セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

BWインディーズ電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

BWインディーズ関連タグ

BWインディーズのロングセラーランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

BWインディーズ一覧へ

2014・15年の科学ニュースを4コマで!そう、STAP細胞とかね。

サイエンスの国のありす(2014・15)

2014・15年の科学ニュースを4コマで振り返ることができるよ。STAP細胞。ミジンコの人気上昇。ノーベル賞。はやぶさ2打ち上げ……などなどありました。そんな4コマを週1本ペースで描いてます。本文54Pです。サイエンスの国のありすの3巻目です。

続きを読む

折りたたむ

qmake入門

2016年の技術書典で頒布した「qmake入門」の電子書籍版です。クロスプラットフォームフレームワークのQtに同梱されているメタビルドシステムqmakeのチュートリアルと基礎の解説書です。

続きを読む

折りたたむ

qmake入門

緑野翁著者センター

異世界に召喚され魔王となった俺に戦いを挑むのは、同級生!? 異世界魔王となり、同級生達と戦うイラストCG集!!

同級生と異世界魔王

学校に馴染めず、ネトゲだけが楽しみな俺はギルドの仲間、紅瀬みずきにリアルで会うものの、会話がつづかず拒絶され、スクールカースト上位の崎浜愛乃香にも見向きもされない冴えない高校生。
そんなある日、俺は突如異世界に召喚され魔王になってしまう! その俺に挑むのは勇者や戦士、魔法使いとなった同級生!?
俺は魔王打倒のため戦いを挑んでくる同級生達を次々に捕らえていくが…。

異世界魔王となり、勇者や戦士となった同級生達と対決する異世界ファンタジーイラストCG集!!

続きを読む

折りたたむ

同級生と異世界魔王

宿借り源八郎著者センター

加藤山羊・矢樹純 ホラー初期作品集

忌繭

ホラー漫画『女囚霊』『禁忌』の加藤山羊・ホラー小説『或る集落の○』矢樹純による、デビュー当時の短編ホラー漫画集です。加藤山羊・矢樹純の持ち味である、はらわたにグッとくる怖さの原石を集めた、珠玉のホラー短編集となっております。●因習の残る瀬戸内海の島を訪れた女子高生。彼女が蔵の中で見つけた、真っ赤な仏壇に隠された真実…《赤塗仏》●「一番悪いことって、何だと思う?」奇妙な妄想に取りつかれた女友達。彼女の“気づき”とは…《咎の糸》●趣味の山歩きで出会った不気味な少年。「目を合わせてはいけない」けれど、私はどうしても“彼の顔”が見たかった…《山童》●昭和初期、“奇蹟”の存在を証明するために、ある動物実験が行われた。研究者の狂気に翻弄される犬達の運命は…《奇蹟研究所の犬》以上、四編収録です。

続きを読む

折りたたむ

忌繭

加藤山羊/矢樹純著者センター

時事英語 de リスニング Limited Edition

『時事英語 DE リスニング Limited Edition』 

 本書は、現在Amazon KDPで発売中の新刊『時事英語 DE リスニング July,2016』の紹介と評価を兼ねた限定版です。

本書は以下のように3つのステップで体系的にサイトトランスレーションとリスニングを構築しています。

First Level Listening;リスニングの初級者の皆様が対象です。ハイレベルなトピックを1500個前後(専門用語は除く)の語彙を駆使して分かりやすく書かれています。音声の速さも通常の英語ニュースの70-80%程度とゆっくりしています。

Second Level Listening;リスニングの中級者の皆様が対象です。記事の内容は2000個前後(専門用語は除く)の語彙で分かりやすく書かれています。音声の速さは通常の英語ニュースの速さより僅かに遅い90-95%程度になります。
 
Advanced Level Listening; リスニングの上級です。内容と速さは英検1級、TOEIC満点かそれ以上になります。

 
ご注意;
本書に収録されている音声と映像を利用するためには、ご使用のPCや端末機器がインターネットに接続されている環境が必要です。また、インターネットの環境によってはダウンロードに時間がかかる場合があります。事前にご了承ください。

続きを読む

折りたたむ

どこの馬の骨とも知れないお姫様のブルース

「囚われたお姫様を解放するのはいい…でも俺とお姫様が結ばれる必要はないんじゃないか」お姫様と勇者をくっつけたい作者。他のキャラに惚れてしまった勇者。あの手この手で翻意させようとする作者の工作は、裏目に出るばかり…
見苦しくも、苦くて、甘いメタ・ファンタジイ。一冊完結の中篇です。

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです