セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

映画関連タグ

映画の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

映画一覧へ

ビタースイートな青春学園ミステリー、好評シリーズ第3弾!

“文学少女”と繋がれた愚者【フール】

「これは食べ物への冒涜よっ!」物語を食べちゃうくらい深く愛している”文学少女”天野遠子。彼女が、図書館の本のページが切り取られていることを発見してしまったため、文芸部の後輩井上心葉は、またしても振り回されるハメになったのだが……。 学園中が文化祭の準備に沸く陰で、追いつめられ、募っていく狂気。過去に縛られ立ちすくむ”愚者”に、”文学少女”が語る物語とは――?

続きを読む

折りたたむ

“文学少女”と繋がれた愚者【フール】

野村美月/竹岡美穂KADOKAWA / エンターブレイン

”外見”と”中身”が、入れ替わる!? 上条当麻が”とある魔術”に襲われるとき、物語は始まる――!

とある魔術の禁書目録(4)

学園都市から外出許可を得、家族と一緒に海へバカンスに来た上条当麻。 そこで彼が見たものは、母親がインデックスで、インデックスが青髪ピアスで、神裂火織がステイルで、ステイルが海のオヤジで、御坂妹がその息子で、御坂美琴が当麻の妹で!?  それは、”とある魔術”が原因だった。 謎の魔術『御使堕し』が上条当麻を中心に展開したらしい――!? 大人気学園アクション第四弾登場!

続きを読む

折りたたむ

とある魔術の禁書目録(4)

鎌池和馬/灰村キヨタカKADOKAWA / アスキー・メディアワークス

映画化! ”文学少女”は「真実の物語」を見つけ出すことができるのか!?

“文学少女”と慟哭の巡礼者【パルミエーレ】

遠子の受験・卒業を目前にし、寂しい思いにとらわれながらも、ななせと初詣に行ったりして、和やかなお正月を迎える心葉。だが、ななせがケガをし、入院先に見舞いに行った彼は、その心を今も縛り付ける、ひとりの少女と再会する―!過去に何があったのか。そして今、彼女は何を望んでいるのか…。心葉は、そしてすべての物語を読み解く”文学少女”は、その慟哭の中から「真実の物語」を見つけ出すことができるのか!?

続きを読む

折りたたむ

“文学少女”と慟哭の巡礼者【パルミエーレ】

野村美月/竹岡美穂KADOKAWA / エンターブレイン

天中殺!? リナ新たな魔王に狙われる!

スレイヤーズ9 ベゼルドの妖剣(新装版)

今日も元気に旅を続ける天才魔道士にして戦士のリナ=インバース&美形凄腕傭兵のガウリイ=ガブリエフ。冥王の企みをなんとか阻止したリナ一行。再びお気楽な旅に戻った2人の目的は、冥王との戦いで失った光の剣の代わりを見つける事。伝説の剣を求めあちこち旅をする2人だが、数々のインチキ伝説剣に踊らされることに。苦労の末、ついに掴んだネタは伝説の剣がベゼルドにあるという話。しかし、乗り込んだベゼルドには原因不明のデーモン大量発生の噂が!? 一難去ってまた一難、またも大物魔族の登場!? 圧倒的なスケールで展開するファンタジー小説の金字塔。ここに見参!

続きを読む

折りたたむ

スレイヤーズ9 ベゼルドの妖剣(新装版)

神坂一/あらいずみるいKADOKAWA / 富士見書房

”超能力”と上条当麻、”魔術”とインデックス。奇妙な線が交差するとき、物語は始まる――!

とある魔術の禁書目録

自分の部屋に、純白のシスターがいきなり空から降ってきた。 「ありえねぇ……」 上条当麻はつぶやくが、そのシスター姿の少女はこう言った。自分は魔術の世界から逃げたきた――と。 ここは”超能力者”が”一般科学”として認知された、アンチ・オカルトの学園都市。 上条は『インデックス』と名乗る謎の少女の言動をいぶかしむが、二人の前に本当に”魔術師”が現れて――! 期待の新人が贈る学園アクションストーリー登場!

続きを読む

折りたたむ

とある魔術の禁書目録

鎌池和馬/灰村キヨタカKADOKAWA / アスキー・メディアワークス

映画化! 夢のようなひと夏の思い出を描く、“文学少女”特別編!

“文学少女”と月花を孕く水妖【ウンディーネ】

『悪い人にさらわれました。着替えと宿題を持って、今すぐ助けに来てください』―そんな文面で呼び出され、貴重な夏休みを姫倉の別荘で過ごす羽目になった心葉。“おやつ係”として呼ばれたはずが、麻貴の挑発に乗せられた遠子に引きずられ、昔屋敷で起こったという惨劇の謎解きをする羽目になり―!?不敵に微笑む麻貴の望みとは? 自らの“想像”に心を揺らす“文学少女”の“秘密”とは―?

続きを読む

折りたたむ

“文学少女”と月花を孕く水妖【ウンディーネ】

野村美月/竹岡美穂KADOKAWA / エンターブレイン

ページ先頭へ

本文の終わりです