セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

趣味電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

趣味関連タグ

趣味の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

趣味一覧へ

バックカントリースキーを楽しむための基本と実践をまとめた山スキー入門書。 これから山スキーを始めたい方や初心者・初級者必読の一冊。 ゲレンデスキーヤー、山ヤ系スキーヤーの方にもおススメ。

いまから始める山スキー入門

※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。
バックカントリースキーを楽しむための基本と実践をまとめた山スキー入門書。
これから山スキーを始めたい方や初心者・初級者必読の一冊。
ゲレンデスキーヤー、山ヤ系スキーヤーの方にもおススメ。
雪山に登り、真っ白なフィールドを自由に滑る快感は、スキー本来の魅力そのもの。
その反面、冬山の登山技術や気象、雪崩の知識、リスク対策など、覚えるべき技術や知識も、相応のレベルが要求されます。
本書は、
●雪山に登るための基本と実践 
●雪山を滑るための滑走技術とトレーニング方法 
●装備 
●リスク対策
●フィールド情報
など、バックカントリースキーを楽しむための基本と実践をまとめた、入門者必読の一冊です。

続きを読む

折りたたむ

いまから始める山スキー入門

山と溪谷社山と溪谷社(インプレス)

福岡の人気エリアの旬ネタを紹介!今回のテーマは「ぽかぽか鍋」

福岡てくテクMAP「ぽかぽか鍋」

「福岡ウォーカー」の街MAP連載『福岡てくテクMAP』をデジタルWalkerとして配信!今回のテーマは「ぽかぽか鍋」!全58軒のおいしいNewsが満載!天神・大名・今泉・警固・博多駅・中洲・春吉・薬院・平尾・高宮・六本松・別府・西新・小倉・久留米の街トピックスもあります!

※ページ表記、掲載情報は「福岡ウォーカー 2015 1月増刊号」(2014年12月12日発行)を元にしています。施設の都合により内容・休み・営業時間が変更になる場合があります。一部記事・写真は電子版に掲載しない場合があります。

続きを読む

折りたたむ

福岡てくテクMAP「ぽかぽか鍋」

福岡Walker編集部KADOKAWA / 角川マガジンズ

Hanako FOR MEN vol.16 スナックおいでよ。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※祐真朋樹さんの「Smart Gents@Sukezane」は掲載されておりません。※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページや特別付録が含まれない場合がございます。※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。全国にコンビ二の7倍、お寺の4倍あるというスナック・バー(通称:スナック)。その誕生は1964年(東京五輪開催の年)。日本の高度成長と時を同じくして、働く男たちに“今日の癒し”と“明日への活力”を提供してきた場こそがスナックです。そして、二度目の東京五輪が5年後に迫ったいま、昭和ノスタルジーだけじゃない、本当に“使える店”、“街の居場所”として、新たな<スナックムーブメント>が注目されています。癒しとコミュニケーション、そして人間的成長を求め、街のあちこちでも新しいスナックや“スナック的な場”が続々と生まれています。男前な夜遊びの必須選択肢にスナックを加えるための一冊。読者に代わってトビラを開け、スナックの世界へ誘います。

続きを読む

折りたたむ

ベストセラー『山怪 山人が語る不思議な話』(2015年6月・山と溪谷社)、待望の続編、ついに刊行! 東北から中国・四国地方まで新たに取材を敢行、山里に埋もれつつある興味深い体験談を拾い集めた、まさに「現在形のフィールドワーク」! 民衆の記憶を渉猟して築かれた新たな物語の誕生!

山怪 弐

ベストセラー『山怪 山人が語る不思議な話』(2015年6月・山と溪谷社)、待望の続編、ついに刊行!
今回は、東北から中国・四国地方まで新たに取材を敢行、山里に埋もれつつある興味深い体験談を拾い集めた「現在形のフィールドワーク」である。
「新たなる遠野物語の誕生」としてさまざまなメディアで絶賛された前作からさらに拡張する、山で働き、暮らす人々の多様な語りは、自在にしてエキセントリック。
「語り遺産」ともいうべき、失われつつある貴重な山人たちの体験に、読む者は震撼しつつ、深い郷愁の念のとらわれる。
民衆の記憶を渉猟して築かれた新たな物語の誕生!あるいは、現代と近代の境界を漂う不定形のナラトロジー!
<目次>
第Ⅰ章 胸騒ぎの山 八甲田山/真夜中の行軍/怖いモノは無視せよ!/落ちた火の玉/仏おろし/同じ夢を見る/夢で呼ぶのは/神様の孫/マタギの里で/狸もたまには騙す/蛇に魅入られた男/秋山郷の謎の火/森の大笑い/青い服の女/山の中で聞こえる音は/御嶽神社/大菩薩女/通じなかった祈り/蛇の鳴き声/駆け巡る笑い声/まとわりつく鈴の音/鷹が見たもの/闇に笑う男/犬を入れた訳/降りてくる山の神/山盛りの内臓/霊感は伝染する?/昨日の友達   
第Ⅱ章 彷徨える魂 切りたくない木/峠に集う者/続・楽しい夜店/山の日の出来事/二度と行かない小屋/白日の火の玉/狐の嫁入り//座敷わらし/幻の巨大石塔/止まるチェーンソー/最新科学と交差する謎/天に昇る煙/小さな帽子/線香のにおい/悪いモノ/見知らぬタツマ/虫捕り/立ち上がる光柱/ミミズ素麺/山寺の騒ぎ/オオカミと蛇/十津川村/行者の世界/チャクラ全開の人/回峰行/遭難者が見たモノ  
第Ⅲ章 森の咆哮  軽トラの待ち伏せ/行ってはいけない/消えた友人/黒い山/一人だけに聞こえる/不気味な声/手相見の警告/おろちループ/呪い神/拝み屋と憑きもの封じ/ヒバゴンの里/爺婆の茶飲み話/神船/良くないモノ/エクソシストと丑の刻参り/森とみそぎ/遍路ころがし/大蛇は寝ている/招くモノ/悪狸/犬神家/ヤマミサキ/婆と侍/雅な調べ
後書き― 怪異との付き合い方

続きを読む

折りたたむ

山怪 弐

田中康弘山と溪谷社(インプレス)

短歌で人生を豊かに

短歌 28年2月号

2月号は推敲特集「歌が一歩見違える とっておきの見直し方」。入門書には書かれていない、長い歌歴の中で手に入れた現役歌人の推敲法や、石川啄木や斎藤茂吉などの名歌の推敲過程をご紹介いたします。
特別企画に「現代短歌は今――全国歌人の声」。『短歌年鑑』アンケートでいただいたたくさんの声を、一挙大公開。
カラーグラビア「31文字の扉」第二回は、岡井隆×平田俊子。

■巻頭エッセイ「歌の理由」…伊藤一彦
■歌人の朝餉…小島ゆかり
■歌人の晩酌…秋葉四郎

【新連載シリーズ】
■一首鑑賞
「古典この一首」…島内景二
「豊穣の時―熟年歌人の歌」…三本松幸紀
「今月の古語」…宮本永子
「今月の花」…桑山則子

【新作品連載】
「季節の歌」…花山周子

【連載】
■評論
「詩の点滅―現代詩としての短歌」 …岡井 隆
■歌壇時評…川野里子、阿波野巧也
■短歌月評…外塚 喬
■歌集歌書を読む…田中 綾
■全国結社・歌誌展望…恩田英明
■公募短歌館 選者…松坂 弘・楠田立身・三井ゆき・中川佐和子
■題詠 今月の発表は題“影”。選者…小林幸子
※電子版には付録・応募用紙・応募ハガキは付きません。あらかじめご了承ください。
※電子版ではプレゼントの応募や投歌ができません。あらかじめご了承ください。

続きを読む

折りたたむ

短歌 28年2月号

角川文化振興財団角川文化振興財団

好評!「ときめく図鑑」の新ラインアップ「文房具」。 トラディショナルな文房具の魅力を丹念にご紹介。 「書く」「書かれる」「消す」「切る」「測る」「貼る」「留める」の7つの観点から、トラディショナルで懐かしい文房具の魅力に迫ります。

ときめく文房具図鑑

※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。
好評!「ときめく図鑑」の新ラインアップ「文房具」。
トラディショナルな文房具の魅力を丹念にご紹介。
「書く」「書かれる」「消す」「切る」「測る」「貼る」「留める」の7つの観点から、定番アイテム&懐かしい文房具の魅力に迫ります。
東西キニナル文房具ショップ探訪や、さまざまな職業の方の愛用文房具も覗き見します。
<目次>
Story 1 文房具の豆知識
Story 2 文房具コレクション
Story 3 メカニズムを識る
Story 4 文房具なヒト
Story 5 懐かし文房具博覧会
Story 6 ときめく文房具店

続きを読む

折りたたむ

ときめく文房具図鑑

山﨑 真由子/今野 光山と溪谷社(インプレス)

ページ先頭へ

本文の終わりです