電子書籍 命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版](嫁と姑デラックス) マンガ

著: みきさえ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ [分冊版]1話 あらすじ・内容

派遣OLの森内は、数年前に死んでしまった母親の遠い親戚の死を警察から聞き、後処理に向かった。いつもビンボークジをひいてしまう自分に、なぜ私が…という思いを抱きながら…。

この作品を共有
  

「命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版](嫁と姑デラックス)」最新刊

ごみ屋敷の清掃の依頼。しかしそれは依頼人自身の家ではなく「実家」。
家が荒れ果てたのは、高齢の両親が生活能力を失ってしまったためだった。
介護が必要だとわかっていても、住宅事情等により同居することができないと困惑する依頼人に、林はある提案をする。
遠隔地に住む老親の介護問題に、鋭く切り込みながらも温かく見守る意欲作。

「命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版](嫁と姑デラックス)」作品一覧

(66冊)

各100円 (+税)

まとめてカート

派遣OLの森内は、数年前に死んでしまった母親の遠い親戚の死を警察から聞き、後処理に向かった。いつもビンボークジをひいてしまう自分に、なぜ私が…という思いを抱きながら…。

親戚の死をきっかけに、遺品整理業社で働くことになった元派遣OLの森内。初めて依頼を受け、見積もりに行った先は、小奇麗な老人ホーム。そこで孤独に亡くなった老婆には、隣町に住む息子がいるというが、立会いにも来ない…

森内が「遺品整理業社・ヒューマンズ」で働き出して数カ月、初めて特掃=特別清掃の仕事が入る。以前の遠い親戚の現場でのことがトラウマになっていた森内だったが…。

「命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版](嫁と姑デラックス)」の作品情報

レーベル
嫁と姑デラックス
出版社
笠倉出版社
ジャンル
マンガ 女性向け 女性マンガ レディースコミック
ページ数
33ページ (命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ [分冊版]1話)
配信開始日
2015年10月20日 (命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ [分冊版]1話)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad