セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

一迅社全作品コイン40倍

はじめてのお客さまへ

青年マンガ電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

青年マンガのランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

警察官だって、人間だもの

ハコヅメ~交番女子の逆襲~(1)

我々一般人にとって、警察官が一番大事にしていてほしいもの。それは、正義感ではないでしょうか?
しかし、必ずしもそうではないらしいです。

本作主人公の新米女性警察官・川合が出会ったのは、極めて人間くさい面々でした。
交通取締り中に違反者から「この税金ドロボウ!」と罵倒された後に、小声で相手を罵ってみたり、パトカーでどうしようもない小事故起こして副署長にガッツリ怒られたり。くだらないトラブルへの出動要請をお互いに押し付けあってみたり...。

最前線の現場にいる警察官を描いた内容がずいぶんリアルと思ったら、なんと作者自身が元警察官とか。
その労働環境のブラック具合(?)と特殊さが、人情味を添えつつコミカルかつシュールに描かれていて、思わずニヤリとしてしまいます。

そりゃ、警察官だって人間だよね、そういうこともありますよね。なんだろう、この不思議な親近感。
本作を読めば、交通違反で切符を切られても気持ちよく罰金を払えるようになります(多分)。

これから川合が巻き込まれるであろう(警察内の)珍事に期待!

続きを読む

折りたたむ

byMichi  (BOOK☆WALKER スタッフ)

これは紛れもなく『かってに改蔵2』だ!

スタジオパルプ 1巻

かの大御所先生も採用していたスターシステム制度を、久米田作品で試したら一体どうなるのか。

そんな無謀な挑戦の末、誕生したのは『かってに改蔵』のDNAを色濃く受け継い・・・というよりも、どこからどう見ても完全に続編、いうなれば『かってに改蔵2』でした。
読んでるこちらがドキドキしてしまう自虐ネタも、単行本になる頃には微妙に古くなってしまうギリギリの時事ネタも、ノリもテンションも何もかもが懐かしいほどに変わっていなくて、「え、これ本当に新作だっけ?」と疑ってしまうほど。

スターシステムということで、『絶望先生』のキャラクターももちろん登場。ファンとしては、掲載誌も出版社も違う彼らが一堂に介す、それだけで高まりを感じることでしょう。
あとは『南国アイスホッケー部』とか『育ってダーリン』とか、まだまだ登場していない久米田作品のキャラクターがこの先どういう形で登場するのか・・。今から楽しみで仕方ありません!

続きを読む

折りたたむ

byのべお  (BOOK☆WALKER スタッフ)

青年マンガ関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです