セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

画集電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

画集の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

画集一覧へ

『htoL#NiQ-ホタルノニッキ-』『ロゼと黄昏の古城』公式アートブック

日本一ソフトウェアの人気タイトル『htoL#NiQ-ホタルノニッキ-』『ロゼと黄昏の古城』を構築するアートワークを掲載したイラスト集です。
両作の開発を司るクリエイター・古谷優幸氏が語る作品の込められた〝想い〟製作の〝舞台裏〟など……両作の魅力で綴る一冊!

続きを読む

折りたたむ

魔女と百騎兵 公式アートブック

魔女と百騎兵のパッケージイラストやファンアート、キャラクターグラフィック、設定イラストなど……をまとめた公式のアートブックです。ディレクターのコメントやインタビューもあり、更には原田たけひと氏のイラストコメントや秘蔵イラストなども収録! 本書でしか知ることができない『魔女と百騎兵』の意外なエピソードもお楽しみいただけます。まさに『魔女と百騎兵』ファンのための一冊です。

続きを読む

折りたたむ

Qt Quickのスタイルを使用方法から作成方法まで解説

Qt Quickを使いこなすクロスプラットフォームUIプログラミング2

本書は、Qt 5.7で正式リリースとなったQt Quick Controls 2をメインテーマにしたQt解説書の1冊です。
Qt 5.1でQt Quick Controlsが登場してから、モジュールの内部設計など見直され、より強力になってQt Quick Controls 2となって生まれ変わりました。
改良されて中でも大きく変化したデザイン面(スタイル)について解説します。
メインテーマは、スタイルですが、QMLのアタッチプロパティの作成方法や、実行環境の地域や言語に合わせてQMLファイルを自動的に切り替えるファイルセレクターにもふれています。

内容紹介
-----------
はじめに
目次
第1章 Qt Quick Controls 2とは
 1.1. Qt Quick Controlsとの違い
 1.2. Qt Quick ControlsとQt Quick Controls 2のエレメント比較
 1.3. Qt Quick ControlsとQt Quick Controls 2の共存について
 1.4. Qt Quick Controls 1でネイティブスタイルを使用する方法
第2章 Qt Quick Controls 2のスタイル
 2.1. 標準スタイルのカスタマイズ可能部位の名称
 2.2. スタイルの変更方法
 2.3. スタイルを考慮したエレメントの拡張
 2.4. オリジナルスタイルの作成
 2.5. スタイルの切り替え機能の作成
メンバー紹介という名のあとがき

続きを読む

折りたたむ

審神者(さにわ)待望の公式設定画集がついに登場!

刀剣乱舞絢爛図録

刀剣男士のビジュアルを網羅した審神者(さにわ)必携アイテム!
ゲーム内に登場する刀剣男士たちの戦闘イラストや内番イラストはもちろん、見る機会が限られている真剣必殺イラストも収録。
さらに、参加イラストレーターによる詳細設定などのイラストも満載!

サービス開始された2015年1月14日から2015年8月28日までにゲームへ実装された合計46名の刀剣男士を収録。
その他、ゲームの案内役である「こんのすけ」ほか、刀剣男士以外のキャラクターの紹介ページもあります。

「刀剣乱舞-ONLINE-」に登場する、刀剣男士の詳細な設定がこれ一冊に集約。「刀剣乱舞」がさらに楽しくなる要素満載の一冊です。

続きを読む

折りたたむ

刀剣乱舞絢爛図録

ニトロプラスニトロプラス

今度はデジタルで「オトナ」の世界! 伝説の画集から、抜粋してお届け!

デジタルMOEOH 『デジタルおとなの萌王』

2009年に刊行され、売り切れに次ぐ売り切れ、重版に次ぐ重版を呼んだ伝説の画集がここに復活。抜粋の形で「オトナ」なイラスト群をお届けします。

続きを読む

折りたたむ

デジタルMOEOH 『デジタルおとなの萌王』

涼香、トモセシュンサク、ほかKADOKAWA / アスキー・メディアワークス

ぜんぶ、このすばっ!! 三嶋くろねの『このすば』初画集!

三嶋くろね画集 Cheers! この素晴らしい世界に祝福を!

人気イラストレーター三嶋くろねが手がけるヒットシリーズ『この素晴らしい世界に祝福を!』の初画集。単行本&メディアミックスの厳選イラストはもちろん、描き下ろしも収録。暁なつめのオリジナル小説も必読です。

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです