セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

官能小説電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

官能小説関連タグ

官能小説の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

官能小説一覧へ

旦那様は魔法使い

アニエスは、自然豊かな美しい島でパン屋を営んでいる。そんな彼女の旦那様は、なんと魔法使い! 優しくて頼りがいのある彼だけど、淫らな魔法で彼女を翻弄することも……。甘い悪戯にちょっぴり困りつつ、アニエスは幸せいっぱいの日々を送っていた。そんなある日、島にやってきた新しい領主様。彼はアニエスに一目惚れし、我がものにしようと罠をしかけてきて――!? 新婚夫婦のいちゃラブマジカルファンタジー!

続きを読む

折りたたむ

旦那様は魔法使い

なかゆんきなこ/泉ミてーぬアルファポリス

魔性の女に狂う夜

悪い女

魔性の女に狂う夜、最高で最低な女が求める、究極の愛。仕事も家庭も放りだし、狂気と情熱を追い求める男しか愛せない――。あどけない顔でメイクも薄く、背も小さい。垢抜けない紺のスーツに白いブラウスという恰好。そんなおとなしい24歳の派遣社員・佐代子は、夜になると「セックスは最高だが、性格は最低な女」に豹変し、炎のように燃えあがる。3人の男と付き合っていた女は、やがて不穏な影に怯え、トラブルに巻き込まれる……。究極の愛、完璧なセックスとは!?

続きを読む

折りたたむ

悪い女

草凪優実業之日本社

愛されすぎて困ってます!?

フォルカナ王国の王女ながら、後ろ盾のないセシリアは異母妹に侍女としてこき使われる日々を送っていた。虐げられ続けて、すっかり人生を達観してしまったセシリアに、ある日とんでもない転機がおとずれる。なんと大国アルグレードの王太子が、衆人環視の中セシリアに求婚してきたのだ。おまけに、王太子は誰もが見惚れるとびきりの美男子。こんな夢みたいな現実が、我が身に起こるはずがない! そう結論づけ、早々に逃げを打つセシリアだが、王太子の淫らなキスと愛撫に甘く絡め取られてしまって!? 抗えない快感に、身も心も陥落寸前――。どん底プリンセスの溺愛シンデレラ・ロマンス!

続きを読む

折りたたむ

愛されすぎて困ってます!?

佐倉紫/瀧順子アルファポリス

レディス・ハウス 淫らに戯れる秘密の××ルーム

【水無月はな(ミナヅキハナ)】女性同士の甘く官能的な戯れを描くガールズラブ小説作家。デビュー作は『レディスハウス淫らに戯れる秘密の××ルーム(オリオンブックス)』。独身、看護師、31歳の美和は高校の同窓会で「犬を飼うために家を建てる」と宣言する。まわりにいた既婚者の友人たちは大反発。そんな中、唯一賛同してくれたのは女だてらに建築士をしている水希ちゃん。見積もりだけでも、と言われて彼女の設計事務所を訪ねると、共同出資して一緒に住む家を建てようと持ちかけられた!水希は設計事務所を兼ねた住居を建てたいようだけれど、彼女の目的は実はそれだけではなくて……!?新居には美和には知らされないトンデモナイ隠し部屋があった!甘々×拘束×濃蜜な官能ラブストーリー。

続きを読む

折りたたむ

レディス・ハウス 淫らに戯れる秘密の××ルーム

水無月はな/よよなか庵オリオンブックス

マイフェアレディも楽じゃない

唯一の肉親である祖父の遺言により、いきなり由緒ある伯爵家の跡継ぎに指名された庶民育ちのジェシカ。祖父の願いを叶える決意を固めるも、現実はそう甘くない。なんと、三ケ月以内に誰もが認めるレディとなり、国王陛下に跡継ぎとして認められることが必要で!? 虎視眈々と伯爵家の利権を狙う親族たちを黙らせるべく、とある騎士から淑女教育を受けることになるけれど――彼のレッスンは騎士団仕込みで超スパルタ! しかも、夜は甘く淫らなスキンシップを仕掛けてきて……。男女のアレコレも、立派なレディに必要不可欠!? 強引な騎士とにわか令嬢のドキドキロマンチックラブ!

続きを読む

折りたたむ

マイフェアレディも楽じゃない

佐倉紫/北沢きょうアルファポリス

星灯りの魔術師と猫かぶり女王

魔法の国ロクサリスの女王アナスタシア。誰よりも強い魔力を持つ彼女は、ロクサリス特有の婚姻制度により複数の愛人を持つことを推奨されている。けれどアナスタシアは、大の男嫌い! 身体に触れられるだけで吐き気がするくらいなのに、毎日言い寄ってくる男たちには、もううんざり。そこで、男よけのため偽の愛人をつくることに決め、野心のなさそうな魔術師ライナーに白羽の矢を立てたのだが……。とある失敗から、彼にぐいぐい迫られる羽目に!? そのうえなぜか、触れられるのが気持ち良いと感じてしまう。彼の優しい手は、アナスタシアを快楽の渦に追い詰めて――

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです