セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

旅・地域情報電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

旅・地域情報関連タグ

旅・地域情報の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

旅・地域情報一覧へ

毎日通いたい洋食屋さんの名店全47店・365皿大集合!開港150年で盛り上がる「新しくなった神戸」や濃い系に注目した「ひんやり抹茶スイーツ」も特集

KansaiWalker関西ウォーカー 2017 No.11

今号は、1000円以下で“ごちそう”が食べられる安くて美味しい「洋食屋さん」を大特集。
毎日通いたい洋食屋さん4選にはじまり、ミックス定食グランプリ、老舗の名物メニューなど、名店ばかり全47店・365皿で紹介しています。ハンバーグ、ビフカツなど、自分だけのごちそうを食べに出かけよう♪
第2特集は開港150年で盛り上がる「新しくなった神戸」を特集。続々オープンしている注目の新店を中心に紹介しています。
西日本最大級のスターバックスがオープンして大注目のメリケンパークや洗練された旧居留地など全28店を地区別にご紹介。気持ちいい初夏にぜひ神戸を訪れてみて。
第3特集は“特濃”がキーワードの「ひんやり抹茶スイーツNEWS」。濃い系の新作&夏限定、デパ地下、新作パフェ、ホテルの抹茶ブッフェなど、美しい写真とともにご紹介しています。
ほか、夏の大型イベント「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」を紹介した連載「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン通信」や、街なかホタルイベント満載の「News Walker」など、今号も楽しさ120%の情報でお届けします。

※ページ表記・掲載情報は紙版発行時のものであり、施設の都合により内容・休み・営業時間が変更になる場合があります。クーポン・応募券は収録しておりません。一部記事・写真・別冊や中綴じなどの特典付録は掲載していない場合があります。
※P82-83 関ジャニ∞の「ジャニ勉」、P85 (特)レポ!ジャニーズWEST(写真)は掲載しておりません。

続きを読む

折りたたむ

KansaiWalker関西ウォーカー 2017 No.11

KansaiWalker編集部KADOKAWA / 角川マガジンズ

るるぶ札幌 小樽 富良野 旭山動物園’18

海鮮丼や寿司、ラーメン、ジンギスカン、スープカレー、スイーツといった札幌の王道グルメほか、最近話題のジビエなどの道産食材や夜パフェ、地元の愛されグルメなど最旬トレンドグルメを徹底紹介。そして大通公園や時計台などの定番観光、六花亭や石屋製菓、ロイズ、北菓楼など人気のおみやげ情報もたっぷりご紹介。2017年の注目イベント「札幌国際芸術祭」ほかエリアの最新情報も必見!札幌・小樽・富良野エリア周辺のお出かけに必携の1冊です。
【本誌掲載の主な特集】
・北のグルメ王国完全攻略!
・札幌の遊び方20スポット徹底紹介(大通公園/さっぽろテレビ塔/札幌市時計台/北海道庁旧本庁舎/もいわ山/円山動物園/北海道大学/さっぽろ羊ヶ丘展望台ほか)
・新千歳空港周辺の観光スポット
・小樽港町さんぽ
・小樽ミュージアム巡り
・堺町通りショッピング
・小樽グルメ
・富良野の花畑巡り(ファーム富田/花人街道ほか)
・富良野の地産野菜レストラン
・美瑛絶景ドライブ(パッチワークの路/パノラマロード)
・美瑛のロケーションgood!なカフェ&レストラン
・青い池へドライブ
・旭川観光スポット(雪の美術館/上野ファームほか)
・旭川ラーメン&ナイトスポット
・宿泊ガイド
ほか
【+αで行きたい近郊スポット】
・定山渓温泉
・洞爺湖
・登別温泉
・支笏湖温泉
・岩見沢
・夕張
・余市
・積丹半島
・トマム 雲海テラス
・東川町
・大雪 森のガーデン
・層雲峡
【特別3大付録】
①札幌&小樽街歩きMAP
②北海道おみやげBOOK&新千歳空港徹底ガイド
③祝50周年!旭山動物園BOOK
※この電子書籍は2017年3月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部誌面内容が異なる場合や、表示されない画像またはページがあります

続きを読む

折りたたむ

るるぶ札幌 小樽 富良野 旭山動物園’18

JTBパブリッシングJTBパブリッシング

恋する絶景&ごちそうドライブを大特集!全68杯掲載のかき氷図鑑にも注目

TokaiWalker東海ウォーカー 2017 6月号

今号では、思わずSNSにアップしたくなるような恋する絶景&ごちそうドライブを大特集!
恋人の聖地と旬を迎えるマスクメロン、一面に咲くアジサイとホタル光景etc.フォトジェニックな10コースを紹介する。
全68杯掲載するかき氷図鑑にも注目。新店やエスプーマ、大人氷など、今食べるべきかき氷が満載の保存版だ。
ほかにも、東海初上陸するマックス ブレナー チョコレートバーやPABLOなど、話題必至のスイーツも紹介するぞ!
 
※ページ表記・掲載情報は17年5/9現在のものであり、施設の都合により内容・休み・営業時間が変更になる場合があります。クーポン・応募券は収録しておりません。一部記事・写真・別冊や中綴じなどの特典付録は掲載していない場合があります。
※P3-10「(得)クーポン12連発!!!」は掲載しておりません。

続きを読む

折りたたむ

TokaiWalker東海ウォーカー 2017 6月号

TokaiWalker編集部KADOKAWA / 角川マガジンズ

GW~初夏まで使えるおでかけ大特集!おいしい「大人の遠足」&海沿い・街中サイクリング&レトロカフェ

YokohamaWalker横浜ウォーカー 2017 5月号

おでかけにぴったりのシーズン到来!真鶴、みなとみらい、湘南、箱根、横浜市内などで楽しめる「大人の遠足」コースを提案します。おいしいものや新しい発見がいっぱい♪
ほかにも1か月使えるイベントカレンダーやお手軽サイクリング、おすすめ朝食、ちょっと懐かしのレトロカフェなど、おでかけに必携の特集がズラリ!
連載では、新たに乃木坂46・伊藤かりんの女子力アップ企画がスタート!
ベイスターズ連載には嶺井博希捕手が、宝塚連載には美弥るりかが、ラーメン連載にはほのかが、音楽ページには秦基博が登場!!
表紙を飾るのはデビュー20周年を迎えるゆず。ゆず×横浜市交通局×YWとのコラボ企画も!

※ページ表記・掲載情報は17年4/12現在のものであり、施設の都合により内容・休み・営業時間が変更になる場合があります。クーポン・応募券は収録しておりません。一部記事・写真・別冊や中綴じなどの特典付録は掲載していない場合があります。

続きを読む

折りたたむ

YokohamaWalker横浜ウォーカー 2017 5月号

YokohamaWalker編集部KADOKAWA / 角川マガジンズ

ことりっぷ 日光・栃木・益子

【本誌は2017年改訂版です】
これまであまり取り上げられなかったけれど、ほんとうにおすすめしたい町やエリアを、これまでのガイドブックにはない切り口やスポットセレクトで紹介しています。
≪収録エリア≫
日光(日光東照宮、二荒山神社、日光山輪王寺、日光山輪王寺大猷院、金谷ホテル、いろは坂・日塩もみじライン、中善寺湖、戦場ヶ原、鬼怒川)、栃木、足利、鹿沼、宇都宮、益子、真岡
※一部コンテンツが採用されいていない場合があります。


20~30代の働く女性をターゲットに""等身大の旅""を提案した昭文社発行の旅行ガイドブックです。大人の女性におすすめの情報を厳選、表紙は全冊異なる装丁で、女性を中心に絶大な支持を得ている大ヒット商品です。

続きを読む

折りたたむ

るるぶ高野山(2018年版)

世界遺産追加登録で盛り上がる高野山を詳しくガイド。絶対見たい3大スポット壇上伽藍、奥之院、金剛峯寺を徹底ガイドするほか、世界遺産にも登録されている歴史ある参詣道から、周辺のウォーキングルートまで7コース紹介。また、門前町での精進料理ランチやカフェ、みやげも掲載しているのでこちらも要チェック!宿坊は全52ヶ寺を掲載、修行体験や庭園観賞ができる宿坊などがあるので、お好みで選んで宿坊ステイもおすすめです。
高野山と一緒に行きたい周辺のおでかけスポットや温泉なども掲載しているので、高野山観光に行くなら日帰りでも宿泊でも使える一冊!
【本誌掲載の特集】
●高野山おまいりガイド
壇上伽藍/奥之院/金剛峯寺 ほか
●高野山を歩く
女人道/高野三山コース/高野山町石道/黒河道/森林セラピー ほか
●門前町で食べる&買う
精進料理のお昼ごはん/カフェ&甘味でひとやすみ/おみやげセレクション ほか
●高野山宿泊ガイド
52カ寺全掲載!宿坊ステイ/ゲストハウス&旅館
●あわせて行きたいおでかけスポット&宿
アドベンチャーワールド/白浜絶景ドライブ/海鮮グルメ/熊野三山/和歌山ラーメン
龍神温泉の宿/本宮温泉郷の宿/白浜の宿/勝浦温泉の宿/和歌山市の宿
【編集スタッフからひとこと】
標高1000m級の山々に囲まれる天空の宗教都市・高野山。厳かで神秘的な雰囲気が漂うその魅力を満喫するなら、宿坊に泊まって写経や瞑想を体験し、高野山ならではの特別な時間を過ごすのがおすすめです。
※この電子書籍は2017年3月にJTBパブリッシングから発行された図書を画像化したものです。電子書籍化にあたり、一部内容を変更している場合があります

続きを読む

折りたたむ

るるぶ高野山(2018年版)

JTBパブリッシングJTBパブリッシング

ページ先頭へ

本文の終わりです