セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ライトノベル電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

ライトノベルランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

田舎娘がお妃様に成り上がり!※ただし三ヶ月に一回しか王に会えません。

31番目のお妃様【電子特典付き】

いろいろな経緯により31番目のお妃様(候補)に選ばれた田舎娘フェリア。
“31番目”が特殊な番号であるため、妃(候補)なのに三ヶ月に一回しか王に会うことができません。

まあ、もともと田舎娘のフェリアさんは、妃の座にそんなに興味はない様子。
妃邸で暮らすことになっても、王宮から用意される侍女を断り、荒れ放題な庭を畑に変え、薬草を育て、料理、裁縫、その他もろもろ。
力仕事から内職作業まで、普通の妃だったら絶対やらないようなことを全部自力でこなして、たくましく三ヶ月過ごしていたら、勝手し放題な貴族娘たちとの逢瀬に疲弊していたマクロン王に見初められました。

いや…主人公特権でなんだかんだ三ヶ月待たずに出会いがあるものだと思っていたら、本当に三ヶ月間出会わなかった…。
このシーンに到達したときの、やっと…やっと出会えた…という感覚がすごいです。
そしてこれ以降のふたりの文通とか会話とかがね…。甘い。最高。

他にも、フェリアと貴族娘たちとのやりとりが清々しい!とか、兵士達に慕われるのも納得!とか語りたいことは色々ありますが、それらはぜひ、読んでご堪能ください!

続きを読む

折りたたむ

byみゆう  (BOOK☆WALKER スタッフ)

31番目のお妃様【電子特典付き】

桃巴/山下ナナオKADOKAWA / エンターブレイン

ビキニアーマーの女戦士への痴漢事件…。真相が気になる!

剣と魔法と裁判所

法治国家において、最も遵守されるべきは法律です。
それは剣と魔法のファンタジー世界においても、リアルの現代社会と変わりません。
ということは…、武力や魔力を除いた社会的な意味で“最強の職業”は弁護士さんですよね!

主人公のキールは証拠の捏造、脅迫も辞さないことで無敗を誇る、俗にいう悪徳弁護士。
満員ダンジョン(!?)での痴漢の冤罪事件やら、冒険者パーティ間でのパワハラ問題など、ファンタジックに社会派な訴訟に対して「異議あり!」と華麗に詭弁を弄していくのです。

流れるように展開する法廷バトルは巧みな弁舌もあって非常に痛快!
演劇を見終わったような感動を覚える裁判の後、キールの助手・アイリにだけ語られる、法廷での“逆転劇の真相”も呆れ返るほどの悪徳弁護士っぷりで、これまた痛快。
…裁判に勝つために、そこまでやるか!?

とはいえ悪徳弁護士の法廷コメディだけじゃなく、キールが新たな一面を見せる本格法廷ミステリーまで網羅する、最強の法廷エンターテインメントがここに開廷します!

続きを読む

折りたたむ

byぽえ夢  (BOOK☆WALKER スタッフ)

剣と魔法と裁判所

蘇之 一行/ゆーげんKADOKAWA / アスキー・メディアワークス

レーベルから探す

ライトノベル関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです