セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

趣味電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

趣味関連タグ

趣味の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

趣味一覧へ

雇われず、好きなことだけ、0円から始める副業で人生が豊かに!!

好き⇔お金 ネットで「やりたいこと」を「お金」に変える方法

あなたの趣味は、実は他人の「幸せ」を生み出す原石です。本書はストーリー形式で登場人物がいかにして、自分の「好きなこと」を「お金」に変えていったか、実際に直面する悩みを交えながら解説していきます。

続きを読む

折りたたむ

週末をとことん遊ぼう! いろんな人が集まり、イベントもたくさん行われる公園は、いま一番楽しい場所なんです。

みんなで遊べる東京公園&カフェ案内

東京にはよい公園があり、楽しみ方は人それぞれ。これからの季節、晴れた週末に遊びに行きたいいろんな公園を紹介します。都心のオアシス「日比谷公園」、手ぶらでバーベキューが楽しめる「潮風公園」、スポーツ施設充実の「駒沢オリンピック公園」、そして動物園のある公園、レンタサイクルがある公園、緑がいっぱいの自然公園など、さまざまな魅力のある公園が満載。さらには、思わず長居したくなる、公園周辺のカフェ&レストランガイド付き!

※定価、ページ表記、掲載情報は東京ウォーカー2014年10号を元にしています。掲載スポットの都合により、内容が変更されている場合があります。また、夏季等の休みや営業時間については記載しておりません。クーポン・応募券は電子版に収録しておりません。一部記事・写真は電子版に掲載しない場合があります。

続きを読む

折りたたむ

みんなで遊べる東京公園&カフェ案内

TokyoWalker編集部KADOKAWA / 角川マガジンズ

ずぼらでもやせる おからごはん

毎日忙しくて、これ以上頑張るタスクを増やしたくない。
だけどそろそろやせないとまずい。
でも、きっちり食事制限なんてめんどくさいし、
食べたいものを我慢するなんてむり!
そんなずぼらさんに朗報です! 
超簡単レシピの美味しいおからごはんを
おなかいっぱい食べながら、
きれいに健康的に、するっとやせちゃいましょう!
食物繊維たっぷりのおからを食べることで、
腸内環境がきれいになれば、
体に必要な分のエネルギーを
効率よく取り込めるようになるので、
太りにくい体が手に入ります。
さらに、良質な大豆タンパク質が摂れるので、
肌も髪もつやつやに。
炭水化物に混ぜ込めば、
満足感アップと糖質量カットの両方が叶います。
おからのもそもそした食感が苦手…という方もご安心を。
思わず、「これ、本当におから?」と言ってしまうような、
新しくておいしいおからレシピが満載です。
おからは、頑張りたくないあなたの味方です。

続きを読む

折りたたむ

巨樹・巨木 近畿・中国編 112本

※この電子書籍は、固定型レイアウトです。
リフロー型書籍と異なりビューア機能が制限されます。
本書「巨樹・巨木 近畿・中国編 112本」は、1999年に刊行したヤマケイ情報箱「巨樹・巨木 日本全国674本」(本体価格3,200円)を5つの地域毎に分冊(北海道・東北編141本、関東編132本、中部編168本、近畿・中国編112本、四国・九州編121本)して電子化しました。
記載内容は、1999年刊行当時の情報になりますので地名等は変更前のまま掲載されております。尚、電子化までに倒壊が確認できたものについては、情報を追記しました。
地上約1.3メートルの位置で幹周りが3メートル以上を目安に全国の巨樹を紹介。名木の多い桜、樹齢の長い杉、とりわけ大きくなるクスノキ、信仰の対象となる木が多いイチョウなど、77種類の樹木を収録。掲載項目は、樹種、樹高と幹周り、推定樹齢など。

続きを読む

折りたたむ

巨樹・巨木 近畿・中国編 112本

渡辺典博山と溪谷社(インプレス)

LEE Creative Life はじめてのバラ育て

憧れのバラの咲く庭を目ざしてチャレンジ! 初めてバラとつきあう人のためのバラ育て入門書。植えかえや冬の剪定、水やりや肥料の与え方、病害虫の処理まで懇切ていねいな一冊。育てやすいバラ100を紹介するローズギャラリーも見ごたえたっぷり!

続きを読む

折りたたむ

穂高連峰や笠ヶ岳など北アルプスの飛騨側で、登山者の安全を守り遭難者の救助に命を賭ける「登頂なきアルピニスト」たちがいる。 本書は、第一線で活躍する彼ら隊員たちの遭難救助への思い、遭難の実態などを明らかにし、遭難防止の大切さを訴える。

岐阜県警 レスキュー最前線

穂高連峰や笠ヶ岳など北アルプスの飛騨側で、登山者の安全を守り遭難者の救助に命を賭ける「登頂なきアルピニスト」たちがいる。
1964年に発足した岐阜県警察山岳警備隊が、昨年、50周年を迎えた。
これまでも組織の改編、隊員のレスキュー能力の強化などに努めてきたが、50年という節目はその成果のひとつの表われでもあろう。
本書は、第一線で活躍する彼ら隊員たちの遭難救助への思い、遭難の実態などを明らかにし、遭難防止の大切さを訴える。特に最近は、遭難の実態も中高年登山者の増加、携帯電話の普及などによって以前とは大きく様変わりし、山岳警備隊の役割も多様化しつつある。
そうした変化に対応しながら、遭難救助の最前線で奔走する隊員たちの思いと行動を描いた読みものである。「レスキュー最前線・長野県警察山岳遭難救助隊」に続く岐阜県警察版。
これまでとは山岳遭難の態様が大きく変わってきている「中高年登山者」「一般登山道での事故」「携帯電話の普及と安易な救助要請」「ヘリコプターによる救助」「個人情報保護法の壁」などのキーワードを軸にして、隊員や家族の手記を中心にまとめた手記。
初めての遭難救助、思い出の救助活動、痛恨の二重事故、穂高常駐、航空隊の活躍、民間の遭難対策協議会、山小屋との連携など、遭難救助における隊員と遭難者のドラマが綴られる。

続きを読む

折りたたむ

岐阜県警 レスキュー最前線

岐阜県警察山岳警備隊山と溪谷社(インプレス)

ページ先頭へ

本文の終わりです