セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

3/27ゲリラコイン最大55倍キャンペーン

はじめてのお客さまへ

学園関連タグ

学園の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

学園一覧へ

下ネタという概念が存在しない退屈な世界2

ノンストップYトークコメディ第2弾!「おち●ぽおおおおおおおおおおぉ!!」 少女は叫びながら走り出した。 その瞬間、ぼくはすっころんだ。 ……そんな衝撃の出会いから、三か月。 主人公・奥間狸吉(おくま・たぬきち)は、その「おち●ぽ少女」である下ネタテロリストの華城綾女(かじょう・あやめ)とともに下ネタテロ組織「SOX」の活動に精を出していた(体液的な意味ではなく)。 国民に貞操帯の装着を義務づけるという悪法《エイチ禁止法》の賛成署名に反対すべく、時岡学園生徒八百人を扇動した「谷津ヶ森のエロ本騒動」。良くも悪くも世間に多大な反響を巻き起こしたこの一件は、PMによって性的な言葉を規制された少年少女たちの思考に影響を与えた。 そして増えた。 パンツ泥棒が。 思想もなにもなく、暴走する若者たちに難色を示す綾女。そして、そんな綾女を慕って現れた女子中学生・鬼頭 鼓修理(おにがしら・こすり)。パンツ泥棒たちをも容認する鼓修理は、次第に「SOX」と距離を置き、独自に活動を始めるのだが――。 新キャラ登場で、ますます下ネタテロは加速する――!? ネットで話題騒然の、世界に誇る下ネタラノベ。調子に乗って出しちゃう2発目! よろぴゅぴゅっ!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

続きを読む

折りたたむ

下ネタという概念が存在しない退屈な世界2

赤城大空/霜月えいと小学館

好きっていいなよ。(7)

明日のあたしはどんな顔してるんだろう……? ――黒沢大和(くろさわやまと)とつきあって1年が経った橘(たちばな)めい。大和の友達・海(かい)から突然告白されて戸惑うものの、むしろ一段と大和との絆が深まることに。逆に、めいを陥れようとしていためぐみは次第に孤立し始めていた。そして1年記念の1泊旅行でめいは大和と……? 大人気、リアル初恋ストーリー!!

続きを読む

折りたたむ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

青春は残酷だ!?ひねくれ男の妄言ラブコメ――青春は嘘で欺瞞だ。リア充爆発しろ!ひねくれ者故に友達も彼女もいない高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学園一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」だった――。さえない僕がひょんなことから美少女と出会ったはずなのに、どうしてもラブコメにならない残念どころか間違いだらけの青春模様が繰り広げられる。俺の青春、どうしてこうなった?『僕は友達が少ない』の平坂読氏も(twitterのつぶやきを)注目する期待の新鋭、『あやかしがたり』で第3回小学館ライトノベル大賞、ガガガ部門大賞受賞の渡航(わたり・わたる)が残念系ラブコメに参戦!?※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

続きを読む

折りたたむ

となりの怪物くん(13)

「時間は降り積もる。誰にも同じように──。」不器用ながらも、お互いを理解し、尊重し合って新しい一歩を踏み出した水谷雫と吉田春。その2人以外にも、みんな葛藤しながらそれぞれの一歩を踏み出そうとしていて…!? 大人気青春ラブストーリー、その後の日々を描いた番外編がつながっていく、本当の完結巻!

続きを読む

折りたたむ

なりゆきでディベート部に入ることになってしまった少年が、ディベートの天才といわれる少女と出会い、自らの才能を開花させていく。

彼女を言い負かすのはたぶん無理

問題児の巣窟といわれるディベート部に入部することになってしまった少年。その日から平凡だった学園生活は一転、波瀾万丈な毎日が始まった。少年はディベートの天才と呼ばれる美少女副部長に鍛えられ、自らの才能を開花させていく。コミュニケーションスキルを上げるための方法として今、「ディベート」が注目されている。議論形式の入社面接を採用する企業も増えてきており、学生から社会人まで、さまざまなシーンで役立つのが、このディベート能力だ。本書は、高校のディベート部を舞台に、そのノウハウを吸収しつつ、固い友情で結ばれていく少年少女を描いた、いわば実用的青春小説である。

続きを読む

折りたたむ

彼女を言い負かすのはたぶん無理

うれま庄司/しらびPHP研究所

学校の誰もが恐れるディベートの天才、アイラ。そんな彼女に見込まれた少年・桜井は、才能を開花させるとともに、なぜか三角関係に。

彼女を言い負かすのはたぶん無理 3

学校に無断で公開ディベートを行ったため、九重崎アイラは自宅謹慎処分に。部活はアイラ抜きの状態で行われ、桜井祐也と橘詩織が急接近していく。徐々に自分が桜井のことを好きであると自覚するようになる詩織。しかし、詩織は今の生活が楽しいし、告白することで関係が壊れることが怖い。それに、アイラの気持ちにも気がついているため、裏切るようなことはできず、告白できずにいた……。そんな三角関係を、要所で「ディベート」を絡ませながら描くディベート・ラノベ第3巻!

続きを読む

折りたたむ

彼女を言い負かすのはたぶん無理 3

うれま庄司/しらびPHP研究所

ページ先頭へ

本文の終わりです