セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

アクション関連タグ

アクションの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

アクション一覧へ

カンピオーネ! III はじまりの物語

草薙護堂は未だ神殺しにあらず。 草薙護堂(くさなぎごどう)は祖父の友人を訪ねるため、イタリア・サルデーニャに来ていた。その地で不思議な少年と出会い、友誼をはぐくむ護堂。だが、そこに現れた魔術師を名乗る少女・エリカとの出会いによって「神」にまつわる事件に巻き込まれることに…。草薙護堂は如何(いか)にして神を殺し、魔王(カンピオーネ)となったのか。そのはじまりの物語が遂に明かされる!!

続きを読む

折りたたむ

”超能力”と上条当麻、”魔術”とインデックス。奇妙な線が交差するとき、物語は始まる――!

とある魔術の禁書目録

自分の部屋に、純白のシスターがいきなり空から降ってきた。 「ありえねぇ……」 上条当麻はつぶやくが、そのシスター姿の少女はこう言った。自分は魔術の世界から逃げたきた――と。 ここは”超能力者”が”一般科学”として認知された、アンチ・オカルトの学園都市。 上条は『インデックス』と名乗る謎の少女の言動をいぶかしむが、二人の前に本当に”魔術師”が現れて――! 期待の新人が贈る学園アクションストーリー登場!

続きを読む

折りたたむ

とある魔術の禁書目録

鎌池和馬/灰村キヨタカKADOKAWA / アスキー・メディアワークス

魔術師、吸血殺し、禁書目録。すべての線が交差するとき、物語は始まる――!

とある魔術の禁書目録(2)

「そこ、女の子がつかまってるから」 ”超能力”が一般科学として認知された学園都市、その「三沢塾」で一人の巫女が囚われの身となった。 そして、どうやら首謀者は、魔術側の人間らしい。上条当麻は魔術師ステイルからそう説明され、すなおにうん、と返事した。 「簡単に頷かないで欲しいね。君だって一緒に来るんだから」 「……はあぁ!」 真夏の日差しの中、不気味にそびえ立つビルに二人は向かっていく。 魔術師、吸血殺し、禁書目録、そして上条当麻。全ての線が交差するとき、物語は始まる――!

続きを読む

折りたたむ

とある魔術の禁書目録(2)

鎌池和馬/灰村キヨタカKADOKAWA / アスキー・メディアワークス

高位霊装「C文書」による大規模魔術が発動! 天草式十字凄教徒・五和と共に、上条当麻はフランスを駆ける……! 科学と魔術が交差するとき、上条当麻の物語は始まる――!

とある魔術の禁書目録(14)

一〇月。 突然、世界中でローマ正教たちによる反科学デモが起き始めた。そのアンチ行動は、学園都市を筆頭とする『科学サイト』への糾弾に他ならない。 世界が混乱する中、『C文書』と呼ばれる霊装がこの事件の元凶だと知った上条は、土御門と共に『C文書』があるとされるフランスの観光都市アビニョンへと飛び立つ。アビニョン現地で、上条は天草式十字凄教徒の五和と再会、彼女を携え『C文書』捜索に乗り出す……そんな彼らの前に『神の右席』左方のテッラが立ちふさがる。 科学と魔術が交差するとき、上条当麻の物語は始まる――!

続きを読む

折りたたむ

とある魔術の禁書目録(14)

鎌池和馬/灰村キヨタカKADOKAWA / アスキー・メディアワークス

学園祭のミスコンに、「恋人にしたくないアイドル」の異名をとるかなめがエントリー!

フルメタル・パニック!安心できない七つ道具?

戦闘ロボ、ついに覚醒っ!“常識なし”だの“朴念仁”だのといわれつづけたあの相良宗介が、硝煙と破壊の世界に別れを告げた!?熱でも出したか、いつになく人間らしく、女子大生との合コンにチャレンジ。居酒屋→カラオケ→♪♪♪……なんていう、ムーディーなノリノリについていけるか“100%のターミネイター”!?いろんな意味でかなめもドキドキ「身勝手なブルース」ほか、5作を収録した短編集だ。賀東招二書き下ろしの1本は、テッサたんと5人のおじさまーズが南の島で大暴れ!?どこまでいくのか疾風怒濤のカミカゼ短編!?なんだかんだで7冊目に突入!

続きを読む

折りたたむ

溝呂木克郎の口から語られる、十三年前の事件とは――

フルメタル・パニック! アナザー6

研究所に潜入した達哉とアデリーナは首尾良く〈レイヴン〉と溝呂木の身柄を取り戻すものの、脱出の際に無人ASと交戦することに。その無人ASの出現には過去のとある事件が大きな影響を与えているというのだが……

続きを読む

折りたたむ

フルメタル・パニック! アナザー6

賀東招二/大黒尚人/四季童子/海老川兼武KADOKAWA / 富士見書房

ページ先頭へ

本文の終わりです