セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

趣味電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

趣味関連タグ

趣味のロングセラーランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

趣味一覧へ

遭難救助の最前線で奔走する隊員たちの思いと行動を描く。本書は、長野県警レスキュー最前線、岐阜県警レスキュー最前線に続き、富山県警察山岳警備隊版。

富山県警レスキュー最前線

遭難救助の最前線で奔走する隊員たちの思いと行動を描く。本書は、長野県警レスキュー最前線、岐阜県警レスキュー最前線に続き、富山県警察山岳警備隊版。
中高年の登山ブームが話題になってきたころから、遭難の態様自体も大きく変わってきた。
その背景には体力の衰えが顕著になりつつある中高年登山者の増加もあるのだろうが、いわゆる「一般登山道での事故」「道迷いや突然死などの事故の増加」「携帯電話の普及と安易な救助要請」など、遭難現場の状況も大きく変わってきた実情がある。
特に北アルプスのなかでも厳しい山容を見せる剱・立山連峰など、北アルプス北部を管轄する富山県警山岳警備隊の苦労は並大抵ではない。
冬の剱岳の救助活動に一項目を設け、初めての遭難救助、思い出の救助活動、痛恨の二重事故、剱沢常駐、ヘリコプターによる航空隊の活躍、民間の遭難対策協議会と山小屋との連携など、遭難救助の第一線で活動する山岳警備隊隊員たちの熱い思いが綴られる。
※全国の山岳警備隊のなかでは、長年、高い救助実績を誇ってきた富山県警察山岳警備隊が、2016年、創立50周年を迎えた。これまでも組織の改編、隊員のレスキュー能力の強化などに努めてきたが、50年という節目はその成果のひとつの表われでもあろう。
本書は、第一線で活躍する彼ら隊員たちの遭難救助への思い、遭難の実態などを明らかにし、遭難防止の大切さを訴える。特に最近は、遭難の実態も中高年登山者の増加、携帯電話の普及などによって以前とは大きく様変わりし、山岳警備隊の役割も多様化しつつある。そうした変化に対応しながら、遭難救助の最前線で奔走する隊員たちの思いと行動を描いた読みものである。
「長野県警レスキュー最前線」「岐阜県警レスキュー最前線」に続く富山県警察版。

続きを読む

折りたたむ

富山県警レスキュー最前線

富山県警察山岳警備隊山と溪谷社(インプレス)

短歌で人生を豊かに

短歌 28年10月号

10月号は、特集「短歌のヒューモア」。思わず笑みがこぼれ、少しだけ幸せな気分になる短歌をご紹介いたします。
第61回角川短歌賞受賞から1年、特別作品として鈴木加成太氏による30首を掲載いたします。
カラーグラビア「31文字の扉」第10回は、松平盟子氏と櫂未知子氏(俳人)による競詠&対談をお届け。
巻頭31首は春日真木子、岡井隆、三枝浩樹、川野里子の四氏です。


■連載エッセイ「戦争と少女」…馬場あき子
■歌人の朝餉…永田 紅
■歌人の晩酌…谷岡亜紀

【連載】
■一首鑑賞
「古典この一首」…古谷智子
「豊穣の時―熟年歌人の歌」…藤室苑子
「今月の古語」…倉沢寿子
「今月の花」…戸田佳子
■評論
「詩の点滅―現代詩としての短歌」 …岡井 隆
■エッセイ
「歌のある生活」…島田修三
「やさしく、茂吉」…秋葉四郎
「作品連載 季節の歌」…花山周子
「日本歌紀行」…田中章義
「てのひらの街」…藪内亮輔
「大学短歌会が行く!」…慶應三田短歌会

■書評
高野公彦歌集『無縫の海』
三井修歌集『白湯』ほか
■歌壇時評…魚村晋太郎、佐佐木定綱
■短歌月評…島田幸典
■歌集歌書を読む…嵯峨直樹
■全国結社・歌誌展望…三井ゆき
■公募短歌館 選者…久々湊盈子、三井修、坂井修一、水原紫苑
■題詠 今月の発表は題“写真”。選者…中地俊夫

※電子版には付録・応募用紙・応募ハガキは付きません。あらかじめご了承ください。
※電子版ではプレゼントの応募や投歌ができません。あらかじめご了承ください。

続きを読む

折りたたむ

短歌 28年10月号

角川文化振興財団角川文化振興財団

短歌で人生を豊かに

短歌 26年10月号

創刊800号記念号。10月号の特集は〈歌を詠むよろこび〉。歌う喜び、面白さとは何か。「どうすればうまくなるか」は無論、「どういうところが面白いのか」をトップ歌人が解説。短歌を詠み/読みたくなること必至の大特集です。「塔」主宰を後進に引き継いだ永田和宏氏のインタビューを掲載。主宰交代の真意、短歌の未来について語ります。人物特集は渡辺松男氏。特別作品に岡井隆氏。巻頭作品は尾崎左永子・島田修三・水原紫苑の三氏。
※電子版には付録・応募用紙・応募ハガキは付きません。あらかじめご了承ください。
※電子版ではプレゼントの応募や投歌ができません。あらかじめご了承ください。

続きを読む

折りたたむ

短歌 26年10月号

角川学芸出版KADOKAWA / 角川学芸出版

短歌で人生を豊かに

短歌 28年9月号

9月号は、特集「次の一歩を踏み出すために――自己模倣からの脱出」。生涯をかけて短歌を作ることは、同時に自分自身の個性とのたたかいでもあります。現状を打破し次なるステップアップを目指す人へ、歌人なら誰もがぶつかる壁を克服するための秘策を、一挙大公開いたします!
カラーグラビア「31文字の扉」第9回は、黒瀬珂瀾氏と高柳克弘氏(俳人)による競詠&対談をお届け。
巻頭31首、馬場あき子、伊藤一彦、松平盟子、澤村斉美の四氏です。

■連載エッセイ「戦争と少女」…馬場あき子
■歌人の朝餉…梅内美華子
■歌人の晩酌…谷岡亜紀

【連載】
■一首鑑賞
「古典この一首」…清田由井子
「豊穣の時―熟年歌人の歌」…下南拓夫
「今月の古語」…中川宏子
「今月の花」…中根三枝子
■評論
「詩の点滅―現代詩としての短歌」 …岡井 隆
■エッセイ
「歌のある生活」…島田修三
「やさしく、茂吉」…秋葉四郎
「作品連載 季節の歌」…花山周子
「日本歌紀行」…田中章義
「てのひらの街」…鯨井可菜子
「大学短歌会が行く!」…岡山大学短歌会

■書評
三枝昂之歌集『それぞれの桜』
米田律子歌集『木のあれば』ほか
■歌壇時評…魚村晋太郎、佐佐木定綱
■短歌月評…日高堯子
■歌集歌書を読む…嵯峨直樹
■全国結社・歌誌展望…黒木三千代
■公募短歌館 選者…秋葉四郎、沢口芙美、伊藤一彦、佐伯裕子
■題詠 今月の発表は題“記憶”。選者…中地俊夫

※電子版には付録・応募用紙・応募ハガキは付きません。あらかじめご了承ください。
※電子版ではプレゼントの応募や投歌ができません。あらかじめご了承ください。

続きを読む

折りたたむ

短歌 28年9月号

角川文化振興財団角川文化振興財団

真・女神転生IV 誕生のすべてを!

真・女神転生IV 公式設定画集

『真・女神転生IV』にまつわるすべての設定画をこの一冊にコンプリート。アートディレクター石田栄司氏、キャラクターデザイナー土屋政之氏、新悪魔を手がけた絵師・造形師の解説をそえてあなたのもとへ。

続きを読む

折りたたむ

真・女神転生IV 公式設定画集

週刊ファミ通編集部KADOKAWA・DWANGO / エンターブレイン

俳句を「これから始める方」、「もっと上達したい方」に最適。暮らしを豊かにするNo.1俳句総合誌!

俳句 28年10月号

■大特集■
「病床六尺」の豊饒――半径1メートルの世界を詠む

▼随筆 病床の子規  坪内稔典

▼病床に生まれた名吟
松本たかし/石田波郷/野見山朱鳥/折笠美秋/村越化石
(執筆陣)阪西敦子/鈴木しげを/中岡毅雄/澤 好摩/仲 寒蝉

▼夭折俳人たちの、いのちの一句
芝不器男/篠原鳳作/森田愛子/福永耕二/正木浩一/攝津幸彦/田中裕明
(執筆陣)堀田季何/安里琉太/日下野由季/中村安伸/正木ゆう子/関 悦史/生駒大祐

▼身近な世界を詠む
太田土男・清水青風・細谷喨々・神野紗希


シリーズ連載・最終回   俳句の「窓」から──異分野との対話
【ゲスト】 高橋睦郎(詩人) 聞き手・西村和子

■特別作品50句 鷹羽狩行
■特別作品21句 棚山波朗・恩田侑布子

【読者参加型新企画】投句募集中!
虚子式俳句上達法 埋字で学ぶ五七五……岸本尚毅
「平成俳壇」テーマ詠「昭和の夏」発表……小笠原和男選

【好評連載】
第4期メンバー合評鼎談……高野ムツオ・土肥あき子・大谷弘至
実作のための文語文法……佐藤郁良
龍太の謎、幻の山河……高柳克弘
名言のウラ側(山口青邨)……岩井英雅

続きを読む

折りたたむ

俳句 28年10月号

角川文化振興財団角川文化振興財団

ページ先頭へ

本文の終わりです