セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

サスペンス電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

サスペンス関連タグ

サスペンスの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

サスペンス一覧へ

黒蠅(上)

バージニアを離れ新天地を求めた彼女。だが悪夢は終わってはいなかった。検屍局長辞任から数年後、フロリダに居を移したスカーペッタに、死刑囚となった〈狼男〉から手紙が届く。「あなたが死刑を執行してくれ。さもなければ、また何人もが命を落とす」時を同じくしてルイジアナで女性ばかり10人もの連続誘拐殺人事件が発生。彼の犯行ではないのか? 検屍官シリーズ待望の第12弾! (講談社文庫)

続きを読む

折りたたむ

黒蠅(上)

パトリシア・コーンウェル/相原真理子講談社

痕跡(上)

1本の電話が始まりだった。法医学コンサルタントのケイ・スカーペッタは、死因不明の少女の遺体を調べるため、5年ぶりにリッチモンドの地を踏んだ。そこでは事件へのFBIの関与が明らかになる一方、かつてケイが局長として統率した検屍局が、無残にも破壊されつつあった。この町で何が起きているのか? (講談社文庫)

続きを読む

折りたたむ

痕跡(上)

パトリシア・コーンウェル/相原真理子講談社

ゴーストハント(3)

タタリに幽霊に超能力……。湯浅高校に起こるすべての怪現象の犯人とは、少女・千秋なのだろうか!? 幽霊退治のプロ・渋谷一也(=ナル)たちSPRは、学園にひそむ「ほんとうの呪者(じゅしゃ)」を突き止めることができるのか……!? 超人気サイキック・ホラーノベル「悪霊シリーズ」、「放課後の呪者」編!

続きを読む

折りたたむ

ゴーストハント(3)

小野不由美/いなだ詩穂講談社

一人、また一人と殺されていく悪夢のような現実。 これは仕組まれた《ゲーム》なのか――?

殺戮ゲームの館<下>

密室に閉じ込められた福永祐樹含むオカルトサークルメンバー11名の前に待ち受けていたのは、一方的に提示される不可解な《ルール》と、夜を迎える度に一人、また一人と殺されていく悪夢のような現実だった――。 やがて祐樹たちの前に“警告者”が現れ、密室の中で行われる死を賭けたゲームの存在と、どこかに“殺人犯”がいることを告げるが……!? 疑心渦巻く密室サスペンス、下巻!

続きを読む

折りたたむ

殺戮ゲームの館<下>

土橋真二郎KADOKAWA / アスキー・メディアワークス

審問(上)

悪夢のような〈狼男〉の家宅侵入事件から24時間。危うく命を落としかけたスカーペッタは、友人の精神科医の家に身を隠す。が、追い討ちをかけるように彼女に殺人疑惑がふりかかる。血まみれの死体で発見された副署長ブレイ殺害に関わりがあるというのだ。前作『警告』の直後から始まる検屍官シリーズ第11弾。(講談社文庫)

続きを読む

折りたたむ

審問(上)

パトリシア・コーンウェル/相原真理子講談社

かつて国際商社マンだった男が北方領土近くの小さな漁港に。CIAと関わっていた男の過去が甦る

ラヴェンダーの丘

大倉治郎、48歳。かつては国際商社マンとして活躍した。今は第一線を退いて欧亜商事札幌支店苫小牧出張所の所長をしていた――が、元CIA要員、クロフォードからの電話でたちまち過去へと引き戻されてしまう。北方領土の近く、真琴内という小さな漁港で不穏な動きがあるという。謀略阻止の依頼だった。昔の仲間“ジャン”も駆け付けた。過去の罪を背負ったまま生きていた大倉は、自分の死に場所を求めるようにして真琴内へと向かう。

続きを読む

折りたたむ

ラヴェンダーの丘

半村良KADOKAWA / 角川書店

ページ先頭へ

本文の終わりです