セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

旅・地域情報電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

旅・地域情報関連タグ

旅・地域情報の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

旅・地域情報一覧へ

ダメさだけが目立つ千葉市の実態とは!?

日本の特別地域 特別編集33 これでいいのか 千葉県 千葉市

『東葛』、『葛南』、『千葉県』に続き、本書にて千葉シリーズも4冊目。
満を持して県庁所在地にして政令指定都市・千葉市の登場……と言いたいところだが、
実は千葉市が東葛エリア、葛南エリアの「後回し」になったのにはワケがある。
実は、当初の予定では前述の東葛・葛南エリアよりも先、
千葉県内の都市として一番最初に取り上げるはずだったのだ。
県庁所在地が後回しになったのは一体何故か。
それは事前取材を進めるうちに発覚した
「千葉市、見どころねぇや!」という、身も蓋もない事実のせいだ。
商都・柏を中心に「千葉都民」たちが住む東葛エリア、
同じく船橋を中心とした葛南エリアに比べ、千葉市は実に特徴がない。
そもそも「千葉市といえば?」というイメージがわいてこない。
これが「千葉県といえば?」なら色々出てくるが、
その印象は東葛、葛南の各エリアの特徴だったり、
あるいは房総半島の豊かな漁場や自然だったり。
ピーナッツや菜の花だって八街や南房総が産地で、千葉市はあまり関係がない。
そんなこんなで「……とりあえず、後回しでいいか」というのが
千葉市に対する評価だったのだ。
東葛、葛南を刊行し終え、逆に浮き上がってきたのが
「なぜに千葉市はこんなにダメなのか」という疑問。
他の都市と比較した場合、いい部分が目立たず、
ダメな部分ばかりが目立ってしまうのが千葉市の印象だ。
しかし本シリーズの目的は、そういったイメージに捕らわれない調査・批評である。
本当に地味で見どころのない街なのか? 実は隠れた実力者だったりするんじゃないか? 
もしかしたら、イメージ以上にダメダメなのか?
印象の薄い謎の都市・千葉市の真の姿を、これから一冊をかけて暴いていこう。

続きを読む

折りたたむ

日本の特別地域 特別編集33 これでいいのか 千葉県 千葉市

佐藤圭亮/小森雅人/藤江孝次マイクロマガジン社

日帰り山あるき 関西

世界遺産の自然や古道、歴史ある古社寺や城、爽やかな高原や滝、渓谷など、関西の山の魅力は語りつくせない。よく整備された登山道とターミナル駅からのアクセスの良さも特徴だ。本書はハイキングの入門・初心者やファミリーが安心して行けるコースを中心に1年中行ける50コースを紹介。一部岩場や急斜面など、より上のレベルにステップアップできるコースも紹介しているので、経験と自信がついたらチャレンジしてほしい。詳しい地図と高低図、シーズンカレンダー付き。わざわざ立寄りたいカフェや食事処、お土産の情報も見逃せない。
※この電子書籍は2015年3月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部誌面内容を変更している場合があります

続きを読む

折りたたむ

日帰り山あるき 関西

JTBパブリッシングJTBパブリッシング

京の歴史を旅するエッセイ

京都百話

千年の歴史をもつ「みやこ」、京都。その時空を知り尽くす碩学らが綴る、京に生きた人々の営みと、たゆみない歴史の足跡にちなんだ史話を厳選。忘れずに訪ねておきたい旧蹟や土地の魅力を味わう歴史エッセイ。

続きを読む

折りたたむ

京都百話

奈良本辰也KADOKAWA / 角川学芸出版

千葉 地名の由来を歩く

本書は、千葉県に生まれた方々はもとより、現在千葉県に住んだり千葉県で学んだりしている皆さんに、
千葉県の歴史の深さと面白さを再認識してもらえることを目的としている。
千葉県は成り立ち上、古くから全国の各地と密接につながっている。
安房国・上総国・下総国はもともと阿波国(現在の徳島県)の忌部氏が移住してできた。
また九十九里や銚子が紀州の人々によって開拓された事実、
そして平安末期から鎌倉期にかけて千葉常胤の活躍によって全国に千葉氏の勢力が広がっていったという歴史がある。
千葉県はまさに日本史を理解する上で重要な位置を占めている。

続きを読む

折りたたむ

千葉 地名の由来を歩く

谷川彰英ベストセラーズ

現地で!街なかで!関西で食べる漁港めし

関西の漁港めし 関西Walker特別編集

関西がほこる“漁港めし”厳選305品を掲載した「関西の漁港めし」が登場!
解禁された香住ガニや現在旬を迎えている淡路島の生しらすなど、関西には季節ごとのさまざまな旬魚介がいっぱい。
豊かな海が育む魚介の宝庫・淡路島をはじめ、舞鶴漁港、泉佐野漁港、堺出島漁港、田尻漁港など、水揚げされたばかりのとれピチ魚介に出合える漁港や市場を徹底紹介。
また、遠方まで足を運ばなくとも絶品の魚介メニューが味わえる、京阪神の名店も多数掲載。
マグロやサバに特化した専門店や、今ブームのカキ食べ放題、注目されつつあるカツオやわら焼きなど、魚がうまい注目店が満載だ。
関西ウォーカーがイチオシの海鮮グルメを思う存分堪能あれ!

※ページ表記・掲載情報は紙版発行時のものであり、施設の都合により内容・休み・営業時間が変更になる場合があります。クーポン・応募券は収録しておりません。一部記事・写真・別冊や中綴じなどの特典付録は掲載していない場合があります。

続きを読む

折りたたむ

関西の漁港めし 関西Walker特別編集

KansaiWalker編集部KADOKAWA / 角川マガジンズ

ことりっぷマガジン特別編集 京都案内

気になる“最旬スイーツ”の話題を中心、京都の""今""を集めました。京の町にいると、つい目で追ってしまう抹茶系スイーツや伝統の和菓子、進化系スイーツの数々。食べるのがもったいないくらいのかわいいお菓子。さらに、お寺でも、お茶菓子とともに楽しむ風景は格別です。そんな甘い誘惑に誘われるまま、京都の町をめぐる幸せが詰まった一冊です。
※一部収録されていないコンテンツがあります。

20~30代の働く女性をターゲットに""等身大の旅""を提案した昭文社発行の旅行ガイドブックシリーズの季刊マガジン別冊です。大人の女性におすすめの情報を厳選し、女性を中心に絶大な支持を得ています。

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです