セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

アクション関連タグ

アクションの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

アクション一覧へ

千鳥かなめの護衛の任を解く―宗介への突然の帰還命令。残されたかなめに暗殺者が迫る!

フルメタル・パニック!(4) 終わるデイ・バイ・デイ(上)(新装版)

「危険だ、車爆弾だ!」。“ダナン“シージャック事件の悪夢も覚めやらぬ秋の日、相良宗介の危機回避衝動はさらなる高まりをみせていた。教師の車を完膚なきまでに分解、大破。そんな、宗介の的を外した警戒は、決して杞憂に終わりはしなかった。“ダナン“を危地に陥れた裏切り者を追って、シチリアを訪れたクルツとマオ。だが、裏切り者を拘束するため、シシリー・マフィアの屋敷に潜入した彼らをASが襲う!辛くも、援護に向かった宗介と合流した彼らは、最新鋭機M-9に酷似した正体不明のASを目撃!敵か?味方か?謎のASへの疑惑を抱える宗介たちに、意外な事実が明かされようとしていた!!大好評SFアクション・シリーズ。宗介&かなめ、不動の爆弾コンビにふりかかる悲劇の予感!?【この作品は表紙イラストが新しくなった新装版です。本編や収録イラストの変更はありません】

続きを読む

折りたたむ

凜九郎(2) 《父の秘密》

亡き父と時の老中・安藤信睦とのあいだに確執があったことを知った凜九郎は、さくらとともに安藤の屋敷にもぐりこみ、若君の警護の仕事を得る。隠された父の“もうひとつの顔”を探るため、安藤との面会の機会を待つ凜九郎だったが、一方で、八木道場の千穂と、幼なじみのおゆきのその後も気になるのだった。おしよせる時代の波。凜九郎は、それを切りひらけるか? 青春時代小説シリーズ、第2弾!

続きを読む

折りたたむ

いよいよラストバトル! 宗介の前に最大の敵が!?

フルメタル・パニック!(12) ずっとスタンド・バイ・ミー(下) (新装版)

決戦の地、メリダ島へ乗り込んだ宗介たち。だが次々現れる強力な敵を前に、苦戦を強いられる。一方、別行動をとるマオたちにもピンチが訪れていた。今すべてが終わりへと動き出す……フルメタついにファイナル!

続きを読む

折りたたむ

超過激学園ラブコメ!過激の意味がひと味違う大人気シリーズ!

フルメタル・パニック!自慢にならない三冠王?

暗い夜道はキケンだぽに――。犠牲者続出。正体不明。巷を騒がすナゾの変態痴漢“ぽに男”の毒牙に、ついに千鳥かなめの親友・恭子までが……!この赦されざる女の敵に、かなめは捨て身の(?)囮捜査を決断。一方、彼女の自称護衛・相良宗介は最新鋭かぶりモノ型秘密メカ装備で“ぽに男”に挑む!友に捧げるミッドナイト・バトルのいきつく未来は、笑いかそれとも騒動か?宗介&かなめの激爆コンビが繰り出す爆音、夜の静寂にとどろき渡る!?(『押し売りのフェティッシュ』より)超過激学園ラブコメ、過激の意味がひと味違う大人気シリーズ。衝撃の5作に書き下ろし1作収録の短編集!!

続きを読む

折りたたむ

戦争バカの高校生「宗介」にラブレターが!?愛と笑いの「暴力」ラブコメ短編集!

フルメタル・パニック!放っておけない一匹狼?

今日も元気だ狙撃がキマル。校舎に轟く爆発音。他人の迷惑なんのその――。戦争ボケ高校生相良宗介の、日常的な1日である。だが、そんな彼にひとつの転機が訪れた。なんと宗介の下駄箱に一通のラブレターが置かれていたのだ!差出人はいったい?うまくいったら戦争バカも社会復帰か?そんな微かな希望をあざ笑うように、狂戦士・相良宗介はラブレターの影に潜む陰謀を打ち砕かんと動き始めた!!危うし差出人!危うし学校!宗介の無謀な作戦を、誰が止められるのか!?(『南から来た男』より)前代未聞のバイオレンス(笑)学園ラブコメ!彩り豊かな5本の傑作に、書き下ろしを加えた衝撃の短編集!!

続きを読む

折りたたむ

「大覇星祭」にひとつの波紋が広がった。「使徒十字」。それは、人々の夢を破壊していく……! 科学と魔術が交差するとき、上条当麻の物語は始まる――!

とある魔術の禁書目録(10)

7日間にわたって開催される「大覇星祭」。 運営委員の吹寄制理やチアリーディング姿の月詠小萌、名門お嬢様学校の御坂美琴など、学園都市のすべての教師と生徒が一丸となって取り組む超大規模イベントだ。 そこに、ひとつの波紋が広がった。『使徒十字』。 そう呼ばれる存在が、上条当麻の大切な人たちの夢をあっけなく破壊していく……! 上条当麻は走る。 誰もが期待し、楽しんでいた「大覇星祭」を取り戻すために。 科学と魔術が交差するとき、物語は始まる――!

続きを読む

折りたたむ

とある魔術の禁書目録(10)

鎌池和馬/灰村キヨタカKADOKAWA / アスキー・メディアワークス

ページ先頭へ

本文の終わりです