セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

官能小説の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

官能小説一覧へ

見立て屋双見艶仕事(2) 味わい町娘

「仙貴末」なる媚薬を手に入れた双見は、その驚くべき効果を知り…

「よろず見立て屋」を生業とする双見は、女湯で娘二人の乱闘の仲裁をしたり、夫に相手にされず悶々とする髪結い女房・志乃の相手をしたりと今日も様々な見立てを授けていた。ある日双見は呉服屋「吉祥屋」の主人・為次郎の体調がいっこうに良くならないと相談を受ける。未通娘の佐知、看板娘の八重と情交するうち、「仙貴末」なる媚薬を手に入れた双見は、その驚くべき効果を知り…。

●北山悦史(きたやま・えつし)
1945年、北海道生まれ。山形大学文理学部中退。学習塾運営のかたわら小説を書き、1977年、官能作家デビュー。「官能小説大賞」「日本文芸家クラブ大賞」「報知新聞社賞」を受賞。独特のソフトな文体と描写で人気を博す。気功家としての顔も持ち、各地で気功教室を開いている。『占い師天峰 悦び癒し』(二見文庫)、『絵草子屋勘次随喜竿』(悦の森文庫)、『金四郎桃色秘帖 桜吹雪の女』(学研M文庫)など著書多数。

続きを読む

折りたたむ

欲望の仕掛人

不良債権の土地を最先端ラブホテルに再生せよ。特命を受けた鶴丸課長は調査と称して淑女、才女、美少女、処女、人妻を様々なホテルに誘い込む。男女の愛欲を燃えたぎらせる秘密の仕掛けとは何か? プロジェクト成功のため次々と美女たちを絶頂に導き、肉欲とビジネスの一石二鳥を果たす男の“性技”の奮闘!

続きを読む

折りたたむ

OL性獣に会う

ごく普通のOLが遭遇した「こだわりの性癖」を持つ男たち、その体験レポート

 オフィスではこんなに清楚な風を装っているけれど、一歩会社を出れば淫らな女になってしまう。さて今日はどの男を誘おうか……。そんな経験豊富なOLが出会った、とんでもない男たちの性癖。新感覚の告白型ノンフィクション、電子オリジナルで登場です。

Ⅰ OLを悶えさせた男たちの性癖
 1 出会い頭の勃起
 2 鑑賞する男
 3 彼はアメンボ男
 4 セックス・アドベンチャー
 5 初デートで後ろから
 6 露出するのがお好き
 7 コスチュームでプレイ
Ⅱ 実はアタシにも性癖はあるんです
 1 むき出しでごめんなさい
 2 欲情するのはなぜか……
 3 縛って欲しいの
 4 ついついフェラの癖が
 5 他人のモノしか愛せない

●古河潮(こが・うしお)
ノンフィクションライター、女性の愛と性研究家。話を聞かせてくれるという女性がいるとなればどこにでも飛んでいき、全国津々浦々、彼女たちを訪ねて歩きまわる。これまで500人以上の女性たちを取材し、雑誌・WEBなどで活躍中。

続きを読む

折りたたむ

OL性獣に会う

古河潮アドレナライズ

見立て屋双見艶仕事(1) 天女法悦

神々しき美女である教祖天蓮から次々に繰り出される歓喜

 旗本の次男、大羽双次郎には持って生まれた能力があった。予知、予見、読心、病当て、占い。双見と名乗って生業としたのが「よろず見立て屋」だ。近頃、町では金蓮教に入信する娘が多い。教祖は天蓮、神々しき美女。巧みに人を操り、浄財を集めている。なにより入信の秘儀が人を離さない。次々に繰り出される、歓喜、快楽の彼岸へ誘う性戯の数々は双見も虜にし、やがて…。

●北山悦史(きたやま・えつし)
1945年、北海道生まれ。山形大学文理学部中退。学習塾運営のかたわら小説を書き、1977年、官能作家デビュー。「官能小説大賞」「日本文芸家クラブ大賞」「報知新聞社賞」を受賞。独特のソフトな文体と描写で人気を博す。気功家としての顔も持ち、各地で気功教室を開いている。『占い師天峰 悦び癒し』(二見文庫)、『絵草子屋勘次随喜竿』(悦の森文庫)、『金四郎桃色秘帖 桜吹雪の女』(学研M文庫)など著書多数。

続きを読む

折りたたむ

「あの旧校舎に死んじゃった教授たちが出るっていうのは、本当みたい」「その教授たちって、すごいテクニシャンらしいのよ」。旧校舎を訪れた女子大生・アリサを襲ったのは……

旧校舎の住人 ~淫らにイカせて~

冷たい床の感触にも慣れ始めた頃、准教授の指が私の身体の一番敏感な部分を何度も刺激した――アリサの通う女子大には、亡くなった教授たちが住み着いているという噂の旧校舎がある。好奇心の誘惑に抗えず訪れたアリサは、准教授と院生に責められ、今までにない快感の波にのまれることに。幽霊とのセックスにハマっていくアリサだったが、一つだけ不思議なことがある。それは、教授はいつもただじっと見ているだけだということ……。

続きを読む

折りたたむ

旧校舎の住人 ~淫らにイカせて~

野々原いちごKADOKAWA / メディアファクトリー

ページ先頭へ

本文の終わりです