セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

雑学電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

雑学関連タグ

雑学の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

雑学一覧へ

商売繁盛を願ってつけた意外な苗字とは? 齋藤さん・斉藤さん・斎藤さんの違いとは?故郷のビックリ苗字を完全網羅。

日本の苗字

日本人なら誰でも持っている苗字。その数はおよそ30万以上ともいわれ、今も増え続けています。本書では、佐藤・鈴木・高橋など超メジャーなものから、読み方すらわからない「これも苗字!?」なものまで、難読・珍姓・最多苗字を都道府県ごとに集めました。そこからは、住む土地への愛着、家族の幸せを願う気持ち、一族の歴史を大切に思う気持ち……苗字ひとつひとつに込められた、人々の思いを見ることができます。まずは、あなたの故郷のページから開いてください。きっと楽しい発見がありますよ。

続きを読む

折りたたむ

日本の苗字

『歴史読本』編集部KADOKAWA / 中経出版

きのこ図鑑 : フィールドブック福井の里山・奥山

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。福井県内で採取できるきのこを1冊に収めた「きのこ図鑑 : フィールドブック福井の里山・奥山」。223種類のきのこをカラー写真付きで掲載している。もともと携帯できるようにとコンパクトサイズにまとめたもので、きのこについての情報が凝縮されている。きのこの色で分類し、1種類ずつ採取できる季節、群生する場所、特徴などを解説。「食」「不食」「毒」「不明」が明記されている。基礎知識として、きのこの各部分の名称や用語、生態系、きのこ狩りのマナーを紹介。料理方法や観察の仕方なども分かりやすくまとめている。福井きのこアドバイザー会(笠原英夫代表)が編集し、元日本菌学会会長の本郷次雄・滋賀大名誉教授が監修した。

続きを読む

折りたたむ

きのこ図鑑 : フィールドブック福井の里山・奥山

本郷次雄/福井きのこアドバイザー会福井新聞社

廃道探索 山さ行がねが

廃道サイト『山さ行がねが』が本になった! 「廃道」とは、使われなくなった道路のこと。ここでは、明治以降に造られた、車両が通るための道を「廃道」という。一見、道路はいつまでもそこにあるように思えるが、時代とともに新しい道に切り替わっていく。それは、増大する交通量に対応するためだったり、その道路の本来の用途がなくなったときだったり。本書では、そうした廃道を、自転車で、あるいは徒歩で、走り(歩き)通す。ベースとなったサイト『山さ行がねが』は、廃道に限らず、廃線、トンネルや橋梁などの土木構造物、地域の歴史などを検索すると、しょっちゅうトップにヒットするWEBサイト。膨大な調査と考察、資料性の高さは、随一のもの。それゆえにWEBサイトに掲載された廃道レポートは一つの道路で優に文庫1冊分の分量があり、書籍化が難しいと考えられていたが、今回、WEBサイトのテイストや見せ方は大切にしつつ、大胆に再構成して八つの廃道を収録。明治時代にある人物の執念でトンネルを掘ったが志半ばで放棄された道、過疎化で集落が消滅した後で道も消滅しかけた林道、夢想ともいえる計画を実行に移すも儚く潰えた未成道路…。地図、写真を駆使した新たな「廃道紀行文」、ここに誕生!

続きを読む

折りたたむ

1泊10万円でも泊まりたい ラグジュアリーホテル 至高の非日常

パーク ハイアット 東京、東京ディズニーランドホテル、セント レジス ホテル 大阪、シャングリ・ラ ホテル 東京、ウェスティンホテル東京、東京ステーションホテル、マンダリン オリエンタル 東京、星のや 軽井沢、帝国ホテル 東京。打ち合わせや会食、休日のランチやアフタヌーンティに訪れたことのあるかもしれない、ラグジュアリーホテル。しかし、宿泊の経験はあるだろうか?一度は泊まってみたいと憧れる、その最高の滞在のリアルとは?そして、それはいかにして実現するのか?なぜ、あのホテルの名の響きだけでブランド価値を感じてしまうのか?ラグジュアリーホテルが積み重ねてきた、それぞれの個性的な“至高”に迫る。【主な内容】【パーク ハイアット 東京】【東京ディズニーランドホテル】【セント レジス ホテル 大阪】【シャングリ・ラ ホテル 東京】【ウェスティンホテル東京】【東京ステーションホテル】【マンダリン オリエンタル 東京】【星のや 軽井沢】【帝国ホテル 東京】

続きを読む

折りたたむ

身のまわりの「便利なモノ」にはすべて、「便利さの理由」があります。でも、私たちはそれをよく知らないまま、日々生活していることがほとんどではないでしょうか。本書は、家電からハイテク機器、身近な家庭用品まで、私たちが日頃よく使うモノに関する素朴な疑問を図解で解説。「モノ=科学技術の結晶」たる所以がこれでわかります!

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

第1章 街で見かけるモノの技術/第2章 外出先で触れるモノの技術/第3章 身近にあるモノの技術/第4章 生活で使うモノの技術/第5章 ハイテク時代のモノの技術(目次より) 便利なモノにあふれる日本に住む者として、「科学技術の結晶=便利なモノ」のしくみをザックリとでも把握しておきたいものです。本書は、家電からハイテク機器、乗り物、さらには家庭用品まで、私たちが日頃よく使っているモノの技術に関する素朴な疑問を、図解とともにわかりやすく解説している「雑学科学読本」です。

続きを読む

折りたたむ

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術

涌井良幸/涌井貞美KADOKAWA / 中経出版

日経キーワード 2017-2018

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「経済、産業、世界の今と未来」を16のテーマに分類。
約550キーワードを厳選し、短時間でビジネスや社会の動きをつかむことで、
ビジネス力がアップし、就職活動の選考対策にもなります。
1キーワードの解説文を400~500字程度と短くして、
「より新しく、より分かりやすく、よりスピーディーに」を追求。
巻末の「資料編 基礎用語ミニ辞典」には日経ならではの、
「経済・金融」「国際組織・国際金融」などの基礎用語を掲載しました。

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです