお友達が来た場合に非常に使える1冊ではないかと。サケ+ハイキングって鉄板な気もしますので。

(ちなみに、余談ですが、私こちらの酒蔵で利き酒をしすぎて、その後、よせばいいのに渓谷を歩いた際、酔っ払って川に落ちてびしょぬれになりました。)

私からは以上です。

続きを読む

折りたたむ

byお花某  (BOOK☆WALKER スタッフ)

東京デート 酒蔵見学 ハイキング

Hiroshi Satake/佐竹 浩著者センター

リアリズムと悪の教科書、ニッコロ・マキャヴェッリの君主論をモータンが解説ッ

#君主論

ん?モータンて誰だろ?と帯に目をこらしてみたら「曹操孟徳☆50歳」と記載されており気付いたらカートにいれていました。

いやだって、モータン、曹操が50歳の時って、官渡の戦い終わって袁紹倒した後だし、なんなら袁譚も滅ぼしてノリノリの頃なのにこんな可愛くなっ…うっ…

はい。

ちなみに著者のkawausoさんとモータンがマキャヴェッリを訪ねて(というか若干急襲?)会話していくスタイルでお話が進んでいきます。

疑問点などをkawausoさんとモータンがマキャヴェッリに聞き、答えてくれるので非常に分かりやすく、読んだ後は、

「あれ私もひょっとして君主になれんじゃね?」
と思うほどでした。(絶対なれませんが)

続きを読む

折りたたむ

byじゃんけん  (BOOK☆WALKER スタッフ)

#君主論

kawauso/プンち/桃園出版 三国舎著者センター

実用書関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです