セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

官能小説の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

官能小説一覧へ

なるべく脱がずにエッチします! 着衣フェチに送る制服悦楽図鑑の第四弾。今回はOL!

OL奈央子の受難(制服悦楽図鑑)

あらすじ:奈央子の受難と快楽の一日が始まる。最初は出勤する電車の中と駅のトイレで、私服で少年と…。次は、セクハラ上司と事務服で会議室と非常階段で…。そして最後には社長に呼び出されて秘書のスーツで…。(原稿用紙約107枚・文字数約34,000字)

続きを読む

折りたたむ

昼下がりの人妻喫茶

寒さ厳しい北の大地。ぽつんと存在する喫茶店で珈琲の香りに包まれながら美しき女店主や常連客たちに癒される――。いまもっとも注目を集める作家が描く、ほっこり癒し系官能の傑作! 東京の乳業メーカーに勤務していたが、とある事情で寒さ厳しい北海道の田舎町にとばされてしまった青年・勇太。事実上の左遷を受け、失意のまま慣れない雪道を歩き転んでしまった彼を助けてくれたのは、喫茶店の美しき女性店主だった。彼女が切り盛りする店は、古めかしくも温かみがあり、そこに集まる常連客たちの人柄も魅力的だ。いつしか、優しく美しい店主・留華に熱い恋心を抱くようになった勇太だったが、常連客であるクールビューティーな人妻や、傷ついて喫茶店に辿り着いた元ソープ嬢と関係を持つ。しだいに留華との距離も縮めていき、彼女が抱える哀しい秘密を知ることとなる。あらゆる選択を迫られたとき、勇太が選ぶ道とは――? 人情味あふれる田舎町を舞台に描かれる胸と体が熱くなる、ほっこり癒し系官能。

続きを読む

折りたたむ

昼下がりの人妻喫茶

葉月奏太実業之日本社

愛妻日記

「匿名で官能小説を」という「小説現代」編集部の注文を承けて、表題作を書いた。最初は一度かぎりの企画物のつもりだったが、ハマった。2作目以降は、志願して短編を書き継いでいった。全6編。いずれも、夫婦の物語。官能小説。妻に対する夫のゆがんだ――でも、だからこそまっとうでありうるはずの情欲を描いた。小説の書き手として、これらの物語を僕は欲していたのだろう。今後も夫婦や家族の物語を書きつづけたいから、性から逃げたくなかった、のかもしれない。(重松清)

続きを読む

折りたたむ

愛妻日記

重松清講談社

淫蕩師 呪歌淫形篇

古武道の師であり、破(や)れ寺の住職でもある古老を訪ねて山形へきた森民樹は、そこにオカルト・シティとでも呼ぶべき異様な光景を見た。墓場から蘇った屍淫女、人豚変化の大肥醜女の逆襲……息づまる鬼女たちとの果てしない魔戦。“大天の相”を持つ森が、妖淫女たちのセックスパワーを迎え撃つ!

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです