セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

新書・実用書電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

新書・実用書関連タグ

新書・実用書の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

新書・実用書一覧へ

やってはいけないデザイン

【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】
素人デザインをほめられデザインに変えてきたプロが教えます!
本業はデザイナーじゃないのに、自分でデザインしなくてはいけない、
素人デザイナーさんへ。
素人さんがやりがちな「やってはいけないデザイン」と、
それを改善するためのノウハウをやさしくお教えします。
本書の著者は、素人デザイナーさんを多数教えている、本職のデザイナー。
実経験に基づく、素人デザイナーさんのリアル失敗ポイント、ココが惜しい!
というポイントを余すところなくレクチャーします。
チラシ、ポスター、プレゼン資料、広報誌。知っているだけで
仕上がりが大きく違ってくる知識とノウハウ。
「レイアウトに迷う」「色が決まらない」「フォント選びに悩む」
「かっこよく作れない」「素人くさい」など、お悩みを解決します。
ビフォーアフターで、どこをどうすると改善されるのかを
わかりやすく解説するコーナーも必見です。
【こんな人におすすめします】
チラシ(お店、自治体やNPO、イベントなど)、社内プレゼン資料など、
デザインを自分で作る必要がある人。デザイン勉強中の社会人、自営業者、学生
【本書の内容】
巻頭 こんなデザイン、やっていませんか? 名刺/スライド/ポスター/チラシ
第1章 原稿編
第2章 レイアウト編
第3章 文字・フォント編
第4章 カラー編
第5章 写真・イラスト編
※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

続きを読む

折りたたむ

異世界転生して勇者になろう! アンソロジー転生譚

此度、異世界に転生する5人の男たち――。★ストーカー自覚ナシの30男 ★読者無視の漫画家男 ★彼女ナシのドール趣味男 ★野球応援に忙しいフリーター男 ★地下アイドル推しの借金男 ”異世界転生”の物語を集めたアンソロジーコミック第2弾!

続きを読む

折りたたむ

異世界転生して勇者になろう! アンソロジー転生譚

板垣 ハコ/米田和佐/真西まり/田村 ヒロ/オンディ一迅社

日経PC21 (ピーシーニジュウイチ) 2017年 4月号 [雑誌]

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
※電子化にあたり、著作権・使用権のない記事、写真、図表は掲載しておりません。また、紙の本に付録が付いている場合、電子書籍/雑誌には含まれないこともあります。予めご了承ください。
特集1 Wi‐Fiラクラク強化術
  Wi‐Fiが速くなれば家族みんなが快適に
  まずはWi‐Fiの基本を理解しよう
  今使っている親機と子機を確認しよう
  親機は速度、価格、付加機能をチェック
  使用環境にぴったりの親機を選ぶ
  実は超簡単! 親機交換の秘策を公開
  パソコンやスマホを親機に接続するには
  高速化と安定化は電波の“見える化”で対策
特集2 格安スマホ&SIM あんしん導入ガイド
  始めるなら今! サービスも端末もさらに充実
  どれくらい安くなる? モデルケースでお得度をチェック
  チャートで一目瞭然! 格安スマホ安心乗り換えガイド
  必ず見つかる! 自分にピッタリの料金プラン
  初めてでも大丈夫! 格安スマホの疑問をスッキリ解消
特集3 はじめてのバルクHDD
  外付けHDDを自作する
  クレードルで入れ替えて使う
特集4 ライブメール引っ越し術
  これで完璧! 「POP」のメールを引っ越す
  ここが肝心! 過去のメールを転送する
  使い勝手に差がつく! 標準メールの設定方法/実は簡単! 「IMAP」メールの引っ越し方法
  これが正解! アドレス帳の移し方

続きを読む

折りたたむ

クラウドファンディングでお店出しちゃう系女子から、今からはじめるLINE、超小型爆速PC自作、ハイレゾプレーヤー、超最先端家電と盛りだくさん。

週刊アスキー No.1112 (2017年1月31日発行)

クラウドファンディングで開業と超話題の一杯300円の宅飲み酒場経営女子の巻頭レポートから、今さら聞けないLINEのキホン、タイムラインの有効な利用法をバッチリ特集。第7世代Core CPU搭載の小型PCキットで手のひらサイズで4K出力対応の爆速PCをつくる、1~3万円のコスパの高い価格帯でのハイレゾ・オーディオプレーヤー選び、バルミューダの次の一手は炊飯器! 進化系家電を作るキーパーソン5人のインタビューなどを特集。新連載Javascriptの部屋では人工知能で俳句が読めるかがテーマ。今週のグラビアDVDでは麻雀界で話題のマシュマロGカップ「高宮まり」さんも。表紙は大友花恋さん。

続きを読む

折りたたむ

週刊アスキー No.1112 (2017年1月31日発行)

週刊アスキー編集部KADOKAWA / アスキー・メディアワークス

Excel VBA逆引き辞典パーフェクト 第3版

【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております。文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ご購入前に、無料サンプルにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください】
「知りたい」が必ず見つかる!
仕事がはかどる決定版リファレンス!
業務自動化やデータ分析の重要性が高まるにつれ、Excel VBAの存在感が増しています。本書はこれまで、VBAの「座右の書」として多くの方々に利用されてきました。第3版ではExcel 2016に対応。さらに、近年利用機会が増えている「テーブル」操作を追加しました。630にもおよぶ項目数で、VBAにまつわるすべてを網羅。各項目で使用したサンプルファイルをダウンロードすれば、操作しながら理解を深めることができます。日本で初めてExcel部門のMicrosoft MVPを受賞した著者が、本当に使えるテクニックの数々をわかりやすく解説しています。デスクに必ず置いておきたい一冊です。
【本書のポイント】
★項目数がパーフェクト!
630にもおよぶ圧倒的な項目数で、「知りたい!」「困った!」をズバッと解決。
★解説がパーフェクト!
ポイントを押さえたわかりやすい解説で、自分で応用できる知識が身につきます。
★充実のサンプルでパーフェクト!
各項目のサンプルをダウンロードできるので、操作しながらVBAを深く理解できます。
★使いやすさがパーフェクト!
目的別だから、目次でピンとくる!関連項目や用語インデックスも大充実。
【購入者特典】
サンプルダウンロード(掲載している例すべて)
【目次】
第1章 セルの操作
第2章 ブックとシートの操作
第3章 ファイルの操作
第4章 グラフとオブジェクトの操作
第5章 メニューの操作
第6章 UserFormの操作
第7章 プログラミング
第8章 高度な使い方
【付録】
1)グラフを表す定数一覧
2)系列内のパターンを表す定数一覧
3)オートシェイプの種類を表す定数一覧
4)オートシェイプのスタイルを表す定数一覧
5)データラベルの表示を表す定数一覧
※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

続きを読む

折りたたむ

任天堂次世代ゲーム機Switch、世界最大家電ショウCES2017詳報、2017春モデルパソコンも徹底解説。特集は「格安SIM 乗り換えガイド」ほか

週刊アスキー No.1110 (2017年1月17日発行)

任天堂Switchの全貌が明らかに。発売と同時にゼルダ、夏にはイカ2と大注目のゲーム機。ほか巻頭ではAR技術搭載スマホ、世界初の4in1デバイスなどをまとめた世界最大家電ショウCES2017詳報、4Kブルーレイ再生に初対応した春モデルPCも徹底解説。PCでの4K再生が可能になったNetflixを中心に定額動画配信サービス、細かな契約法もわかってキャリアスマホからの乗り換えも楽々できる「格安SIM 乗り換えガイド」、複数機器をスマホで操作できる最新の学習リモコン、東京五輪に向けて準備する最新翻訳ガジェットなど特集も目白押し。東芝レグザ有機EL、脳波センサーで感情をインクに記録!?、100cmのIカップがほふく前進など気になるニュースも。表紙の人は森高愛さん。

続きを読む

折りたたむ

週刊アスキー No.1110 (2017年1月17日発行)

週刊アスキー編集部KADOKAWA / アスキー・メディアワークス

ページ先頭へ

本文の終わりです