セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ピックアップ

架空戦記一覧へ

沈黙の艦隊(24)

「やまと」と英原潜「タービュレント」との交信をプロローグに開始された全世界同時生中継。続いてACNボブ・マッケイが行ったロング・インタビューの中で、艦長・海江田は世界政府への道となる巨大な構想“超国家原潜艦隊=沈黙の艦隊(サイレント・サービス”計画を明らかにした。放送が終了すると、世界には異様なる興奮が巻き起こることに――。

続きを読む

折りたたむ

沈黙の艦隊(24)

かわぐちかいじ講談社

沈黙の艦隊(11)

独立国家となった原子力潜水艦「やまと」の補給・点検のため日本が開発した移動浮きドック「サザンクロス」は、懸命に「やまと」との接触を試みる。危険を顧みずに入渠(にゅうきょ)した「やまと」であったが、米原子力潜水艦にドックごと攻撃を受けてしまう。炎上する「サザンクロス」、ともに沈む「やまと」。しかし、奇跡の操鑑により「やまと」は脱出を試みる!

続きを読む

折りたたむ

沈黙の艦隊(11)

かわぐちかいじ講談社

皇国の守護者3 - 灰になっても

北領での武勲で少佐に昇進した新城は、皇主に奏上する栄誉と引き替えに、近衛とは名ばかりの弱兵部隊へ転属となった。練兵の間もなく帝国軍の龍洲上陸作戦が発動。湾を埋め尽くす大陸上部隊を、興廃を賭して皇国軍主力が迎え撃つ。訓練不足の近衛鉄虎兵を率い、新城は波打ち際の最前線に血路を拓くが!?C★NOVELS版を改稿した大河戦記第三弾。

続きを読む

折りたたむ

夢幻の軍艦 大和(5)

日米艦隊決戦は引き分け。山本五十六(やまもと・いそろく)は、日本有利な今こそ米国と講和に乗り出すべきと考える。一方、現代へと戻ったクルスは早期講和が実現した歴史を歩んだ日本の姿を見る。それは、北海道がすべてソビエト領となっている21世紀であった!

続きを読む

折りたたむ

沈黙の艦隊(13)

米大統領ベネットは、北極海へ進入した「やまと」に対し、その撃沈作戦“オペレーション・オーロラ”を発動した。北極海に展開する戦略原子力潜水艦の引き揚げを敢行し、その一方で米海軍の切り札、最新鋭攻撃型の原子力潜水艦「シーウルフ」を北極海に派遣するというのだ!冠氷下を舞台に死闘が今、始まろうとしていた。最大速力70ノットの原潜は存在するのか!?冠氷下1000m、原潜対原潜の決死の闘いの火蓋が切られる!

続きを読む

折りたたむ

沈黙の艦隊(13)

かわぐちかいじ講談社

島嶼防衛 皇国の守護者外伝

皇海にぽつりと浮かぶ孤島に三隻の帝国水軍一等戦列艦が接近。時を同じくして、長閑な島で帝国からの移住者たちが武装蜂起した! 島流し同然に防備隊司令として赴任していたリタイア間近の皇国水軍大尉は、開発途上の民間〈熱水機〉搭載船を徴用し、島人たちと共に、島を守るための戦いを始めるが……!? 幼き新城直衛が初めての航海で僅かに触れた水軍の戦闘を描く外伝。中公文庫『皇国の守護者5』所収。 87ページ

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです