ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • KADOKAWA作品コイン50%還元キャンペーン
  • 講談社文芸作品 最大50%OFFクーポン配布
マンガ

TRIAGE第1話

植松聖

あらすじ・内容

事件が起きたのは2016年7月26日未明のことだった。障害者施設に入居する45人を連続殺傷するという戦後最悪の凶行。犯行に及んだ植松聖(現在は被告)は逮捕後、マスコミ各社に宛てた手紙のなかで動機を語ったが、その中で強調されていたのが「心失者は生きていないほうが良い」ということだった。
2017年10月から現在まで、10数回の面会と数10回の手紙のなかで、何度も私は植松に、この「心失者」について聞いている。答えは「自分の名前も住所も言えない人。意思疎通ができない人」だった。だが名前が言えなくても、意思疎通が出来る人はいるだろう。植松がいう「心失者」と「人」の境界線はどこにあるのか、それは今も分からない。だから、植松が「描くのが好きだ」という漫画で、その意味に迫ってみようと思った。
タイトルの「TRIAGE(トリアージ)」という言葉の意味は、戦地や災害現場で“治療の優先順位を決めること” 。負傷者が複数いた場合、誰を救うのか、というやり取りのことである。つまり“命の選別”だ。
物語の舞台は近未来の日本。主人公の「心がない」クローン・伝電子(でんでんこ)が、あるきっかけで心を持ち、人間に追われるように。だが逃げ出したクローンに道連れにされたひとりの男・麻川世太(あさかわせいた)が、「人間の敵」である心を持ったクローンにとった行動とは―。
この漫画は、事件の動機として植松本人が語っている「心失者」の意味を解き明かす検証のための連載だ。
尚、漫画内に横線が入っているが、拘置所から送られてきたノートのまま掲載しているためである。(実話ナックルズ編集長 宮市徹)

電子書籍
価格

110(税込)

100円 (+消費税10円)

付与コイン
1(*詳細)

作品情報

シリーズ
TRIAGE(ナックルズ the BEST)
著者
レーベル
ナックルズ the BEST
出版社
ミリオン出版/大洋図書
カテゴリ
マンガ
ページ概数
18
配信開始日
2020/1/8
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

マンガ TRIAGE第7話

著: 植松聖

203×年10月、臓器製造のためのクローン・伝電子(でんでんこ)が「心」を持ち暴走。究員の麻川世太(あさかわせいた)を連れラボを脱出し逃走劇をつづけていた。そしてついに、暗殺者のボス・鬼頭が動き出した

価格

110(税込)

100円 (+消費税10円)

「TRIAGE(ナックルズ the BEST)」シリーズ作品一覧(全7冊)

110(税込)

  • マンガ TRIAGE第1話

    事件が起きたのは2016年7月26日未明のことだった。障害者施設に入居する45人を連続殺傷するという戦後最悪の凶行。犯行に及んだ植松聖(現在は被告)は逮捕後、マスコミ各社に宛てた手紙のなかで動機を語ったが、その中で強調されていたのが「心失者は生きていないほうが良い」ということだった。
    2017年10月から現在まで、10数回の面会と数10回の手紙のなかで、何度も私は植松に、この「心失者」について聞いている。答えは「自分の名前も住所も言えない人。意思疎通ができない人」だった。だが名前が言えなくても、意思疎通が出来る人はいるだろう。植松がいう「心失者」と「人」の境界線はどこにあるのか、それは今も分からない。だから、植松が「描くのが好きだ」という漫画で、その意味に迫ってみようと思った。
    タイトルの「TRIAGE(トリアージ)」という言葉の意味は、戦地や災害現場で“治療の優先順位を決めること” 。負傷者が複数いた場合、誰を救うのか、というやり取りのことである。つまり“命の選別”だ。
    物語の舞台は近未来の日本。主人公の「心がない」クローン・伝電子(でんでんこ)が、あるきっかけで心を持ち、人間に追われるように。だが逃げ出したクローンに道連れにされたひとりの男・麻川世太(あさかわせいた)が、「人間の敵」である心を持ったクローンにとった行動とは―。
    この漫画は、事件の動機として植松本人が語っている「心失者」の意味を解き明かす検証のための連載だ。
    尚、漫画内に横線が入っているが、拘置所から送られてきたノートのまま掲載しているためである。(実話ナックルズ編集長 宮市徹)

    価格

    110(税込)

    100円 (+消費税10円)

  • マンガ TRIAGE第2話

    203×年10月―臓器製造のために開発されたひとつのクローンが突如暴走した。通常、クローンは「心を持たせない」ようにつくられているが、そのなかの一体が突然変異により人間と同じ「心」を持ってしまったのだ。クローンは自らを「伝電子(でんでんこ)」と名乗り、特殊能力を使って研究員をコントロール、ついにはラボから逃走した。研究員のひとり・麻川世太(あさかわせいた)を道連れにして―

    価格

    110(税込)

    100円 (+消費税10円)

  • マンガ TRIAGE第3話

    203×年10月、臓器製造のために開発されたクローンのひとつ伝電子(でんでんこ)が「心」を持ち暴走。研究員の麻川世太(あさかわせいた)を連れラボを脱出し、特殊能力で人を操り街へ侵入。ラボからは追っ手の暗殺者「炎一郎(えんいちろう)」が迫るが―

    価格

    110(税込)

    100円 (+消費税10円)

  • マンガ TRIAGE第4話

    203×年10月、臓器製造のためのクローン・伝電子(でんでんこ)が「心」を持ち暴走。研究員の麻川世太(あさかわせいた)を連れラボを脱出、人の心を特殊能力で操り、逃走劇をつづけていた

    価格

    110(税込)

    100円 (+消費税10円)

  • マンガ TRIAGE第5話

    203×年10月、臓器製造のためのクローン・伝電子(でんでんこ)が「心」を持ち暴走。研究員の麻川世太(あさわかせいた)を連れラボを脱出し逃走劇をつづけるなか、目の前に出現した暗殺者・炎一郎をも撃破。追われていることを知った電子と世太が向かったのは―意外な場所だった

    価格

    110(税込)

    100円 (+消費税10円)

  • 1
  • 2

おすすめ特集

付与コインの内訳

1コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「TRIAGE第1話」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報