セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ブックウォーカーオリジナル関連タグ

ブックウォーカーオリジナルの日間ランキング

ランキング一覧へ

「ん ふっ んん… 痛っ あっ ムリムリ やらぁ」(あえがせてナンボのマットプレイの巻!?)

ぶるまっ 第4話

杏子の激しいセクハラとも呼べそうな『おさわり攻撃』に耐え、男の娘専用の下着を作ってもらった歩。男だとバレる可能性が低くなったことに安心したものの、油断はできない。そして、今回の授業はマット運動!!歩は、クラスメートのあみと組みながら、誰ともペアを組んでいない一人の小柄な少女を見つけてしまう。一緒にやろうと声をかけるが、冷たい言葉で断られる。クラスになじんできたと思っていた矢先の出来事に、歩はショックといら立ちを覚えるが、そんな中マット運動が始まり…!?なんだか、激しくエロチックな運動(!?)に歩はアワアワしてしまい――。脱がないエロスに萌えるコミック、株急上昇の第4回♪

続きを読む

折りたたむ

ぶるまっ 第4話

迫ミサキブックウォーカー

おっぱいとか、お尻とか、それがどーした!!!

ぶるまっ 第6話

ブルマが制服という特殊学校に妹・望の代わりに通う歩(♂)は、周りのみんなと少しずつ打ちとけながら、なんとか学校生活を送っていた。そんな時、入れ替わりのことが母にばれて怒られるかと思いきや、なぜか奨励されてしまうのだった。下校途中、ひとり悩む歩にナンパと思しき声がかかるが、シカトして立ち去ろうとする腕をつかんだのは……!!萌えだけじゃない、ガチで勝負の第6話!

続きを読む

折りたたむ

ぶるまっ 第6話

迫ミサキブックウォーカー

「せいふく」の力は凄いんです! 「服」をめぐる、ちょっとHな学園コメディ!

せいふく!10

幸服部存続のラストチャンス・幸栄祭の開催日が近づく中、悠介たちのオリジナルドレス製作もいよいよ佳境を迎えていた。 少しずつ、だけど確実に部活動に興味をもつ悠介に対して、部の空気も忙しいながらも和やかな良いものに。しかし、この大事なときに布が足りないというアクシデントが起こってしまう。買い出しも時間的に厳しいと判断した桃は、ある部活に布を分けてもらいにいくことを決意する。その部活とは幸服部メンバーもひくほどの個性的な集団で…!?

続きを読む

折りたたむ

せいふく!10

あっつんブックウォーカー

女子は絶滅したわけではない。この校舎の中にいないだけだ

男子高校生の憂鬱

男子高……それは思春期の欲望が渦巻く混沌の異世界。一年生の隆春、寛二、純は趣味も性格も違うがなんとなく気の合う三人組。放課後は空き教室に集まって野郎ばかりの境遇をグチる毎日。夏休みになれば。海に、プールに、小旅行の先に、出会いはきっとある。女子はこの校舎の中にいないだけで、絶滅したわけじゃない。しかし残された希望にも危機が。「クロカワイクマを剣道部に勧誘せよ。できなければ夏休みを潰して剣道部で貴様らの腐り切った性根をたたき直してやる」剣道部部長のムチャ振りを受けて最後の希望を守るべく黒河の説得に赴く三人だったが、彼には彼の事情があるようで……

続きを読む

折りたたむ

男子高校生の憂鬱

赤橋信ブックウォーカー

「優駿の門」の巨匠が放つ競馬漫画新シリーズ!! 競走馬と競馬に関わる人々の絆を描いた感動のドラマ!!

新・優駿たちの蹄跡 ホクトベガ~誰がために(前編)~

美浦・中野隆良厩舎に入厩したホクトベガを世話する藤井浩厩務員の姿を通して競走馬はいったい誰のために走るのかを問いかける。1993年のエリザベス女王杯の勝ち馬で、のちに地方交流重賞の先駆けとなるダートの名馬・ホクトベガの生きざまを描く。「ベガはベガでもホクトベガ」の名実況が今蘇る。コミックス未収録作品電子初配信。

続きを読む

折りたたむ

ふかふかの、このマシュマロみたいな感触は??!!?

ぶるまっ 第8話

林間学校の二日目。暑さとナニかの柔らかさで目覚めた歩は、自分の置かれている状況が飲み込めずに、思わずパニクってしまう。そんな歩を助けてくれたのは、またしても杏子だった!正体がバレている気楽さからか、素に戻って会話する歩だったが、実はその時、花音が二人のやりとりを聞いていたのだ!翌日、みんなの様子がおかしくて……。ドキドキもマックスの第8話!

続きを読む

折りたたむ

ぶるまっ 第8話

迫ミサキブックウォーカー

ページ先頭へ

本文の終わりです