おしらの鈴の音 1巻

完結 

おしらの鈴の音(女の子のヒミツ)

作品紹介

「ぬすくれめ――バチが当たるぞ」妊娠をきっかけに、東北にある夫の実家に移住することになった咲は、別人のようにふるまう夫や、見知らぬ文化に不安を覚えながらも、懸命に馴染もうと努力していた。もう子どもなどいないその家で、“住み込みで子守りをしている”という、盲目の老婆・サダ。彼女が大切に扱っていた人形を拾ったところから、事態は急転する――。<オシラサマは、神棚や床の間に祀ること。大切にすればその家を守り―――粗末に扱えば、家が傾く>。 (C)久坂凪/アムコミ

レーベル
女の子のヒミツ
出版社
アムコミ

この作品をシェアする

作品詳細を見る
  • 話読み
  • 単行本

全3話

  • 1話
  • 最新話
  1. おしらの鈴の音 1巻

    1巻

    コイン100
  2. おしらの鈴の音 2巻

    2巻

    コイン100
  3. おしらの鈴の音 3巻

    3巻

    コイン100
  1. 話・連載トップ
  2. おしらの鈴の音(女の子のヒミツ)