セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

GWCP ゴールデンウィークキャンペーン

はじめてのお客さまへ

ミニッツブック

ミニッツブック関連タグ

ミニッツブックの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

ミニッツブック一覧へ

恋愛成功体験ゼロというアラサー男子もこの裏ワザで、いますぐ「モテる男」に!

「アラサー男子が楽して“モテる男”になる裏ワザ」を花京院先生が教えます!

「告白して断られて傷つくくらいなら……」「恋愛はゲームみたいにうまくいかないし……」「恋愛に対して努力すること自体が無駄」……などと、恋愛に対して根本的に弱気なアラサー男子が急増中!
「オレはどうせモテないし……」「モテどころか、まったく出会いがない」などと自ら非モテを呼び込むような愚痴はいますぐのみ込んで、花京院先生が提唱する、ラクして「モテるワザ」を身につけよう!!
ワザといっても、いますぐにできることばかり。今回、花京院先生がモテを目指す人たちに向けて【あ】から【わ】まで超カンタンなフレーズを「かるた」のように作ってみました。
 これらのことをひとつひとつ実践するだけで、すぐ目の前に「モテの世界」が待っていること確実!

続きを読む

折りたたむ

「上京しただけで何かを成した気持ちになって、中途半端にブラブラしていたらたまたまラジオに拾われて、やってみたら楽しくて、いつの間にかポリシーやプライドなんかも生まれてきて、そして仲間が出来た」。アニラジ界の名パーソナリティ・鷲崎健が静かに語る連載エッセイ。【想定読了時間20分】

成すも成さぬもないのだが 第1回 肩書きのないラジオパーソナリティ

「上京しただけで何かを成した気持ちになって、中途半端にブラブラしていたらたまたまラジオに拾われて、やってみたら楽しくて、いつの間にかポリシーやプライドなんかも生まれてきて、そして仲間が出来た」――(本文より)

鷲崎 健(わしざき たけし)。ラジオ番組のパーソナリティ、イベントMC、ニコニコ生放送の番組司会など、今やアニメ・ゲーム関連のラジオやイベントに無くてはならない存在である。
音楽活動では数年に一度のペースでオリジナルアルバムを作成し、そうかと思えばコラムを執筆したりもする。

そんな彼の職業は「その他」。今の自分の仕事を表すのにちょうどよい名前がないらしい。

落語のCDを聞くのが好きでサメも好き。日本のポップスや韓国のアイドル、サブカル、明治文学、世界の楽器までとにかく知識の幅が広く話の懐が深い。神戸のもっこすラーメンをこよなく愛し、よく歩く。そしてラジオのことばかり考えている。

この『成すも成さぬもないのだが』は、そんな鷲崎健が仕事のこと好きなこと腹の立つことなどを隔月ペースで語っていく連載である。

第一回目のテーマは「ラジオ」。

ラジオでしゃべるようになったきっかけや、アニラジ業界で働く人々。三十代以上の人には懐かしいカセット録音の思い出。リスナーとの共犯意識。震災翌日、焼き鳥屋に集まったラジオ仲間との大切な時間。

たまたま深夜につけたラジオから流れてくる一人語りのようなこのエッセイ。
鷲崎健のファンはもちろん、彼の一面しか知らない人も、彼のことをそもそも知らない人にもぜひ読んで欲しい。

目次
・職業「その他」
・ラジオ体験
・ラジオの中の人々

【想定読了時間20分】

続きを読む

折りたたむ

大げさに言うと、あの時のあの感じ、あのどうかしちゃってる快感をもう一回味わいたくて今でもラジオで喋っているのかもしれない――。友達と過ごした神戸での少年時代。そこに今の鷲崎健のルーツがあった。【想定読了時間20分】

成すも成さぬもないのだが 第五回 十代の自分に如何にして友達が出来たのか、または出来なかったのか

大げさに言うと、あの時のあの感じ、あのどうかしちゃってる快感をもう一回味わいたくて今でもラジオで喋っているのかもしれない――。(本文より)

鷲崎健が独り語るこの連載エッセイ。第五回のテーマは「友達」。

「自分には友達が少ない」と言いつつも、彼の周囲にはいつも人が集まり、楽しそうに話している。ラジオスタッフ、音楽仲間、神戸時代からの友人たち。鷲崎健にとっての「友達」とはどんな存在なのか。
 小学生時代の強烈な体験。中学校における未知との遭遇。高校時代に出会ったギターとバンド。如何にして鷲崎健は今の鷲崎健になったのか。そのルーツは神戸で過ごした少年時代にあった。

【目次】
・タンスだよ
・TとK
・開き直る理由など

【想定読了時間20分】

続きを読む

折りたたむ

あなたのセックス、間違った思いこみだらけかも!?“感じる”ことができない、気持ちいいフリをしてしまう。その背景にある本当の「原因」と「解決のヒント」は女性のホンネの中にありました。相談室に寄せられた、人に言えないリアルな女性のお悩みに答えます。女性も男性も読んで欲しい1冊。メルマガサービス「ちょくマガ」で連載中の美人セックスアドバイザー・OLIVIA(オリビア)先生のカウンセリングシリーズ第4弾。

人に言えない、セックス相談室 女のホンネ(2)~男をメロメロにする、禁断のカイカンテク編~

あなたのセックス、間違った思いこみだらけかも!?相談室に寄せられた、人に言えないリアルな女性のお悩みに答えます。女性も男性も読んで欲しい1冊。メルマガサービス「ちょくマガ」で連載中の美人セックスアドバイザー・OLIVIA(オリビア)先生のカウンセリングシリーズ第4弾。【読了時間 約32分】

【目次】
女のお悩み大公開。カラダ、ココロ、テクニックの3点をほぐす具体策を解説します。
■キスが上手くなりたい!
キス上手は、セックス上手/人気のキス ベスト3で分かる男女の差/「焦らしテクニック」で彼を虜にする大人のキスに/本当に気持ちいい、ディープキスの仕方って?

■あえぎ声って、やっぱり出したほうがいい…?
あえぎ声は「自分のため」に出すもの!/男性は、女性のあえぎ声を聞いてセックス上手になる/もっと彼を夢中にさせる「6つのあえぎ声」 ほか

■彼をギンギンにする、ペニスの攻め方を教えて!
彼が勃起しない時に絶対やってはいけないこと/男性を勃起させるには、リラックスしてもらうことから/二人で問題に立ち向かえば、お付き合いがもっと豊かに ほか

■「フェラチオ」が上手くなりたい!
男性を感動させるフェラチオテクニックとは/快感だけでなく、愛情もたっぷり伝えよう/舌と唇で「音攻め」「裏筋攻め」 ほか

OLIVIA(オリビア)
「ラブライフアドバイザー」として、女性の食生活やボディケアをメインテーマに、コラム・書籍の執筆やワークショップの開催など幅広く活動。「世の中をご機嫌な女性でいっぱいにする!」をライフテーマに、精力的に活動中。SEX特集には欠かせない性のオピニオンリーダー。著書に「飽きない! セックス」(角川マガジンズ)など。

続きを読む

折りたたむ

うつになったとき、薬で症状を抑えても、原因を取り除かなければ再発する可能性が残ります。だから、原因をつくる「考え方」を変えていくことが大切です。本書は、ベストセラー『医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣』から、その基本的な「考え方」の部分だけを抜粋し、再編集した特別ダイジェスト版です。【読了時間約 33分】

ミニッツブック版 うつになる人がもっている「うつになる考え方」を変える習慣

うつになりやすい人は真面目で思慮深い人です。しかし、真面目な人ゆえに、「いい加減」、つまり、ちょうどいい具合に手を抜くことができず、何かと自分を追い詰め、結果として自分のことを価値のない存在だと考えてしまうのです。

このように、うつになる人は、特有の「うつになる考え方」をもっています。うつになったとき、薬で症状を抑えても、原因を取り除かなければ再発する可能性が残ります。だから、原因をつくる「考え方」を変えていくことが大切です。

本書は、医者である著者自身のうつ体験から見出した考え方を、日常でできる習慣のレベルに落とし込んだ著書『医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣』から、その基本的な「考え方」の部分だけを抜粋し、再編集したものです。

目次
はじめに
一、うつは薬では治せない
二、うつになる「考え方」を変える
三、考え方を変えるための習慣
【ミニッツブック版特別付録】 あとがきにかえて

【読了時間約 33分】

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです