セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

3日間限定!文芸のほぼ全作品コイン33倍

はじめてのお客さまへ

ピックアップ

雑学一覧へ

日本の歴史は「呪い」が作った! 日本人のもう一つの精神史。

呪いと日本人

日本の文化史において「呪い」とは何だったのか。それは現代に生きる私たちの心性にいかに継承され、どのように投影されているのか――。呪いを生み出す人間の「心性」に迫る、もう一つの日本精神史。

続きを読む

折りたたむ

呪いと日本人

小松和彦KADOKAWA / 角川学芸出版

30歳の保健体育

まだまだ間に合う……素敵な恋愛をするためのすべてがココにある!史上初!?の奥手な男性向け恋愛&セックスガイドブック!30歳を過ぎても女性経験のない男性は「魔法使い」になれる……そんな言葉がネットなどではよく使われています。これは「そんな人は滅多にいない」ということの喩えでもあるのでしょうが、現実には、ある程度の年齢を迎えても性経験がない男性というのは想像以上に多いものです。セックスのやり方も、ある程度の年齢になってしまうと、「この年で性経験がない」ことがバレてしまうのが恥ずかしく、人に聞くのも難しくなります。だからと言って本格的なハウツー本は敷居が高く買いづらい……そんな人に向けての一冊です。オクテな男性たちが持つ、恋愛やセックスについてのさまざまな疑問……そのすべてをぎゅっと詰め込んだ一冊!

続きを読む

折りたたむ

30歳の保健体育: 4 夜の恋愛編

今まで3冊を使って丁寧に解説してきた「恋愛の前」に続き、今度は「恋愛を続けていくための方法」……つまり、マンネリにならない方法や、セックスについての具体的解説など、さらに一歩進めた「上級編」というべきシリーズの決定版です。  「セックス? 具体的なやり方はどうすればいいのかわからない!」といったような、「なにがわからないのかがわからない」人にもわかりやすい、そんな構成でお送りする一冊です!

続きを読む

折りたたむ

30歳の保健体育: 3 恋の努力編

よく恋愛について相談すると言われる「恋がしたいなら努力をしろ!」という言葉。でも、「努力って具体的にどうすればいいの?」という思いを抱いている方々もきっと多いでしょう。そんな方々に送るのが、この『30歳の保健体育 ~恋の努力編~』です。大ヒットになった『30歳の保健体育』シリーズならではの「わからないことがわかる」を崩さずに、最低限の身だしなみ、体格づくり、眉毛や髪形の整え方、人前でのマナーなど、「こういうことをすればいいと聞いたことはあるけれど、具体的に方法が分からない」、自分を磨くための方法を詳細解説します。素敵な恋愛にめぐり合いたいけど、人には聞きづらい「恋の努力」。そんな疑問を解決する一冊です!

続きを読む

折りたたむ

香りにまつわる素敵なお話

香と日本人

千四百年前、淡路島にたどりついた1本の流木を島人たちが火にくべたところ、得も言われぬ芳香が。仏教とともに伝えられた「香文化」を知る聖徳太子は「香木」だとすぐに見抜いたといいます。そして千年前、『源氏物語』の時代に人々は「香」で愛情を伝えました。鎌倉時代の武家は香木を兜に焚きしめ、室町時代に香は「香道」という芸道になりました。世界が賞賛する日本文化「香」の物語を、「香文化の伝道師」がわかりやすく綴る癒しのエッセイ。

続きを読む

折りたたむ

香と日本人

稲坂良弘KADOKAWA / 角川書店

超怖・都市伝説

超怖・都市伝説、、、。
貴方の知っている都市伝説より怖い.......... 。

● かの有名な小坪トンネルにまつわる、ちょっと不思議な話。

● ホテル炎上事件の跡地、航空機墜落事件の現場、
数え切れない人々の絶叫が染み着いた場所で起こる恐怖体験。

● 日本恐怖映画の金字塔・『リング』『らせん』にまつわる裏話・・・。

夢、あの世、もう一つの世界。
現実世界と異界がまじりあう超常体験の数々。
それらを実際に経験した人々の告白は、異様なリアルさを伴い、私たちに迫まり来る。


今この瞬間にも、
あなたの背後で異界への扉は開いているかもしれない・・・。



「・・・・この世には、私達の常識では、どうしても理解できないことが存在している。」



「とくに、バーチャルとリアルが交錯する現代社会では、
不思議な現象が起こっている。」



「現代科学では説明がつかないこれらのことを、
私達はとりあえず超常現象、オカルト、心霊現象、都市伝説などと呼んでいるにすぎない。」



「しかし、実は、私達が「現実」と信じ込んでいるこの世界こそがリアルでなく、それらの現象が頻発する仮想現実が、本当に存在している世界なのかもしれない。」



「そんな仮想現実を中心に、実際に不思議な体験をした人々に直接取材、再構成したのが本書。」



“体や心が弱っているときは、読まないことをおすすめする・・・・・。”


【第1話】開かない電話ボックス
電話ボックスにかかってきた前カレからの電話
【第2話】東京都市伝説コレクション
東京都市伝説コレクション
・ルージュの伝言
・目のないキティ
・見知らぬ隣人
・“怪音混入CD”伝説
・劇場は霊の棲家
・ギターが弾けないライブハウス
・典型的な“都会霊”
・羽田空港、無人機の乗客
【第3話】悲しみのノイズ
【第4話】人形の呪い
【第5話】仕組まれた夢
【第6話】予知夢という現実
妹が泣きながら見る、夢の中の出来事
【第7話】夢が居着いた部屋

・・
【第26話】死のナースコール
入院患者の死を予告する少女の声
【第27話】ガラスの向こう側の不幸
私の妻はかつて霊感を持っていた
【第28話】世界の超能力女性
【第29話】人面犬伝説の真相
まさか! 犬が私の車を追い抜く。そして振り返って、ニヤッ!

■著者 杉 光二

続きを読む

折りたたむ

超怖・都市伝説

杉光二ブックスボックス

ページ先頭へ

本文の終わりです