電子書籍 きみはぼくのもの(ラブ・ペイン・コミックス) マンガ

著: 杉本ふぁりな  原作: 団鬼六 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

きみはぼくのもの 第一巻 女流作家と美少年 あらすじ・内容

目鼻立ちの整った美しい男の子。彼との出逢いは、はじめはただの偶然のようなものだった…。――人気小説家の西田折江はある日、悪い噂の多い自称映画監督・吉本信男からの連絡を受けた。そんな男にSM映画の制作の話を持ちかけられた折江は相手にしなかったが、運命的な力に導かれるように妖しい世界へと…。――官能小説界の巨匠・団鬼六の作品「女学生」を、大人気漫画家杉本ふぁりな が、独創的な感性で新解釈し、美麗な筆致で魅惑の空間へと誘う。

この作品を共有
  

「きみはぼくのもの(ラブ・ペイン・コミックス)」最新刊

森田老人からの再度のラブコールを、勿論わたしは断るつもりだった。だがその決意は映画のもう一人の出演者を紹介されて簡単に揺らいでしまう。新たな出演者=栄二の相手役として現れた少女は、栄二の高校時代のクラスメイトだった。

「きみはぼくのもの(ラブ・ペイン・コミックス)」作品一覧

(3冊)

各220(税込)

まとめてカート

目鼻立ちの整った美しい男の子。彼との出逢いは、はじめはただの偶然のようなものだった…。――人気小説家の西田折江はある日、悪い噂の多い自称映画監督・吉本信男からの連絡を受けた。そんな男にSM映画の制作の話を持ちかけられた折江は相手にしなかったが、運命的な力に導かれるように妖しい世界へと…。――官能小説界の巨匠・団鬼六の作品「女学生」を、大人気漫画家杉本ふぁりな が、独創的な感性で新解釈し、美麗な筆致で魅惑の空間へと誘う。

彼は、再びわたしの前に舞い降りた。だけどどうして?こんな席で再会なんて。彼にはこの場は似付かわしくない。しかし彼には、森田老人の申し出を断れない理由があった。そうして何故か、撮影が始まるまでの間、彼の身柄を預かる事になってしまったわたしと彼との同居(?)生活が始まったのだが――…。

森田老人からの再度のラブコールを、勿論わたしは断るつもりだった。だがその決意は映画のもう一人の出演者を紹介されて簡単に揺らいでしまう。新たな出演者=栄二の相手役として現れた少女は、栄二の高校時代のクラスメイトだった。

「きみはぼくのもの(ラブ・ペイン・コミックス)」の作品情報

レーベル
ラブ・ペイン・コミックス
出版社
グループ・ゼロ
ジャンル
マンガ 女性マンガ 女性向け 恋愛
ページ数
39ページ (きみはぼくのもの 第一巻 女流作家と美少年)
配信開始日
2019年10月14日 (きみはぼくのもの 第一巻 女流作家と美少年)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad