セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ピックアップ

架空戦記一覧へ

ジパング(11)

再会、衝撃の告白。そして静寂のクライマックス――。舞台は大空襲のベルリンの夜、「グラーフ・ツェッペリン」号謁見(えっけん)を経て、孤高の別荘「ケールシュタインハウス」へ……。総統(ヒトラー)は暗殺者・津田に微笑みかけ、草加(くさか)は吹雪(ふぶき)の中で津田を待つ。そして草加の腹蔵する“もう一つの訪欧目的”が、明らかになる……! 本編のほか、外伝「フレンドシップ」を同時収録!

続きを読む

折りたたむ

ジパング(11)

かわぐちかいじ講談社

皇国の守護者4 壙穴の城塞

絶望的な戦況の中、新城直衛がついに一軍の指揮権を握った! 大地を覆う精兵を率いる美しき天才作戦家ユーリア姫と死守命令を下された新城。未完の城塞、六芒郭で決戦の時を迎える!

続きを読む

折りたたむ

皇国の守護者外伝 観光資源

皇国北領小苗市――過疎化と高齢化に悩む一地方都市の観光課に、観光振興策の立案が命じられた。名所も名物もなく、あるものといえば、北領戦役での激戦地・小苗橋と、前市長の置きみやげの剣牙虎牧場がせいぜい。開き直った若手職員の発案により、「歴史研究祭」なるイベントが開催されるが……。〈皇国の守護者〉本篇の150年余り未来を描く外伝短篇。中公文庫『皇国の守護者1』所収。

続きを読む

折りたたむ

戦国覇王伝6 東海道の荒武者

乱世の再来は、公家達の間にも嵐を巻き起こした。京洛では、徳川方につくか豊臣方につくか、百鬼夜行さながらの密談が繰り広げられる。右大臣就任の御礼言上という名目で馬揃えを行い、軍事示威行動をとる豊臣秀頼。天下への野望を剥き出しにした徳川家康は、東海道における上方の防衛拠点である清洲城攻略に取りかかった。後詰めに向かおうとする秀頼であるが、家康派公家たちの圧力により、弓矢停止の詔勅が出され、援軍を断念せざるを得なくなる。窮地に立たされた清洲城主・福島正則の命運は?

続きを読む

折りたたむ

島嶼防衛 皇国の守護者外伝

皇海にぽつりと浮かぶ孤島に三隻の帝国水軍一等戦列艦が接近。時を同じくして、長閑な島で帝国からの移住者たちが武装蜂起した! 島流し同然に防備隊司令として赴任していたリタイア間近の皇国水軍大尉は、開発途上の民間〈熱水機〉搭載船を徴用し、島人たちと共に、島を守るための戦いを始めるが……!? 幼き新城直衛が初めての航海で僅かに触れた水軍の戦闘を描く外伝。中公文庫『皇国の守護者5』所収。 87ページ

続きを読む

折りたたむ

原子力空母「信濃」 ラストフライト

〈タリホー〉──今も昔も視力はファイター・パイロットの命だ。レーダーがどんなに進化しても、欺瞞の方法もまた発達するからだ。大空では先に相手を発見し、先手をとった方に勝機がある。原子力空母「信濃」の搭載機F-4EJファントム改──不足する推力(パワー)を技量で補い、じゃじゃ馬と呼ばれる扱いにくい機体を思うままに操って、最新鋭機を出し抜くために、ファントム・ライダーは今日も虚空を睨む。意地と誇りを賭して蒼穹を翔け昇る信濃航空団所属の無頼なパイロットたちの列伝!

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです