セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

仕事・職業電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

仕事・職業の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

仕事・職業一覧へ

あなたの上司に「コイツはデキる!」と思わせる日本語、知っていますか?

結局、仕事は「言い方」しだい

ビジネスマンは「何を言うか」よりも「どう言うか」で“デキる”“デキない”を判断されてしまう。辞書には載っていない“ビジネス日本語力”を身に付け、社内で一目置かれる存在になれ!

続きを読む

折りたたむ

結局、仕事は「言い方」しだい

齋藤孝KADOKAWA / 角川学芸出版

就職四季報 企業研究・インターンシップ版 2019年版

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

売上No.1(*大学生協売上・就職書業界研究部門)の業界研究本『就職四季報』に待望の新シリーズ創刊!
インターンシップを機に企業研究を始める人のための「企業研究・インターンシップ版」です。

いまや実質的な就活スタートとなったインターンシップ。インターンの参加自体に選考がある、本番選考に直結するなど、学生の迷いと不安をかきたてる噂は尽きません。

ただ、インターンで即内定、就活終わりとするのは少数派でもあり危険でもあります。何をやればよいのか悩む時間があるなら、いつの時代も、腰を据えて企業研究を重ね、自分の価値観を確立した人物が採用されるというシンプルな法則を思い出しましょう。

「なぜこの会社を選ぶのか」という深い自己分析には、「会社とは何か」「会社をどう評価するべきか」を知らなければなりません。
本書ではインターンを機にはじめての会社選びに臨む就活生に、まずその基礎的な方法を伝授します。就活生の必携本である『業界地図』や先輩イチオシの就活バイブル『就職四季報』の使い方も学びます。「おさらい」や各種のワークで、自然に企業や業界を見る眼が育ちます。

その後に、大手880社の会社情報&インターン内容で「調べておく」「比べてみる」「選んで行く」という3ステップをたどってみましょう。
そうして参加したインターンは、内定を直視するだけのインターンよりも、その後の就活にも、社会人生活にも大きな実りある就業体験となるでしょう。

<企業・業界研究編>
1.インターンシップを理解する――先輩たちがすすめる理由
2.行きたい会社を選んでみる――会社研究の基本情報
3.知っている会社を増やす――同業他社、BtoB、トップシェア
4.やりたい仕事を職種に落とす――ラインとスタッフ、その役割
5.共通点を調べて分類する――上場企業、大企業、企業グループ
6.やってみよう会社分析――利益をどうやって上げているか
7.業界地図を使いこなす――業界研究の最強の武器
8.就職四季報の見方を知る――働き方データを正しく読む
9.会社を五感で感じ取る――実りあるインターンシップにするために

<インターンシップ情報編>
主要880社のインターンシップ内容
 社名/業種/特色/本社/設立/業績/採用数(修士大卒計、女性)/従業員数(合計、女性)/平均年収
 インターンシップ情報(概要、時期、人数、地域)//『就職四季報』(総合版・女子版)掲載ページ

続きを読む

折りたたむ

フリーターって、何を考え、どんな生活を送っているのだろうか。その実際の姿を、現役フリーターがすべて実話でセキララに紹介する。

38歳・男性・独身 わがフリーター人生、セキララ赤面日記

やはり実話の迫力はすごい! 本書は、その驚くべき現実が、著者とその周辺フリーターの体験として、赤裸々にレポートされている。著者は、いくつかの企業に就職するも続かず、はからずも10年にわたりフリーター人生を続けている38歳の独身男性。その赤面の実話とは、たとえば「一週間、水ば飲む」。仕事で腰を痛めて立つことも外出もできず、一人暮らしの部屋を這いながら水だけ飲んで命をつないだ話。電気が止められた冬の日、もちろん灯りもエアコンも冷蔵庫も止まり、ろうそくで過ごした一夜の話。その他、「入浴はガソリンスタンドで」「一円の重み」「保険のない恐怖の生活」「風邪がもたらした喜劇と悲劇」などなど、興味深い項目が目白押し。35歳を過ぎた一人のフリーターの、食生活、日常生活、金銭生活、不健康生活を余すところなく赤裸々にレポートした本書は、あまり書かれることのなかったフリーターの現実の姿を浮き彫りにする。

続きを読む

折りたたむ

下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち

なぜ日本の子どもたちは勉強を、若者は仕事をしなくなったのか。だれもが目を背けたいこの事実を、真っ向から受け止めて、鮮やかに解き明かす怪書。「自己決定論」はどこが間違いなのか? 「格差」の正体とは何か? 目からウロコの教育論、ついに文庫化。「勉強って何に役立つの?」とはもう言わせない。(講談社文庫)

続きを読む

折りたたむ

10年間での大動脈手術数2000例以上。命と向き合う手術室は究極の職場

心臓外科医の覚悟 医師という職業を生きる

命と向き合ってきた20数年の手術経験を例に挙げながら、命の最前線を担う医師として倫理観や患者との係わり合いを書く。山本医師の手術成功率が高いのは、人知れず努力をし、確固たる胆力を持つから。また、2年のアメリカ留学中は世界的に有名な心臓外科医の300例以上の手術に立ち合い、克明にノートに記録した。この経験から東京に戻ってきた時には苦もなく、動脈瘤の手術をこなすことができるようになっていたという。これらの稀有な経験からは生きる術が学べる。そして、医学界の閉塞した状況にも一石を投じ、熱血、正義漢外科医の生き方をぶつけたい。こんな哲学を持つ医師にかかりたい。

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです