セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

趣味電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

趣味関連タグ

趣味の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

趣味一覧へ

登山ガイドがみずからの体験をもとに語る「山岳遭難のリアル」。なぜその遭難は起きたのか? さまざまな遭難の原因をわかりやすく解説した、登山者必読の書。

週刊ヤマケイBOOKS 山岳遭難防止術

山のリスクを観察・分析すると、ある共通した要素が見えてくる。
そういった要素を知ることにより、エマージェンシーな事態に遭遇する確率を減らしたり、事態を致命的な遭難に悪化させることを防ぐリスクマネジメントの手段がある。
本書では、登山ガイドである木元氏が実際に見たり、経験したことをベースにして、山でのリスクマネジメントを考える。
週刊ヤマケイで2016年から1年間にわたって連載された内容を単行本化。
★主な内容
・苦い滑落の体験 
・中途半端な残雪に潜む危険 
・新緑の時期に注意したい植物 
・足がつったときの対処法 
・目の前で落ちた登山者 
・大雨のときに行動する危険 
・ツキノワグマに出会わない方法 
・岩稜コースの危なっかしい登山者 
・稜線で出くわした雷の恐怖 
・ガレ場の大石に座ったまま滑落 
・ザックのサイドポケットに入れた水筒が落下 
・秋雨前線が活発になった3連休
・危険を秘めている単独行 
・道間違いをする確率を減らして道迷いを防ぐ 
・緻密なタイムマネジメントで日没前に下山を
・落ち葉や新雪が積もった登山道
・雪山登山の知識と技術を身につけるには 
・年末年始に繰り返される雪山での遭難 
・登山者に多い脚部のトラブル 
・ずさんなプランニングが原因で冬の八ヶ岳でビバーク 
・体力だけではない、山を歩く力 
・最悪の状況も考えて判断しよう

続きを読む

折りたたむ

週刊ヤマケイBOOKS 山岳遭難防止術

木元康晴山と溪谷社(インプレス)

夢とロマンにあふれたツチノコ探索記の傑作が、40年以上のときを経て、大人気「黒本」シリーズ(「黒部の山賊」「山怪」等)の装丁を纏い、待望の復刊!

逃げろツチノコ

夢とロマンにあふれたツチノコ探索記の傑作が、40年以上のときを経て、大人気「黒本」シリーズ(「黒部の山賊」「山怪」等)の装丁を纏い、待望の復刊!
昭和40年代に日本中の話題をさらった幻の珍獣ツチノコ。
ツチノコはきっといると信じる著者・山本素石が、同志たちを引き連れ日本津々浦々を駆けめぐる様子を描く、ユーモアたっぷりの怪蛇探索記。
巻頭には、素石率いるノータリンクラブの活動をモチーフに小説『すべってころんで』(朝日新聞連載)を執筆した田辺聖子氏がツチノコ愛にあふれた一文を寄せる。
また、黒本版復刻に際し、月刊『ムー』編集長の三上丈晴氏が特別に解説文を執筆している。

続きを読む

折りたたむ

逃げろツチノコ

山本 素石山と溪谷社(インプレス)

とうふ料理 京都人だから知っているおいしい食べ方

●第一章 「毎日のごはん」子供が大好きなハンバーグやコロッケ、丼もの、小鉢など日々のごはん。●第二章 「特別な日のごちそう」家族の記念日のごちそう、お客さまへのおもてなし料理。 ●第三章 「やさしいおとうふ料理」赤ちゃんの離乳食や介護食など栄養バランスの良い料理。●第四章 「豆乳を使ったデザート」家でもカンタンにできるデザート。

続きを読む

折りたたむ

やせるホルモンが効く!さば缶ダイエット

2013年夏、テレビ番組をきっかけに、さば缶が全国のスーパーから姿を消しました。
このときクローズアップされたのが、さば缶に含まれる「やせるホルモンGLP-1」。
さば缶を食べると、GLP-1の分泌量が増える。「GLP-1の分泌が多い人はやせやすく、
少ない人は太りやすい」これが、さば缶ダイエットの秘密です。
★さらに、「青背の魚のDHA」が認知症予防になる、
記憶力の低下を防ぐ、うつにもよい、といった研究も知られてきているところ。
★さば缶は好きだけど、食べ方がマンネリなので毎日食卓に出しにくい……、
そんな方におすすめの67品です。
★さらに、さば缶に「玉ねぎ」を組み合わせて、
美味しさと健康効果がパワーアップした「さば玉レシピ」は必見。 
★あと1品ほしいときにも、さば缶は強力な助っ人に。
簡単だから、男性おひとりさま中高年の方にもお役立ち。
高血圧、高血糖、動脈硬化、血液サラサラ最強レシピです。

続きを読む

折りたたむ

現代のシカ問題の全体像がこれ1冊でわかる! 長年、シカと環境の関係を研究しつづけた第一人者によるシカ問題の入門書。

ヤマケイ新書 シカ問題を考える

現代のシカ問題の全体像がこれ1冊でわかる!
長年、シカと環境の関係を研究しつづけた第一人者によるシカ問題の入門書。
現在、増え過ぎたシカによるさまざま被害が各地で報告されている。
美しく貴重な高山植物は食べ尽くされ、植物を餌にする虫もいなくなり、森は後継樹が育たず、このままでは存続が危うい。
シカ問題はただシカの数を減らせばよいというものではなく、農林業の衰退、里山や奥山の変化と密接に関わる社会問題であり山問題である。
農林業被害から生態系の破壊まで、ますます深刻化するシカ問題。
シカ肉利用やシカ猟なども含め、シカ問題に関するニュースが毎日のように報道されている。2015年5月には「保護」から「管理」にシフトした改正鳥獣保護法も施行された。
本書では、広くシカ問題に関心のある人に向けて、シカ問題の背景・現状・影響・対策・今後を解説します。
序章 シカが増えた森を訪ねる
1章 シカ問題はどういう問題か
2章 シカ食害の現状と影響
3章 シカという生き物
4章 シカ増加の歴史、背景、原因
5章 問題解決の努力
6章 生態学的、総合的な視点でみる
7章 シカと共存する未来に向けて

続きを読む

折りたたむ

ヤマケイ新書 シカ問題を考える

高槻成紀山と溪谷社(インプレス)

山とは即ち異界なり。 山小屋の主人や登山者たちが経験したこの世の現象とは思えない奇妙な56の実話拾遺集。

新編 山のミステリー 異界としての山

山とは即ち異界なり。
山小屋の主人や登山者たちが経験したこの世の現象とは思えない奇妙な56の実話拾遺集。
登山歴40年を超える著者が、山小屋の主人などから聞いた、ときに恐ろしく、ときに神秘的な、奇妙な山の体験談56話を収録。
<もくじ>
Ⅰ 山の幽霊ばなし 
真冬の幽霊/体が透ける/屋久島の幽霊/窓辺に座っていた幽霊/看板のなかの顔/車のドアを閉めた謎の手/人間が怖い/幽霊に助けられた女性たち/甲斐駒ケ岳の幽霊/避難小屋の怪
Ⅱ 人智を超えるもの 
浮かび上がる遭難遺体/夢に現れた遭難現場/「拝み屋さん」の予言/血を引く/霊が見える人たち/UFOの降りた山/もうひとりの登山者/謎の火の玉/静止する?燭の炎/幻のかりんとう/消える山小屋 /山の神に守られる?/大きな天狗/おいらんのかんざし/不思議な観音様
Ⅲ 自然の不思議 
森のなかから助けを求める声/死者を悼むリス/空飛ぶキツネ/水筒に助けられた登山者/逃げなくなった野鳥たち/寒気/ダケカンバの夢/七転び八起木/雷で育つアズマシャクナゲ/天狗が木を伐る/天狗のテーブル/消えた戦闘機/風穴に響く愛犬の声/七年に一度山中に現れる幻の池/雲が教えてくれたこと/富士山は噴火したか?
Ⅳ ひとの不思議 
ザックの中身/謎のバンダナ/黒ずくめの遭難者/水晶山の遭難/消えたキスリング/オカリナ/山中の車/山上のストリーキング/中高年登山ブームのかげで/死相/赤い帽子/ツチノコより不思議な男/それでも医者か/水場のミステリー/山の仲間が支える命
*本書は2005年に東京新聞出版局から刊行された同名の書を再編集したものです。

続きを読む

折りたたむ

新編 山のミステリー 異界としての山

工藤隆雄山と溪谷社(インプレス)

ページ先頭へ

本文の終わりです