セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

健康電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

健康関連タグ

健康の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

健康一覧へ

視力回復の特効薬を伝授! 目の運動や首回りのストレッチ、ツボ押しなどによって、慢性的な眼精疲労や近視、老眼、白内障、飛蚊症を改善する方法を紹介。効果抜群の「目トレッチ体操」によって目のトラブルを解消できる一冊です。

「目トレッチ体操」で近視や老眼、白内障、飛蚊症を改善する

パソコンの業務やスマートフォンの操作などによって、慢性的な疲れ目、視力の低下、目の乾き、眼精疲労からくる肩こりなど、さまざまな目のトラブルを訴える人が急増しています。また、加齢とともに老眼や飛蚊症に悩んでいる人も多い状況です。
このような目の疲れや視力低下、老眼、白内障、飛蚊症を手軽に改善するために著者が開発したのが「目トレッチ体操」です。著者が理事を務める「視力向上ヨガ協会」では、目トレッチ体操によって年齢に関係なく視力が改善し、やったその場で効果が現れることが実証されています。目トレッチ体操に加えて、さらに効果を高める肩周りのストレッチや指もみなどを行えば、目のトラブルが劇的に改善するはずです。

続きを読む

折りたたむ

誰でもできる! 長寿遺伝子を活性化し、老化を防ぐ方法を教えます

決定版 100歳まで大病しない108の習慣

健康な体で100歳を迎えることは、特別なことと思われがちですが、そうではありません。誰もが体の中に持っている「長寿遺伝子」を活性化すれば実現可能なのです。そのために必要なのは、薬や高価なサプリメントなどではなく、日々の食べ物や習慣を少し変えることだけ。老化を防ぎ、生命にかかわる「大病」を予防できるようになります。「がん」をはじめ、アルツハイマー病などの「認知症(ボケ)」、「糖尿病」、「高血圧」、「脂質異常症」、「動脈硬化」も病気になってから治療するのでは、進行を遅らせることができても完治は困難。まずは“病気を寄せ付けない食べ方・生き方”を実践して、病気を防ぎましょう。この本にはその秘訣が詰まっています。

続きを読む

折りたたむ

決定版 100歳まで大病しない108の習慣

白澤卓二KADOKAWA / 角川マガジンズ

らっきょう漬けや梅のシロップ、生トマトで作るトマトソースなど、季節の食材を無駄にしない保存食。手作りのジャムはスイーツに、自家製の塩辛はおつまみに、など、アレンジもいろいろ。1度は挑戦したい手作りみそも紹介します。アレンジも含めて、盛りだくさんの全107レシピです。

初めて作る保存食

季節の食材で作る保存食、おかずの素になる保存食、保存できる自家製調味料、おやつにも料理にも使える甘い保存食など。保存食そのもののレシピと、保存食を使ったアレンジレシピを掲載しています。紹介している保存食の例としては、梅シロップ、らっきょう漬け、じゃこさんしょう、バジルペースト、しょうがシロップ、トマトソース、ぶどうジュース、栗の渋皮煮、塩きのこ、りんごジャム、ゆずこしょう、煮いちご、など。昔ながらのみそ作りや、ぬか漬け、イクラのしょうゆ漬けなども紹介。梅シロップは、しょうが焼きに使ったりシャーベットにしたり。作った保存食を使って、ふだんのおかずから甘いものまで、幅広くアレンジレシピも紹介しています。

続きを読む

折りたたむ

初めて作る保存食

瀬戸口しおりKADOKAWA / 角川マガジンズ

図解 マインドフルネス瞑想がよくわかる本

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

そもそもマインドフルネスとはなにか。瞑想にどんな効果があるのか。本書ではイラストやチャートを使い、マインドフルネス瞑想の基本的な手法と理念をわかりやすく紹介します。もっとも基本的な呼吸の瞑想をはじめ、食べる瞑想、飲む瞑想、座る瞑想、立つ瞑想、歩く瞑想、慈悲の瞑想など様々な手法を紹介。チャートを見ながら実践ができ、うまくできないときはチェックリストで対処法を学べる“図解で理解が深まる決定版”です。

続きを読む

折りたたむ

1日500mlのビールが体にいい! 老けたくなければ、ビールを飲みましょう!

ビールは、本当は体にいいんです!

最初の1杯はビールで!そんなビール党の人たちにとってうれしい話が満載の一冊です。ビールにまつわるさまざまな誤解や疑問に、20年以上にわたりビールホップの研究を続ける著者が、ていねいに答えていきます。とくに、ビールの苦味成分、ホップの薬理作用に注目。ホップの持つさまざまな効果効能について紹介しています。また、ホップ成分のなかでも特に抗酸化作用が強い「イソフムロン」という化合物には、認知症を止める神経細胞保護作用、抗炎症作用、抗肥満作用など、さまざまな薬理効果があることが証明されています。体にいいことばかりの「ホップ」成分は、生ビールよりもラガービール、エールビールにたくさん含まれていることも知っておきたいポイントです。健康のために、毎日1杯、今日からビールを飲みましょう!

続きを読む

折りたたむ

ビールは、本当は体にいいんです!

戸部廣康KADOKAWA / 角川マガジンズ

「薬はお茶では飲んではいけない?」 今まで信じてきた常識が覆されます。

ねぎを首に巻くと風邪が治るか? 知らないと損をする最新医学常識

プールで泳いだ後は水で目をよく洗い、すり傷をしたら消毒して薬を塗る。いつもしていることが本当は間違った処置法だったら…。94のあやふやな医学常識を挙げて、その可否を詳しく説明する。さまざまな思い込み医学常識食べもの・飲みものに関する思い込み医学常識妊婦・子供に関する思い込み医学常識薬に関する思い込み医学常識風邪やインフルエンザに関する思い込み医学常識脳に関する思い込み医学常識

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです