セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

BOOK☆WALKER6周年記念 ありが10+1days

はじめてのお客さまへ

架空戦記の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

架空戦記一覧へ

夢幻の軍艦 大和(9)

マッカーサー率いる米軍の快進撃をよそに戦力の温存を計った帝国海軍は、五十六の立てた「Z作戦計画」で、米国の裏をかく!! そして、運命のマリアナ沖海戦が始まる!

続きを読む

折りたたむ

夢幻の軍艦 大和(1)

戦争を知らない現代の若者・上原(うえはら)クルスは、「奇妙な声」に呼ばれ意識を失う。目覚めた時、クルスはなんと太平洋戦争直前の戦艦「大和(やまと)」の甲板にいた! クルスは現代の情報を駆使し、クルスと唯一会話が出来る一等水兵・海馬(かいば)を使って、太平洋戦争に勝利するため動き出す!

続きを読む

折りたたむ

夢幻の軍艦 大和(14)

戦艦大和は無事沖縄へとたどり着いた。米軍は原子爆弾を大和と連合艦隊に向け使用することを決める。いよいよ原子爆弾が投下されようとした時、連合艦隊の前に邪悪な神・旧支配者ヨグ=ソトースが出現する。戦艦大和、クルス、海馬の運命は? 『夢幻の軍艦 大和』、ついに完結!

続きを読む

折りたたむ

夢幻の軍艦 大和(5)

日米艦隊決戦は引き分け。山本五十六(やまもと・いそろく)は、日本有利な今こそ米国と講和に乗り出すべきと考える。一方、現代へと戻ったクルスは早期講和が実現した歴史を歩んだ日本の姿を見る。それは、北海道がすべてソビエト領となっている21世紀であった!

続きを読む

折りたたむ

夢幻の軍艦 大和(2)

山本五十六(やまもと・いそろく)の従兵となった海馬(かいば)を介し情報を伝えるクルス。海馬の話を信じ、賭けに出ることを考える山本五十六。日本人の夢、逆転ミッドウェー海戦なるか!

続きを読む

折りたたむ

夢幻の軍艦 大和(6)

ルーズベルトとの直接交渉に臨むため、「大和(やまと)」は大日本帝国側講和使節団を乗せ、単艦アメリカを目指す。だが帝国海軍の動きを帝国陸軍が気付いてしまい、そして……!

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです