セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ブックウォーカーオリジナルのランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

かつて、赤ちゃんだったみなさん!

産褥記 産んだらなんとかなりませんから!

かつて、赤ちゃんだったみなさん!
子どもを産んだ「母」がかならず迎える「産褥期」を知っていますか?
産褥期をおろそかにすると、産後うつや乳児虐待や産後クライシスといった深刻な危機につながるんですよ!
赤ちゃんをこれから産む妊婦さんには一番読んでもらいたい本です。
349円は3(さん)4(じょ)9(く)とかけてます。
今ならどこよりお手に取りやすいお値段です。

ぜひ、これを機会に産褥期を知ってください。

続きを読む

折りたたむ

by担当編集者H  (ブックウォーカー)

産褥記 産んだらなんとかなりませんから!

吉田紫磨子/吉岡マコブックウォーカー

緊張、緊張、緊張……そして衝撃のラスト

メビウスの環

漫才師・磁石の永沢たかし氏による初小説作品。

物語は芸人が主人公ではなく、
願いを叶えるためにとあるサバイバルゲームに参加する人たちを描いたサイコロジカル・スリラーです。

意味の分からないルールに翻弄され、敵か見方か疑心暗鬼になる仲間たち。
仲間ひとりひとりの物語を描ききっていることが衝撃のラストにつながってます。

笑いは「緊張の緩和」という桂枝雀師匠の言葉がありますが、
『メビウスの環』は緊張シーンがとくに印象に残る作品なんです。
そして緩和もちゃんと用意されているところに芸人の凄みを感じます。

続きを読む

折りたたむ

bytanakatronics  (BOOK☆WALKER スタッフ)

メビウスの環

永沢たかしブックウォーカー

ブックウォーカーオリジナル関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです