セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ノンフィクション電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

ノンフィクションのランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

『9th Note/Senri Oe』第4弾、感想は『十人十色』?

9th Note/Senri Oe IV ジャズに焦りは禁じ手か?

本シリーズ最大の魅力は、なんといっても、
ジャズピアニストを目指し単身NYで勉強に励む大江千里氏の
今日に至るまでの日々が自らの言葉で綴られていること。

それまで築いてきた栄光に甘えず、
やりたいことを一途に突き詰めるストイックさ、
正直さが氏の文章から溢れ出ており、
20分強の読了時間があっという間に過ぎ去ります。

いまこの原稿を書いているアラフォー世代の私は、
渡辺美里さんのファンだったこともあり、
氏の詞や曲にも親しんでおりましたが、
本シリーズを読むとその頃のメロディが頭から離れません。

話が逸れましたが、第4弾も目が離せない展開ですよ!

続きを読む

折りたたむ

by海老道楽  (BOOK☆WALKER スタッフ)

会社が消滅すると分かったら残る? 転職する?

しんがり 山一證券最後の12人

『しんがり』に登場するのは山一証券の業務管理本部(通称・ギョーカン)の人たち。
社員から「場末」と呼ばれていた部署が、なぜ廃業する会社に最後まで残ったのか? 

当然、すぐに転職をした人だっているしそれはそれで正しい行動だ。
それでも最後まで残ると決めた12人それぞれのキャラに惹かれてしまう。
ノンフィクションでありながらスリリングで人情味があり泣けてしまう。

小説と違って大逆転は起きないけどドラマ化になった理由がよく分かる。

続きを読む

折りたたむ

bytanakatronics  (BOOK☆WALKER スタッフ)

ノンフィクション関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです