電子書籍 曽祢まさこ短編集 氷の城 マンガ

著者: 曽祢まさこ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

曽祢まさこ短編集 氷の城 分冊 氷の城 あらすじ・内容

幼いころに両親を亡くし、叔母の家で暮らすジュリアは、公園で、寄宿学校に通う少年アローと出会う。互いに惹かれあう二人だったが、アローの病弱な美しい母は、彼に異常な執着を示し、決して彼を手放そうとしないのだった。家に呼び帰らせられたアローを追って、ジュリアは氷と雪に閉ざされた街へ向かう。

この作品を共有
  

「曽祢まさこ短編集 氷の城」最新刊

子どものいない老夫婦が雪でつくった人形は、人間の女の子となり、冬の間老夫婦と楽しく暮らしました――そんなおとぎ話を信じて雪の女の子をつくったテディのもとに、本当の人間の女の子、レナがやってくる。幼なじみの二人の切ないラブロマンス。

「曽祢まさこ短編集 氷の城」作品一覧

(3冊)

各165(税込)

まとめてカート

幼いころに両親を亡くし、叔母の家で暮らすジュリアは、公園で、寄宿学校に通う少年アローと出会う。互いに惹かれあう二人だったが、アローの病弱な美しい母は、彼に異常な執着を示し、決して彼を手放そうとしないのだった。家に呼び帰らせられたアローを追って、ジュリアは氷と雪に閉ざされた街へ向かう。

受験をひかえた中学3年生の理栄(りえ)は、親から勉強のことをしつこく言われ、うつうつとした日々を送っていた。そんな気持ちを晴らすため、母に隠れて通う喫茶店で、理栄は兄と同じ高校を退学になった勇(ゆう)と出会う。しかし、勇と会うことを禁じられた理栄は――。

子どものいない老夫婦が雪でつくった人形は、人間の女の子となり、冬の間老夫婦と楽しく暮らしました――そんなおとぎ話を信じて雪の女の子をつくったテディのもとに、本当の人間の女の子、レナがやってくる。幼なじみの二人の切ないラブロマンス。

「曽祢まさこ短編集 氷の城」の作品情報

レーベル
――
出版社
ゴマブックス
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ
ページ数
109ページ (曽祢まさこ短編集 氷の城 分冊 氷の城)
配信開始日
2018年3月17日 (曽祢まさこ短編集 氷の城 分冊 氷の城)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad