セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ピックアップ

官能小説一覧へ

幽霊が童貞ボーイに恋の手ほどき!?青春官能ファンタジー第一弾!

ずっと、触ってほしかった

奥手な純の恋の手ほどきをするのは、死んだばかりの幼馴染みの凪。幽霊に助けてもらった純は無事に童貞を卒業できるのか?笑えてエッチでちょっぴり切ないニュータイプの青春官能ファンタジー。特別附録として、1月25日刊行予定の“青春官能ファンタジー”シリーズ第二弾『罪つくりなからだ』の冒頭部分を収録!

続きを読む

折りたたむ

ずっと、触ってほしかった

庵乃音人KADOKAWA / 角川書店

甘い媚薬~あなたの愛で溺れたい~

仕事も恋も順調なはずなのに“何かが足りない”。そんな私に突き付けられた彼氏の別れの言葉。一人残されたホテルの部屋。帰りたいけど……財布がない! 親友に助けを求めたら、なぜかやってきたのは同僚の男で……!

続きを読む

折りたたむ

女家庭教師 秘密の個人レッスン

夢の快感授業! 二人の美人教師と同級生の美少女

 春日天馬は高校受験を控えた十四歳。プロの派遣家庭教師、二十七歳、美貌の美々花先生に週二回、個人授業を受けていた。多感な中学三年生は、二人だけの密室で、今日もいけない想像をしてしまう。むっちり盛り上がった乳房、短めのスカートからのぞく白く輝く艶めかしい腿…。美少年の股間はとたんに脈を打つ。そして、美々花先生は悪戯が大好きだったのだ。勉強の合間に、夜の公園で、自宅のマンションで、吐息が、指が、唇が、容赦なく天馬を責め上げる。澄麗先生や、教え子の彩菜まで加わって施される愛テクは、ついに美少年に終わりの無い痙攣を…。

●北山悦史(きたやま・えつし)
1945年、北海道生まれ。山形大学文理学部中退。学習塾運営のかたわら小説を書き、1977年、官能作家デビュー。「官能小説大賞」「日本文芸家クラブ大賞」「報知新聞社賞」を受賞。独特のソフトな文体と描写で人気を博す。気功家としての顔も持ち、各地で気功教室を開いている。『占い師天峰 悦び癒し』(二見文庫)、『絵草子屋勘次随喜竿』(悦の森文庫)、『金四郎桃色秘帖 桜吹雪の女』(学研M文庫)など著書多数。

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです