オズの世界 - あのライトノベルが好きならこの文芸がオススメ

2017年11月27日更新

『甘城ブリリアントパーク』が好きなら
『オズの世界』がオススメ

共通点はココ!
嫌々ながらも遊園地の立て直しに奮闘!

美少女に銃を突き付けられて、会社の強引な異動のせいで、“強制参加”させられたローカル遊園地の立て直しは問題山積み!

遊園地がつぶされる!?強敵との対峙

嫌々ながらも奮闘するうちにやりがいを感じ始めた頃、強敵が出現!
権力をたてにつぶしにかかる敵と対峙する姿がカッコいい。

オズの世界

オズの世界

著者:小森陽一

憧れのテーマパークで働く夢が破れたものの、自分の強みである「接客」を武器にホテルへ入社。
心機一転がんばるぞ~!という意気込みは、ローカル遊園地への転勤で空振りに…。

来場者が少なくガランとした園内。
手入れの行き届いていないベンチ。

憧れのテーマパークとの格差は、「甘ブリ」のマスコットたちの酷さにも匹敵するほど…。

最初は嫌々だったものの来場者の笑顔に励まされ、やりがいを感じ始めた頃、遊園地をつぶしたいと目論む上司から協力するよう指示される。

そんな強敵の権力に負けず戦う主人公、久瑠美。

その代償として、彼女に命じられたのは理不尽な人事異動。
さらに恋人ともうまくいかなくなり、ボロボロになった彼女を救うのは、地道に築いた同僚との信頼と仕事への情熱!

最後までドキドキハラハラが止まらない、新米社員の成長記。
働く上で大切なことはすべてこの本が教えてくれる!はず。

公式SNSアカウント一覧
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • Facebookアイコン

▲このページのトップへ

BOOK☆WALKERトップページへ