セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

GWCP ゴールデンウィークキャンペーン

はじめてのお客さまへ

アクション関連タグ

アクションの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

アクション一覧へ

”超能力”、”一方通行”、”レディオノイズ”、そして上条当麻。すべての線が交差するとき、物語は始まる――!

とある魔術の禁書目録(3)

「不幸だ……」 真夏の夕暮れ。補習帰りにジュースの自動販売機に金を呑まれた上条当麻はそう呟いた。 「ちょろっとー。なにやってんの、アンタ?」 カツッと革靴を鳴らしながら、御坂美琴は上条に声をかけた。 「お姉様?」 その後、美琴に顔形そっくりの御坂妹がやってきた。 三人の出会い。 それが、事件の幕開けだった。 一方通行と呼ばれる超能力者が起こす殺戮劇の、幕開けだった――。

続きを読む

折りたたむ

とある魔術の禁書目録(3)

鎌池和馬/灰村キヨタカKADOKAWA / アスキー・メディアワークス

死が日常と隣り合わせの国で、達哉が見つけたものとは――

フルメタル・パニック! アナザー4

西アフリカにある内戦中の軍事独裁国家、マランパ共和国。そこへAS訓練のため赴いた達哉達だが、反乱軍との抗争に巻き込まれることに。何が正義で、何が悪なのか。心揺れる達哉の前に現れたのは……!?

続きを読む

折りたたむ

フルメタル・パニック! アナザー4

大黒尚人/賀東招二/四季童子/海老川兼武/渭原敏明KADOKAWA / 富士見書房

<ミスリル>壊滅。仲間の生死も知れず、かなめをアマルガムに奪われ……

フルメタル・パニック!燃えるワン・マン・フォース(新装版)

いつもそばにいた彼女を失った。そして、共に戦った仲間ももういない。絶望の底に沈む宗介は、ただひとり東南アジアの街ナムサクを訪れていた。この街ではAS同士の闇闘技会が開催されるという。宗介は昔の知り合いを訪ねたのがきっかけで、弱小チーム「石弓(クロスボウ)」の操縦士を志願する。初期型のAS<サべージ>を操り見事チームに勝利を呼び込んだ宗介。整備士兼オーナーのナミや、気のいいフランス人ルポライターレモンたちとの思いがけず穏やかな時間を過ごす宗介。だが、勝利を重ねる宗介は警察に連行される。そして、そこにはVIP向けに開催される命を賭けた闇バトルの誘いが! しかし、それこそが宗介が望んだ事態だった! 今、たったひとりの反撃が始まる。

続きを読む

折りたたむ

ついにAS-1出陣! その名は<○○○○>!!

フルメタル・パニック! アナザー2

民間軍事会社(D.O.M.S社)での訓練を終え、高校へ通うため日本へ戻った市之瀬達哉。息をつく間もなく、突然学校へアデリーナとクララがやってきた! 果たして、彼女たちから伝えられる新たな仕事とは――

続きを読む

折りたたむ

フルメタル・パニック! アナザー2

大黒尚人/賀東招二/四季童子/海老川兼武/渭原敏明KADOKAWA / 富士見書房

俺たちの日常の全てを、『オブジェクト』が変えた。

ヘヴィーオブジェクト

結局、戦争はなくならなかった。でも、変化はあった。くだらない殺し合いが淡々と続く中にも、変化はあった。 超大型兵器オブジェクト。それが、戦争の全てを変えた。 戦場に派遣留学した学生・クウェンサーは、整備基地で、奇妙な雰囲気を持つ少女と出会う。その少女は『エリート』と呼ばれていた───『オブジェクト』のパイロットとして。 近い将来。このちっぽけな少年は、少女のために、最強の兵器『オブジェクト』に、生身で立ち向かうことになる───。 これは、そのきっかけとなる出会いだった。

続きを読む

折りたたむ

ヘヴィーオブジェクト

鎌池和馬/凪良KADOKAWA / アスキー・メディアワークス

不良兵士二人組の、ハイテンションな近未来アクション、懲りずに第三弾だ!

ヘヴィーオブジェクト 巨人達の影

巨大兵器オブジェクトが世界のバランスを支配し、物事の全てを決める。シンプルで安全で、クリーンな国際競争を行う場所。それが俺たちの 『戦場』 だ。こんな最前線から兵士が去っていく一番の理由は、負傷でも戦死でもなく、基地内における男女間の恋愛問題のこじれだったりする。 そう。今時、戦場で死ぬなんて流行らない。 ──はずだったのだが、 「 「クソッたれ!! どこのどの辺が安全でクリーンな戦場だちくしょう!!」 」 爆乳美人上官フローレイティアは、今日も今日とて、ごく自然に戦地留学生クウェンサーと貴族なのに下っ端軍人ヘイヴィアの二人をオブジェクトだらけの戦場に放り込んでいた。 相変わらずな二人の敵は、以前出会った「おほほ」と笑うあのエリート女と、そいつが駆るオブジェクト。ヤバそうな予感バリバリで、しかもなぜか我らがお姫様の機嫌も悪く……これが恋愛問題のこじれってやつなのか?

続きを読む

折りたたむ

ヘヴィーオブジェクト 巨人達の影

鎌池和馬/凪良KADOKAWA / アスキー・メディアワークス

ページ先頭へ

本文の終わりです